fc2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

新年の挨拶&年賀詰

謹賀新年
本年も 詰将棋考察ノート をよろしくお願いします。


■2022年 年賀詰 (ほっと 作)
20220101.png
今年は初形「22」、22玉。
手数は20手台。相変わらず駒取りや駒交換ばかりで面白い手が1手もない……。



  1. 2022/01/01(土) 04:00:00|
  2. その他
  3. | コメント:0

詰パラ2021年12月号感想

年賀詰(あぶり出し)を作ろうとしたら、構図が悪かったらしく、ある駒が不要駒。
手を加えまくった結果、何とか意味を持たせることに成功したものの、50手オーバー。さあどうしよう。


詰パラ12月号の感想。

■表紙
31銀が無いと不詰なのね。

■短コン
今年は9手詰。
心を揺さぶられる作がいくつも。毎度ながら感心する。

■同人室
どれも結構面白そう(ちゃんと解いてない)。

■やさしい大学院
現時点でメール解答は14名!

■詰将棋の眺め方
1970年代までの5手詰。
今まであまり注目されていなかったようだが、現代にも通じるものがある。

■ちえのわ雑文集
創作に行き詰まったら、フェアリーを考えてみるのもアリ、と個人的には思っている。

■詰将棋つくってみた 好作選
創作に行き詰まったら、フェアリーを考えてみるのもアリ、と個人的には思っている。


■結果稿
【小学校】
⑮、狙いを把握できていなかった。

【短期大学】
平均点も高めで充実の選題。

【大学】
好形から作ったような手順が紡ぎ出される。こういうのも好み。

【大学院】
結果稿が遅れて申し訳なし。

【デパート】
⑤「国士無双」はよくぞ実現したもの。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇やさしい大学院② 青木裕一氏作「トランスバッテリー」
これを①にすべきだったと反省。

年内の更新はこれが最後。皆さま良いお年を。


  1. 2021/12/31(金) 23:45:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2021年11月号感想

今頃になって11月号の記事を。


■表紙
7手目が見えずに苦労。

■詰将棋学校
どこも充実の選題。なお実際に解けているのは一部のみ・・・。
大学院は在庫中の難易度No.1とNo.2、という恐ろしい選題をしてしまった。

■ちえのわ雑文集
ツインについて。
チェスプロブレムの歴史を考えると、詰将棋界でも数十年後にはツインが主流になってもおかしくない、かもしれない。

■詰将棋の眺め方
上田吉一氏を囲んで、という貴重な企画。
色々な意味でディープな内容だった。

■将棋パズル雑談
(67)は歴史に残る名作だった。

■結果稿
【高校】
⑦はやりたい放題の内容。凄い。

【短大】
⑥⑦⑧はそれぞれ構想が面白い。

【大学】
⑤⑥が意欲的な構想作。とても良い。

【大学院】
③が珍しい構想作。解説で狙いがちゃんと伝わったかどうか。

【デパート】
ツイン5作。やはり普通の作と比べて重奏的な表現になる。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート① 柳原裕司氏作
美しすぎる!



  1. 2021/12/31(金) 23:40:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2021年10月号感想

短コンは結局投稿できず。


詰パラ2021年10月号の感想。

■表紙
軽く解けて良い。

■詰将棋学校
全体に盤面枚数が少なめの作が多い。
解きやすいかどうかはまた別だが。

【大学院】
2作とも〇〇です。
ところで石本氏は現在どこにご在住なのだろう。

■2021年上半期 半期賞
受賞作は順当な選出だった。
各校とも1作ずつだったが、受賞作以外にも面白い作が多く、選考には悩まれたことだろう。

■詰将棋の眺め方
吉田健氏の作品群。今でこそ見慣れたとは言え、手の感触は何度でも味わえる。

■ちえのわ雑文集
百日紅、内容も充実で本当にお薦め。

■結果稿
好作が多くて結果稿が楽しみだった。

【小学校】
【中学校】
濃い作が複数あり面白かった。

【高等学校】
新担当者の好みが垣間見える選題だった。

【大学】
閉ざされた空間での合駒読みは作者の十八番。

【大学院】
院1の余詰はショック。

【デパート】
7月も面白かった。尖った作も発表できるのが良いところ。
④相馬作の仕組みがちゃんと理解できていない……。86Pの2段目4行目の「67馬引」は「67馬右」が正しい?

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月は迷った末にこれ。
◇詰四会作品展③ 橋本孝治氏作
こんなに簡単にできているのが不思議。暗算で解ける易しさもGOOD。



  1. 2021/10/31(日) 23:30:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2021年9月号感想

『百日紅』、『創発』、『詰将棋サロン名作選』を入手。


詰パラ2021年9月号の感想。

■表紙
さっぱりとしていて気持ちがいい。表紙はかくあるべし。

■詰将棋学校
全体的に、駒数が少なくて解きやすそうな作が多いという印象。

■詰将棋の眺め方
「高橋和男氏の短編」。
1970年代の諸作は余詰が多いものの、表現は現代でも通用するものばかり。
赤羽・小林よりも前に、こんな作品群が発表されていたとは。

■ちえのわ雑文集
『透明駒入門』発売! しかしこの2ページの説明できちんと理解できた人はいるのだろうか。


■結果稿
【詰将棋順位戦】
上位作は当然ながらどれも面白い。
一方で、易しい作がやや軽視される傾向にあるのは仕方ないのだろうか。

【同人室】
できれば、解けた瞬間に「なるほど、流石!」と思わせる作をたくさん見たい。

【やさしい大学院】
逆手数順という変則的な並びだったが、良い選題ができたと思う。

【デパート】
どの作もデパートらしく、それでいてレベルが高い。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこれ。
◇創棋会作品展③ 妻木貴雄氏作
こんな作が作れたらなあ。



  1. 2021/09/30(木) 23:30:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0
次のページ

お知らせ

51手以上の作品募集中。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家/詰パラ大学院担当/看寿賞選考委員。

カレンダー

05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (25)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (60)
詰将棋解答選手権 (17)
発表作 (6)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (2)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (8)
大学院補足 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する