詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2017年11月号感想

裏短コン解答募集中です!
詳細は出題記事をご覧ください。


さて、詰パラ11月号の感想を。

■表紙
難しかった。改めて解いたところ、変化を詰ますのに再び大苦戦。

■詰将棋学校
どこも充実の選題。なお実際に解けているのは一部のみ・・・。
武島さん同人入りおめでとうございます。

■名局ライブラリー
第430局の鈴川氏作は、駒数を減らした改作図がある。(84銀・91桂→84と、57金→57と)
それに一言も触れていないばかりか、短編名作選にも原図で収録している(そして「初形にやや不満」とか解説している)のはいただけない。

■将棋パズル雑談
今月は簡単なはず。
ちなみに裏短コンにも「局面の合法性」がテーマになっている作が1作あるため、要チェック!

■結果稿
詰パラ2017年8月号感想で、「誤解者がそれなりに出そうな作がいくつか見受けられる」と書いていたが、やはりというか何というか。
ただし、誤解者が多いことが必ずしも高評価に結びつくとは限らないようで。

【大学院】
三輪氏作は余詰ありらしい。
詰パラ2017・11月号(結果稿)大学院③そのⅡ
ソフト検討の盲信は危険だということ。
ちなみに裏短コンにも、柿木将棋Ⅸ(Ver9.22)に解かせると正解を答えないものがあるため、要注意!

■第11回 ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート① 相馬慎一氏作
例の筋、なのだが、それに付随する罠に見事に引っかかってしまった。



スポンサーサイト
  1. 2017/11/24(金) 00:01:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:2

第ϻ回裏短編コンクール出題

お待たせしました。
第ϻ(サン)回裏短コン、開幕でございます!

課題:使用駒数(盤面+攻方持駒の合計枚数)11枚以上の5手詰、タイトル必須、
    使用駒数15枚以上の場合は0.1点加算

作者一覧 21名(敬称略、五十音順。ただし1名はジョーカー(実際には出品していない)です)
kisy、soga、tsumegaeru、あたまかな、おかもと、
オオサキ、ミーナ、青木裕一、奥鳥羽生、梶谷和宏、
久保紀貴、鈴川優希、相馬慎一、園川、竹野龍騎、
中山智希、虹色のルモ、不透明人間、三輪勝昭、柳原夕士、
ほっと

解答にあたっての注意事項など
作品を出品された方およびジョーカー氏は、必ず解答お願いします。もちろん解答だけの参加も歓迎。
・ソフト解答OKです。ただその場合はソフト使用と書き添えてください。
・面倒かもしれませんが、解答手順は略さずに書いてください。
・誤無解の場合は評価を除外します。
・短評を書いてください。長くても歓迎です。
・各作品を0~10点の11段階で採点してください。誰が何点をつけたかは公開されません。「√(平均点×0.4)+1」で3点満点に換算して発表しますが、【+0.1】と記載されている作は、さらに0.1点加点します。
・解いた作品には短評・評価が必須です。
・ご自身の作品に点をつけても構いませんが、評点計算からは除外します。
上位3作品を予想してください。的中者は表彰します。
ジョーカーが誰かを予想してください。的中者は表彰します。
タイトルが気に入った作品を1つ選んでください。最も票が集まった作品はベストタイトル賞として表彰します。
・作者予想をしてみるとより楽しめると思います。
・景品はありません……。

解答締切:12/3(日)深夜
解答送り先:
TsumeNoteHotto●gmail.com
●を@に替えてください。
件名は「(  )裏短コン解答」で。(  )にはお名前を。

解答記入の際は次のテンプレートをコピペしてご活用ください。採点が楽になるので、ご協力お願いします。
第ϻ回裏短コン解答テンプレート
※もし文字化けする場合は、こちらを試してみてください。
第ϻ回裏短コン解答テンプレート(UTF-16)

図面は次のPDFファイルでまとめて印刷できます。紙を持ち歩いて出先で解きたい方はどうぞ。
第ϻ回 裏短編コンクール出題作品
ダウンロード時のパスワードは「uratan3」です。ダウンロードは12/9までですのでご注意を。

出題順は適当に並べており、特に法則性はありません。ただし、後ろの方ほどマニア向けな要素が強いかもしれません。
それでは、お楽しみください!


「見上げてごらん」
【+0.1】
ura3_01_LookUp.png

「連鎖反応」
ura3_02_Chain.png

「う、ざいこは セイリ ちゅう」
ura3_03_Stock.png

「貧乏なコンビニ」
【+0.1】
ura3_04_Conveni.png

「魂を売りました」
ura3_05_Soul.png

「紫電一閃」
ura3_06_Shiden.png

「何もかも新鮮だったあの頃には戻れない」
ura3_07_Anokoro.png

「八方無碍」
【+0.1】
ura3_08_Happou.png

「初手半分限定」
ura3_09_Half.png

「新聞紙」
【+0.1】
ura3_10_Newspaper.png

「ダブルミッション」
ura3_11_Double.png

「山の枯れ木」
ura3_12_Kareki.png

「詰備会で作りました」
【+0.1】
ura3_13_Tsumebikai.png

「積極性について」
ura3_14_Positive.png

「捨駒の練習」
ura3_15_Practice.png

「クロスホッパーズ」
【+0.1】
ura3_16_Hoppers.png

「偽りの鏡」
ura3_17_Itsuwari.png

「刺し穿つ死棘の槍」
【+0.1】
ura3_18_Lance.png

「?手詰」
ura3_19_Question.png

「銀の雪と金の月と桂の花」
【+0.1】
※本作は、5手詰×3通り(2手目から分岐)を解答してください。
ura3_20_YukiTsukiHana.png



  1. 2017/11/09(木) 19:00:00|
  2. 第ϻ回裏短コン
  3. | コメント:0

裏短コン 作者一覧

裏短コン、作品投稿を締め切らせていただきます。
多数の投稿ありがとうございました。

作者一覧 21名(敬称略、五十音順。ただし1名はジョーカーです)
kisy、soga、tsumegaeru、あたまかな、おかもと、
オオサキ、ミーナ、青木裕一、奥鳥羽生、梶谷和宏、
久保紀貴、鈴川優希、相馬慎一、園川、竹野龍騎、
中山智希、虹色のルモ、不透明人間、三輪勝昭、柳原夕士、
ほっと

「投稿したはずなのに名前が載っていない」という方がいらっしゃいましたら、
TsumeNoteHotto●gmail.com
(●を@に替えてください)またはDMで連絡をお願いします。

作者を見ればわかると思いますが、ハッキリ言って解かないと損です。期待して待て!
11/11(土)までには出題したいと思います。



  1. 2017/11/07(火) 08:00:00|
  2. 第ϻ回裏短コン
  3. | コメント:0

詰パラ2017年10月号感想

裏短コン作品 大大大募集中です!
詳細は作品募集記事をご覧ください。
ちなみに投稿作は10/31の時点でようやく7作。何でもいいから今すぐに創って送るべし!


そして例によってギリギリに感想を書き始める。

■詰将棋学校
解きたいと思わせる作者名が多いものの、自分の解図力の無さに絶望する日々。

■おもちゃ箱だより
『GOLD LEAF』って早詰なのかな。確認した限りでは、非限定やと金を余分に捨てることができる箇所はいくつかあるものの、早く詰む順は見当たらないのだが。
※どうやら早詰というのは誤りだったようだ。⇒河原泰之「GOLD LEAF」について(お詫びと訂正)

■結果稿
全体的に点数が伸びていない気がするのは、解答者が無意識のうちに7月で発表された看寿賞作品と比べていたからだろうか。

【詰備会作品展】
学校よりもレベルが高い?

【うまとり會作品展】
なかなか面白い作が多かった。
ところで、勝ち負けの判定方法について。
単純に「平均点が一番高い作の会合が勝ち」とすると、作品展の参加者が多い会合が有利になり、参加者が少ない会合が不利になってしまう。
「各会合の作品中、最も平均点が低い作をその会合の代表とみなす(1作のみの場合は必然的にそれが代表)。各会合の代表の中で、平均点が一番高い作の会合が勝ち」としてみてはどうだろう。
・・・あれ、やっぱりとり研の勝ちだ。
※出題時も結果稿でも触れられていないが、勝ち負けの判定は、「全作の平均評点の平均で競う」となっていたようだ。
 a~fを各作の平均評点として、
 うま: (a + b + c)/3
 とり: (d + e)/2
 會: f/1

■デパート出題
これは何としてでも解かなければ。
ところで後任は決まっているのだろうか。

■第10回 ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。

今月は迷った末にこれで。
◇九州G作品展① 広瀬 稔氏作
相変わらず独特な表現方法。



  1. 2017/10/31(火) 23:30:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

第33回詰将棋全国大会 解答競争出題作について(2)

裏短コン作品募集中です!
詳細は作品募集記事をご覧ください。


前記事に続き、もう1作を見てみよう。
第33回詰将棋全国大会 解答競争第20問
こちらも出題形式は「初手を答えよ」というもの。
20170724_02.png
手順を見る前に、参考作品から。
多くの方はこの作を思い浮かべるであろう。

■詰パラ1972.5 上田吉一氏作 1972年度看寿賞中編賞
20171028_02_1.png
17角、73玉、37角、(途中図1)
20171028_03_1.png
遠角2発! 意味付けは、2手進むと明らかになる。
84玉、39角、(途中図2)
20171028_03_2.png
玉方は角の効きを重複させるために48に中合をしたいのだが、8段目のため桂合ができない!
後の手順は省略する。詳細は看寿賞作品集などで。

さて、これを踏まえて、改めて冒頭の作を見てみよう。ちなみに、玉方の持駒には歩しか無い。
20171028_04.png
初手55角?とすると、84玉(このとき玉方の持駒には桂が入る)、39馬のときに66桂!と合駒されて詰まない(失敗図1)。
20171028_05_1.png

しかし、初手37角と打てば、合駒は効かないため84玉、39馬で、このとき48桂とは打てない。歩も合駒できないため逃げるしかなく、59角と引けば詰みだ。
つまり、作意は37角、84玉、39馬、95玉、59角まで、となる。
あーはいはい。桂合回避のための角の遠打を5手で表現したのね。





と、ここで読みを打ち切った貴方は、作者の仕掛けた罠に嵌っているのだ。
37角に合駒は効かない、と書いたが、46桂!と移動捨合する手がある。
同角、84玉、39馬に57桂!(失敗図2)
20171028_06_1.png
46桂と近づけることにより、焦点が57になる。そして57には桂が打てる。
結局、角をこのラインから打ってしまうと詰まない。

作意手順はこちら。
51角、82玉、71馬、同金、92香成まで5手。
84に逃がさないようにする51角が正解。
案外、最初からこちらを読んだ人もいらっしゃるかもしれない。

ただし、偽作意において46桂と跳ねる手はしっかり読めば見える手であること、43歩が不要駒(その他にもちょっと配置を直せば不要になる駒が多数)であることを考慮すると、あまり良い出来ではなさそう。
M六段、T氏も誤解。正解したF四段はさすがとしか言いようがない。

最後にまとめ。
タイムトライアルでマニアを嵌めるためには、
1) 有名な作品の原理を元に、3手か5手の手順を構成する。
2) ただし、それは偽作意にして真の作意は別の手順を用意する。
というパターンが有効だ。運営側は参考にしていただきたい。
そして、参加者はこのような作に引っ掛からないように気をつけよう。



  1. 2017/10/28(土) 23:00:00|
  2. 発表作
  3. | コメント:4
次のページ

お知らせ

裏短コン解答募集中!
解答締切:12/3(日)深夜
詳細は出題記事をご覧ください。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (13)
第ϻ回裏短コン (5)
詰パラ感想 (11)
詰将棋解答選手権 (9)
発表作 (5)
詰将棋全国大会 (6)
会合参加記 (1)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する