FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2019年10月号感想

短コン用の9手は投函した。さて裏短コンはどうしよう。


詰パラ2019年10月号の感想。

■表紙
2手目の変化が難しい。何度も確認してしまった。

■詰将棋学校
全体的に駒数が多いような気がする。10月でこれだと来月はいろいろと大変なことになりそうで恐ろしい。

■たま研作品展
〇〇氏の作が選ばれていないのは何故だろう? どう見ても①の上位互換だったのに。

■2019年上半期 半期賞
令和元年度上半期、になるのね。Y路氏無双。
各校とも、受賞作以外にも面白い作が多かった印象。

■ちえのわ雑文集
香はがしの原理図は「この図を元に作品にまで仕上げよ、または過去の作例を示せ」ということかな。
EOG氏の助けを借りて探し当てた作品。
佐藤達也氏作 近代将棋1986.2  75手詰
20191027_1.png
ちなみに出題号では43成銀が44に置かれていて余詰(誤植という扱いだったかも)。
手順については気が向いたら書かせていただくことにする。

■名局ライブラリー
タイムリーな作品紹介? ちなみに4桂連打からすぐに4桂成り捨ては史上初、というかオンリーワンのはず。
柳田氏作は3桂連打→桂打ち捨て→3桂成り捨てなので。

■結果稿
全体的におとなしい作が多かったか? 

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月も迷った末にこれ。
◇たま研作品展③ 小林敏樹氏作
4作中、インパクトは一番。



  1. 2019/10/29(火) 22:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2019年9月号感想

裏短コンは某氏に開催を引き受けていただきました! お楽しみに。


詰パラ2019年9月号の感想です。

■表紙
これを6×6以内と呼ぶのは非常に抵抗がある。
それから、63桂と74桂は先手63歩の1枚で代用できるとか右に3路寄せれば香が省けるとかいうツッコミは野暮?

■詰将棋学校
【小学校】
小12が面白い。しかし狙いについて注記しておいてほしかった。

その他、全体的に、作者の持ち味が色濃く出た作が多いという印象。

■第35回詰将棋全国大会レポート
今月のメインはこれでしょう。写真をたくさん使用しつつ、うまく仕上げるものだと感心。
そう言えば参加記を書きそびれた。

■ちえのわ雑文集
担当のすゝめ、うまくまとまっている。人材不足なので、書き手は貴重。
ちなみに担当になると、詰パラバックナンバーを電子データで閲覧できる。

■第30回社団戦参加記~2日目編~
持ち時間が短縮、ということは終盤の強さが生きるのかな?

■透明駒10周年記念 創作コンクール
読者サロンの次のページにひっそりと作品募集記事が。
せっかくなので投稿した。

■結果稿
【詰将棋順位戦】
担当者名の字のサイズが小さいような(どうでもいい)。
有力と見ていた作は軒並み上位に。
上位作は充実した手順を実現しつつも、初形もそれほど無理を感じさせないのは流石。
B級では点数同点で順位差による頭ハネが発生。これぞまさに順位戦である。

【同人室】
何をもって構想作と呼ぶかは難しいところだが、上位作はとても良かった。

【臨時大学】
こういったコーナーで解答が少なめになるのは仕方なし? 何とかしたいところだが。

【創棋会作品展】
課題「局面の対比」にふさわしい作が揃っていた。
②の2手目同龍は15金以下、が正しいかな。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート④ 大崎壮太郎氏作
ちょっと難解すぎるが、興味深い構想。



  1. 2019/09/30(月) 00:10:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2019年8月号感想

夏休み終了間際になって宿題に手を付ける学生のようにブログを更新。よい子は真似しないように。


詰パラ2019年8月号の感想。

■表紙
4、5筋の駒が置き去りにされている感が気になるが。

■詰将棋学校
全体的に7月号と比べて手強くなっているような。

■ちえのわ雑文集
詰将棋を演劇に例えると、
作者 =脚本・演出
駒  =役者
解答者=観客
では、解説者=解説者 なのだろうか、などと考えたりして。

■将棋パズル雑談
出題の㊶はさすがに客寄せ。㊸は条件が面白いが、実は余詰あり?

■社団戦詰パラチーム参加記~初日編~
さすがに3部は手強いようだ。ついにチーム初黒星。
それはそうと、2つ目の盤面で桂が5枚使われている。まあ圭吾氏が参加ということで。

■結果稿
【高校】
全作とも平均点が大変なことに。このレベルになると平均点で優劣を付けるのは本質的でないような気がしてくる。

【大学】
先月に引き続き、まるで看寿賞受賞を予測していたような選題。
大14は形・手順とも濃い!

【大学院】
院10、改めて眺めると、手順とほぼ無関係な部分にページをを割いている……しかも手順の方の解説で誤記がが。

【デパート】
こちらでも⑤が煙詰。39枚→3枚という形式は同じであっても、作り手によって全く異なる印象になるのが面白い。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート④ 奥田典正氏作
もっと複雑化できそうだが、これはこれで。



  1. 2019/08/31(土) 23:30:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:2

詰パラ2019年7月号感想

駆け込みトレードのようにブログ更新……。去年と同じことをしている。


詰パラ2019年7月号の感想。

■表紙
意外と難しい。初手の二択を間違えると大変。

■詰将棋学校
・驫飛龍君が小学校担当に就任! まあそれらしい話は聞いてたけど。
・宮田七段が3校で1番に採用されている。駒数が少ない作を置きたいのはよくわかります。
・出題作はできるだけ全国大会前に解いておくべきだった、とまたしても反省。

■平成30年度看寿賞発表
23ページのボリューム。昨年と違って該当作なしが出なかったのは良かった。
それはそうと、「バッテリーが、手前の駒→後ろの駒 の順に設置される」というパターンは、探せば前例は割と見つかる模様。
「フロント-リア型」バッテリーの形成は珍しいのか

■ちえのわ雑文集
この詰2019は良かった。どの論考もボリュームたっぷりながら読みやすく工夫されている。
ちなみに第一部で登場する看寿賞作家のうち4人を、2017年の第33回全国大会のレクリエーション「クイズ100人位に聞きましたみたいなもの」でチームリーダーに指名させていただいたのを思い出した。なかなか感慨深い。

■結果稿
【小学校】
小20、やっぱり6手目で生が無い解答は誤解扱いにすべきでしょ。

【大学】
まるで看寿賞受賞を予測していたような選題。
そして作品のレベルも高くて羨ましい……。

【デパート】
③がいろいろと濃い。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇彩棋会作品展④ 山田修司氏作
いろいろな手筋が詰まった意欲作。



  1. 2019/07/31(水) 23:50:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2019年7月号 院8 解説補足

書きかけのまま放置していた記事を更新。


詰パラ2019年7月号に結果稿が載っている、院8の補足。
作品自体の解説をほとんどせずに作者コメントを引用して済ませているため、何をやっているのかが伝わりにくくなっている。
ひとまず、機構としてはこの記事が詳しい。

ここでは解説で取り上げた作品について書いておくことにする。
■参考作品 河原泰之「TANGO」 近代将棋1992.4
20190730_01.png

作意手順の詳しい解説は「詰将棋の欠片」で。
と金2枚の移動合による3段馬鋸である。こちらはと金ベルトを用いて玉位置を変えている。
28香の消去を挟むことにより2往復させているのが巧妙だ。
さて、作意手順は211手詰なのだが、実は「TANGO」には早詰がある。
まずは手順を途中まで進めよう。
 81と、72玉、71と右……41と右、32玉、
 23金、同玉、13角成、32玉、
 31と、42玉、41と左、……71と左、82玉、
 46馬、55と左、81と、72玉、71と右、62玉、
 35馬、44と、61と左、72玉、
 36馬、54と引、71と左、82玉、
 37馬、55と左、81と、72玉、71と右、62玉、
 26馬、44と、61と左、72玉、
 27馬、54と引、71と左、82玉、
 37馬
で次図。
【途中図1】
20190730_02_53teme.png

ここで作意は55と左とする。
 55と左、81と、72玉、71と右、62玉、
 26馬、44と、
【参考図】
20190730_03_sankou1.png
実は、ここで44同馬!以下詰んでしまうのだ。手順はやや長いが、一例は
 44同馬、同歩、61と右、52玉、51と右、42玉、33飛成、同玉、
 21歩成、42玉、32と、53玉、64銀、54玉、44角成、同玉、
 55銀上、43玉、54銀、32玉、22桂成、33玉、23成桂、34玉、
 24成桂、35玉、36歩、44玉、53銀左不成まで。

では「TANGO」は不完全作か、というとそうではなく、途中図1で55と直と応じれば先ほどの詰み筋には入らない。
【途中図1】より
 55と直、81と、72玉、
 36馬、54と引、71と左、82玉、
 46馬、55と直、
【途中図2】
20190730_04_tochuuzu2.png
玉方は44とを動かさずに応じるのが最善。以降は、
 81と、72玉、71と右……41と右、32玉、
 23香成、同玉、13金、32玉、
【途中図3】
20190730_05_tochuuzu3.png
23香成~13金とする。これは28香を消して18歩を取りに行くため。
そして28香が消えたため、先ほどの余詰筋は成立しなくなっている。すなわち、ここからは再度3段馬鋸になる。
 31と、42玉、41と左……61と左、72玉、
 36馬、54と引、71と左、82玉、
 37馬、55と左、81と、72玉、71と右、62玉、
 26馬、44と、61と左、72玉、
 27馬、54と引、71と左、82玉、
 28馬、55と左、81と、72玉、71と右、62玉、
 17馬、44と、61と左、72玉、
 18馬、54と引、71と左、82玉、
 28馬、55と左、81と、72玉、71と右、62玉、
 17馬、44と、61と左、72玉、
 27馬、54と引、71と左、82玉、
 37馬、55と左、81と、72玉、71と右、62玉、
 26馬、44と、61と左、72玉、
 36馬、54と引、71と左、82玉、
 46馬、55と左、81と、72玉、71と右、62玉、
 35馬、44と、
【途中図4】
20190730_06_tochuuzu4.png
以降は収束。手順のみ示す。
 61と右、52玉、51と右、42玉、41と右、32玉、23金、同玉、
 24馬、32玉、33馬、同玉、21歩成、23玉、22角成、34玉、
 44馬、同歩、35歩、25玉、23飛成、15玉、16歩、同玉、
 27銀、17玉、26龍、28玉、38銀右、39玉、29龍、48玉、
 49龍、57玉、58歩、同桂成、同龍、66玉、67龍、75玉、
 76龍、84玉、85歩、95玉、87桂、同と、96歩、94玉、
 74龍、93玉、84龍、92玉、82龍まで205手詰

というわけでこれが本手順となり、211手詰は作意誤設定ということになる。
それにしても、当時205手詰で解答した人はどれくらい居たのか、そしてその解答がどう扱われたのか、は気になるところだ。

最後にお知らせ。馬屋原氏は早ければ今期中にまた斬新な趣向作で登場いただく予定。乞うご期待!



  1. 2019/07/30(火) 00:01:00|
  2. 大学院補足
  3. | コメント:0
次のページ

お知らせ

51手以上の作品募集中。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (25)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (34)
詰将棋解答選手権 (17)
発表作 (5)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (2)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (5)
大学院補足 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する