FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2020年6月号感想

令和元年度看寿賞受賞の皆さまおめでとうございます。


詰パラ2019年6月号の感想。

■表紙
変化紛れが深くて難しい。

■第31期詰将棋順位戦
欠場者なしは良かった。作品も面白いものが多くて良い。
有吉さん同人入りおめでとうございます。

■同人室
取っ付きやすそうな配置が多い? 谷川先生も出題しているし、これは解かねば(違)

■やさしい大学院
3作とも面白いのでお薦め。

■令和元年度七條賞
あたらめて竹中さん、福村さんおめでとうございます。

■第9回門脇芳雄賞
石川さんおめでとうございます。まさに「継続は力なり」。

■ちえのわ雑文集
近年の構想作についての分析と提言。思わず各作品を並べ直す。

■詰将棋の眺め方
3段中合の研究。やはり強力な駒だと駒数少なく短手数で纏めるのは大変。
かと言って歩は7連が、桂は4連が何作もあり、こちらはこちらで新しいことを盛り込まないと価値が見出しにくい。
なかなか大変な時代である。

■結果稿
【短大】
顔ぶれ、内容ともすごい。というか誤無解者が大変なことに。

【大学院】
いろいろ削りまくって5.5頁だったものを4頁に収める。

【デパート】
5作とも作者らしさが良く出ている。
それはそうと、裏短コンの解説はどうなっているのかなあ。

【デパート出題】
意欲作が多い。タイムリーな選題もあり、これはお薦めしたいところ。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。

今月はこれ。
◇やさしい大学院② 原田 豪氏作
〇〇が△△してきた理由が、最後の最後で判明する。



  1. 2020/06/30(火) 01:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2020年5月号感想

1年前の記事を見直していて、令和になってから1年が経ったことに気付く。
そして今年も某原稿に苦戦中。


詰パラ2019年5月号の感想。

■表紙
難易度・解後感とも表紙として理想的な出来。

■詰将棋学校
期末だが、それほど期末っぽくなさそうな作もあるので、これは解かねば(解けるとは言ってない)。

【大学院】
「最上級の難度」などと書いているが、さて実態は。
ちなみに現時点でのメール解答は1年前の同時期よりも多く届いている。

■新緑の9~13手詰
作意はいつもの野村流。しかし変化が意外と難しい作もあり、なかなか楽しめる。

■ちえのわ雑文集
この世界に足を踏み入れるきっかけがスマホ詰パラとSNS、というのが今時の新進作家。

■詰将棋の眺め方
河辺昭光と聞いてもピンと来なかったが、テーマをテクニカルに表現した作が多く、また読み物としても楽しめる。

■将棋パズル雑談
49は「実戦初形から指し始めて2020手」という表現が書いてないとわかりにくいかも。
今月は50と52が結構難解。でも面白いので是非挑戦を。

■結果稿
【短大】
どれも好作! レベルが高くて羨ましい。

【大学院】
結果稿で書きそびれた作例を紹介。
◇院3
 打歩詰を避けるために飛を捨てる、という趣向は、次の作がある。
 ・相馬慎一 93手 ブログ『くぼの詰将棋』 2014/09/06 結果稿
 縦型としては、↑の結果稿でも紹介されている、次の作もある。
 ・近藤真一 「テレポーテーション」 詰パラ 1983.05
 しかしどちらも大崎作とは飛の合駒が行われるタイミングが違い、部分的に似てはいるものの別モノだろう。

◇院4
 飛角のバッテリーが互いに役割を変え、それに捨合が絡む趣向作、と言えばこちら。
 ・井上徹也 「特異点」 詰パラ2011.11
 2011年度看寿賞。平成23年度看寿賞受賞作
 雰囲気が少し似ているかと思いきや、比べてみるまでもなく全然似ていなかった。

【詰とうほく作品展】
50年ぶりの入選、は凄い。
5作とも考えどころがそれなりにあるようだが、個別の誤無解者が書いてない?

【たま研作品展】
さすがにレベルが高い……が、「たま研には手順課題を期待したい」には同感。

【詰備会作品展】
②・④・同人室の④はそれぞれ別作品なのだけれども。

それにしても、不定期出題コーナーが同月に重なると解答者は大変。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇D級順位戦① 
なるほど、こういう作り方もあるのね。作者は〇〇氏で間違いなさそう。



  1. 2020/05/29(金) 22:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2020年4月号感想

初級戦・一般戦はオンラインで参加。どちらも全題正解で安堵。
ちなみに一般戦⑤は2手目14桂合の変化が読み切れないまま見切りで解答提出。


詰パラ2020年4月号の感想。何故かいつもギリギリになってしまう。

■表紙
解けた後で手順を見返すと確かに軽快なのだが、案外難しかった。

■詰将棋学校
4月は新生活が始まる人が多い。そんな中、新型コロナウイルスの影響は小さくないが、頑張っていかなければ。

■2019年下期半期賞
選出作は大体納得。受賞者はおめでとうございます。
下半期の各校全題正解された方もおめでとうございます。
上半期と比較すると、大学院は難易度が上がり過ぎ、というか上半期が易しめだったと言うべきか。

■ちえのわ雑文集
詰将棋のビジネスモデルの提案。
アイデアとしては面白いが、さて。

■詰将棋の眺め方
今月の作も初見だったが、まさに隠れた名作。
1作を深く掘り下げる解説に引き込まされる。

■結果稿
1月だけあって解答者が多かった。
そしてどこも面白い作があり、充実の内容となっているのはさすが。

【大学院】
院2は歩生回数の記録更新作。たかが1回、されど1回。
旧記録保持者が再更新を狙っているらしいので、大学院は要チェックだ。

【デパート】
④⑤は大学院に欲しかった。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート② 馬屋原 剛氏作
初形と詰上りの対比。しかし11手でこれだけ前衛的な作は久しぶり。




  1. 2020/04/30(木) 23:30:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2020年3月号感想

月末は予定が無くなったにもかかわらず、やるべきことが進まない。


気を取り直して、詰パラ3月号の感想です。

■表紙
表紙で小駒図は久しぶり。大駒を使えばもっと色々できそうだが、これはこれで。

■詰将棋学校
どこも難しくて解答選手権対策はこれでバッチリ、のはずだったのに。
イベントや外出が自粛に→みんなが家で詰パラを解く→解答が増える、なんてことになったら嬉しいが。
それから、院5の作者は第一志望校に見事合格! お祝いの言葉を添えて解答を!

■全詰連の頁
看寿賞は毎年一般推薦が少ないが、さて今年は?
初級戦・一般戦は現時点で半数以上が中止に。

■詰将棋の眺め方
安達康二氏の7手詰5作品と、その影響を受けているであろう作品群。
特に、大駒の2通りのラインを利用した1図~4図のパターンは、今でこそよく見かける筋だが、当時は衝撃的だったに違いない。
短編における伏線や創作方法についても現代的だ。

■持駒のある風景
「岳麓」の作者の名前を間違えているのはいただけない。

■ちえのわ雑文集
第5回裏短コン、お疲れ様でした・・・と書く予定だったが、解説が全然終わっていない!
3月中には全作の解説を終わらせてほしいと伝えておいたんだけどなあ。
くぼの詰将棋 [第5回裏短コン]

■結果稿
【短コン】
優勝作は予想どおり。9手50作は解くのも解説を書くのも大変。
あ、無事シード権確保しました。

【同人室】
「作風が滲み出る作品」。全体としてはなかなか良かった。

【やさしい大学院】
まずまず好評だった。多分6月も開催します。

【創棋会作品展】 【kisy一族オフ会作品展】
どれも意欲的な内容で面白かった。

【透明駒10周年記念創作コンクール作品展】
バラエティに富んだ作が集まり、良い企画だった。
強いて難点を挙げると、解説があまりにも上級者向けなところ。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート①久保紀貴氏作
裏短コンに出品されるはずだった作、かな。



  1. 2020/03/30(月) 01:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2019.12 透明駒10周年記念創作コンクール作品展⑩

久しぶりの発表作解説。ただしフェアリー。


20200317_1.png
協力詰5手、ただし透明駒が先手2枚、後手3枚もある。
後手玉が盤上に存在しない、ということは、後手の透明駒3枚のうち1枚が玉ということになる。

【作意手順】
X、49X、18X、38龍、59飛まで5手。


まずは、これで詰んでいることを証明しよう。
(1)初手「X」
これは透明駒を動かした(もしくは駒台から透明駒を打った)着手であることしかわからない。

(2)2手目「49X」
49の銀が後手の透明駒で取られた。実はこれにより、今動いた透明駒は後手玉であることが判明する。
さらに言えば、後手玉は初形において59に居たことになる。

(3)3手目「18X」
透明駒で18飛を取りながら王手をした。先ほど後手玉が49に居ることが判明しているため、先手の透明駒は「16角(馬)&27銀」あるいは「16角(馬)&27王」の形である。
では「16角&27銀」の形だと仮定してみよう。
20200317_2.png
しかし、この形では、初手から「X、49玉」という手順を再現するのは不可能なのだ! 「16馬&27銀」でもやはり不可能。
ならば残るはもう一方の形だ。すなわち、「16角(馬)&27王」の形である。これであれば、初形37王の形から「X(=27王)」、「49X(=玉)」というやりとりが可能だ。つまり初形は次図のようになっていたことになる。
20200317_3.png

いやちょっと待て。透明駒を使った作品の前提条件の一つに「出題図は合法な局面である」というものがある。初形で37王なんて配置は不可能局面ではないのか?
確かにこのままでは香と龍で上下から同時に王手がかかっており、こんな局面は不可能だ。
しかし、「出題図は合法な局面でなければならない」のだ。逆に言うと、合法になるように透明駒が配置されている必要がある。
このことから透明駒が1枚確定する。すなわち、後手の透明駒のうち1枚が「36桂」であれば合法な局面となる。 
20200317_4.png
先手王に王手はかかっているが、初手で逃げつつ王手しているため、何も問題はない。
ここまで把握できれば、後はもう少しだ。

(4)4手目38龍、5手目59飛
1~3手目により、先手の王が18に居ることが判っている。そして38龍に対し平然と59飛と打っている。
これが合法手であることから、28には後手の透明駒が居る(28歩or28香)。
仮に28歩だとすると、次のような局面である。
20200317_5.png
これで透明駒は先後とも全て判明(厳密には先手の16角は馬の可能性もあり、後手28歩は香の可能性もあるが)。確かに詰んでいることが証明できた。

【狙い】
先手王を透明にしてみたらどうなるか、と考えてみたのがきっかけ。
王であることを証明するには、「横に動かす」「斜め後ろに動かす」「龍・馬を否定」くらいで可能。
作っていく過程で「後手玉も透明にできそうだ」「16角も透明にしよう」などとやっているうちに、気付いたらこんなことに。
難解過ぎて正解者が少なかったのは残念だが、若島氏に最優秀作に選んでいただいたので、これを最終図とした判断は正しかった、と思いたい。

【余詰の有無について】
後手の透明駒のうち1枚でも所在不明の場合、たいていは受けが効くため、詰んでいることが証明できない。
そして、先手王を使わずに後手の透明駒を確定させるのはこれまた困難であることから、余詰に関しては多分大丈夫だろう、と考えている。



  1. 2020/03/17(火) 23:55:00|
  2. 発表作
  3. | コメント:0
次のページ

お知らせ

51手以上の作品募集中。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家/詰パラ大学院担当/看寿賞選考委員。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (25)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (42)
詰将棋解答選手権 (17)
発表作 (6)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (2)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (6)
大学院補足 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する