FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2018年7月号感想

駆け込みトレードのようにブログ更新……。


詰パラ2018年7月号の感想。

■表紙
6手目の変化を手数以内に詰めるのが難しい……。

■詰将棋学校
出題作はなるべく全国大会前に解いておくべきだったなあと反省。
大学の後任担当はいつから登場なのかな……と思っていたら8月号から。
大学院の後任担当の発表はいつになるのかなあ。

■平成29年度看寿賞発表
19ページの記事。前年が22ページだったが、受賞作が5作→3作に減っており、やや物足りなく感じる。
中編に関しては、飛び抜けた作は無かったものの、それぞれ違ったタイプの好作が多く、それゆえ1次投票ではかなり票が割れた。
それは良いとして、票が割れた状態のまま2次投票に移行し、該当作なしになったのはいただけない。
今後はできるだけ避けたいところ。
いや、文句を言う前に、WFP85号の3ページ目を何度でも読むべし。

■ちえのわ雑文集、読者サロン
全国大会で暁将棋部屋を入手。えーと、予想よりも随分レベルが高いんですが。

■結果稿
幼2、解答者159名で無解者ゼロ・誤解者105名は新記録では……。
そして、中学校以上はどの校もハイレベルだった。
詰四会作品展もすごいことに。解説も手堅くまとまっている。
大学院8・デパート④は、新しい意味付けでの表現。こういうのも見逃さないようにしなければ。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月は、コンセプトに立ち返って、この作。
◇彩棋会作品展① 須藤大輔氏作
課題をこれ以上ないほどユーモラスに実現。




スポンサーサイト
  1. 2018/07/31(火) 22:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

第34回詰将棋全国大会(1) 前日の出来事

第34回詰将棋全国大会、参加してきました。
参加された皆様、ありがとうございました。

今さらですが、参加記を書いておこうと思います。
今回は前日の出来事について。


7/14(土)の午後、詰将棋のネタを求めて(?)、上野の森美術館のミラクルエッシャー展を鑑賞。
元はと言えば、数学セミナー誌の2018年7月号に特集記事が載っていて興味を持ったため。
ちなみに、数学セミナー誌には斎藤夏雄氏の「詰将棋の世界」が連載中で、ときどき縫田光司氏の論考も載っている。
数学の専門家・数学科の学生はもちろん、そうでなくても詰キストなら必読である。

作品展については公式ホームページや、かるび氏の紹介記事をご覧いただくとして、とても良かった。
絵画は素人だが、これだけ前衛的な世界観を描きつつも、エッシャーが何を描きたかったか、が絵を見ただけで伝わって来る。
詰将棋もこのような作り方が理想的である。
感化されやすい性格なので、公式図録を購入。こちらもお勧め。

せっかくなので、エッシャーのように平面の正則分割を表現した?詰将棋を紹介。
■OT松田氏作 「王国」
 近代将棋1985.6

201807_01_shokei.png
63と、同玉、62金、53玉、43と、同玉、(A)34銀、53玉、
(B)54と左、同馬、同と、同玉、46桂、(イ)55玉、(C)56と右、同金、
同と、同玉、(D)67と、同玉、56角、同玉、(E)66金、同玉、
78桂、67玉、56角、同玉、66金、46玉、38桂まで31手詰
(詰上図)
201807_02_tsumeagari.png

これは何の形だ? と思うかもしれないが、囲まれた部分の駒の無い箇所を見てみるとわかる。
201807_03_tsumeagari_edit1.png
「王」が描かれている!
さらに、盤全体で駒の無い箇所を見てみよう。
201807_04_tsumeagari_edit2.png
「国」が描かれている! なお、「くにがまえ」の中が「王」になっているが、「玉」の点にあたる位置に後手玉が存在する、ということだろう。命名「王国」もここから来ている。
駒の無い部分で表現する、というのが、今見ても斬新な発想である。

なお、本作のキズについて一応記載しておく。
  ・玉方36香は飾り駒。
  ・(A)で54と左、同馬、34銀、53玉、54と、として作意に合流する手順前後が成立。
  ・(イ)65玉でも同じ。
  ・(B)で54と右も成立。
  ・(C)で54と直も成立。
  ・(D)または(E)で「45銀、同歩」を入れることが可能。
特に最初と最後が曲詰としては致命的なキズ。
作品の完成度自体は高くない。しかし、アイデアについて語る際に、完成度を必要以上に重視すべきではないだろう。

さて、ミラクルエッシャー展の後の話。夕方からどこかの呑み会に参加する計画だったが、予定されているのはえび研だけという衝撃の事実が発覚。
仕方が無いので当日の下見を兼ねて会場へ。そう言えば全詰連幹事会をやっているはず・・・ということで無理矢理潜入。
どこまで書いて良いか不明なので詳細は伏せるが、3時間近く議論が行われた。
外部の者から見れば「早く対応しろよ、簡単だろ」という内容であっても、実行する側となるとなかなか難しいものが多く、考えさせられる内容だった。
この後21:00過ぎからようやく呑み会に。しかし疲れていたので結局ソフトドリンクで済ます。
ちなみに23:15頃にお開きになり、予約していたホテルに向かおうとするも、最寄駅が各駅停車しか止まらず、しかも急行よりも各停の本数が少ない。結局チェックインが0時頃になってしまった。
(次の記事に続きます)

  1. 2018/07/25(水) 00:01:00|
  2. 詰将棋全国大会
  3. | コメント:0

詰パラ2018年6月号感想

そう言えば考察記事を全然書けていない……。


詰パラ2018年6月号の感想です。

■表紙
繰り返しを強調するのであれば、8、9手目はカットする方向でまとめたい。

■第29期詰将棋順位戦
入選回数の数字が……。それはさておき、作品の出来はA級 > B級 > C級かなあ。
あと欠場者も残念。

■名局ライブラリー
武島作、自分なら原図の方。もちろん作者が良いと思う図が最終的な完成図だが。

■ちえのわ雑文集
当該評点になる作品の百分率、どう解釈すればいいのかわからない……。
作者には他人のブログのコメント欄に長文を書き込んでいないで、自身のブログを立ち上げて思う存分語ってほしい。

■2017年度七條賞
あたらめて竹中さんおめでとうございます。全作暗算とはすごい。

■第9回門脇芳雄賞
角さんおめでとうございます。
多数の作品集は、将棋ペンクラブ大賞に選ばれてもおかしくないクオリティ。
去年は「現代詰将棋短編名作選」の他、「完全版看寿賞作品集」「盤上のファンタジア(復刻版)」と、迷わず入手な作品集が出たが、どれも最終候補にすら残っていないようで。

■第15回詰将棋解答選手権 初級戦・一般戦報告
改めて、主催・運営の皆さまお疲れ様でした。
名古屋栄会場の初級戦1位が空欄になっているのは単なるミス?
作品については、初級戦は素直な作ばかりでちょっと簡単すぎた。各会場とも賞状が足りなくなったりしなかったのだろうか。
一般戦では、③④⑤に作家の本気を見た。駒数が少なくて内容が充実している、お手本としたい出来。

■第34回詰将棋全国大会ご案内
前日入り予定。
それはそうと、自分も今年で参加10回目のはずなのだが。

■結果稿
【中学校】
期中での担当交代は残念ですが、後任の太刀岡氏も期待しています。

【大学院】
「ファイナルカウントダウン」は名作。しかし、どうやったら逆算でこんなに合駒を入れられるのだろう。

【たま研作品展】
解答者が少なく反響もほどんど無くて悲しい。①が解きにくかったのがアカンのか?

【創棋会作品展】
短手数ながら良い作ばかりだった。やっぱり作品は解かれてこそ。

【九州G作品展】
①は「イチ押し」に選ぼうかと思っていたが、よく考えたら解く必要が無いことに気付いてしまい別の作に。

【デパート】
⑤がとても珍しいことをしていたことに今さら気付く。2枚馬による再帰連取りということで、どうしても田島氏の「まだら」と比較してしまうが、馬を1手ごとに交互に動かす必要があるところが新機軸。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。

今月はこれしかない。
◇やさしい大学院2 田島秀男氏作
繰り返しの機構自体はそれほど難しくない…と思いきや、水面下では相当ややこしいことをしていた。
しかし挑むだけの価値はあり。



  1. 2018/06/27(水) 01:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:2

詰パラ2018年5月号感想

某原稿(先月とは別のもの)を執筆中……。


詰パラ2018年5月号の感想です。

■表紙
この初手はギルティ。せめて「23銀、同銀、13歩、同玉」の4手を逆算するとかしたいところ。

■詰将棋学校
各校とも作者が豪華! これは解かねば(解けるとは言ってない)
短大、選題千題おめでとうございます。

■第15回詰将棋解答選手権チャンピオン戦報告
臨場感溢れるレポート。当日はまだ藤井六段だった。
しかし改めて見返してもこの5題×2を90分ずつで解き切るのは困難。まあでも各ラウンドで4題は完答しておかないと。

■ちえのわ雑文集
詰将棋カラオケ、せっかくなので選曲も詰将棋縛りにすべし。

■将棋パズル雑談
今月も面白いので是非挑戦を。

■結果稿
2月はハイレベルだった。
【中学校】
後任は決定しているらしいが、次号で判明するか?

【短期大学】【大学】
いつもながら充実の内容。

【大学院】
そう言えば院4をイチ押しにしていたのだった。手順は合っていたようで一安心。

【彩棋会作品展】
ノーマークだったが、④が好作だった。これは不覚。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート① 太刀岡甫氏作
理屈抜きに楽しい手順。成香配置もユーモラスに思えてくるから不思議。




  1. 2018/05/29(火) 00:01:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2018年4月号感想

某原稿を執筆中……。


詰パラ2018年4月号の感想。

■表紙
表紙初登場とは意外だった。高級手筋をサラッと表現。

■詰将棋学校
ネットでも作品を発表している作家が多数。現時点では、詰パラ誌上に入選したり受賞したりすることに一定のステータスがあり、また誌上にハイレベルの作品が集まっている。
しかし、この状況がこれからもずっと続く、というのは楽観的過ぎる考えなのだろう。

■2017年下期半期賞
事実、詰パラからの撤退を考えている作家もいるわけで。

■ちえのわ雑文集
昨年、ついに1万作を越えたスマホ詰パラ。
初心者であっても詰将棋作家デビューができるというのはやはり画期的。
全体的に見ると玉石混合ではあるが、「玉」も多数ある、というのは好作選を見ればわかる。
必ずしも詰パラ本誌にこだわる必要がない状況で、紙媒体に発表することの価値が改めて問われているように思う。

■結果稿
1月は全体的に控え目だった。
【中学校】
中1の作意5手目は65飛ではなく55飛が正しい。中2の作意7手目は56飛ではなく55飛が正しい。

こういうことを書くべきではないかもしれないが、黙ったままでは改善されなそうなので書いておく。
手順の誤記は何とかしてほしい。柿木将棋に図面と手順を入力しておいてコピペするなど、誤記が生じない方法はある。
作者の立場としてもがっかりするし、紙媒体では修正できずにずっと残ってしまう。
ネット発表作で解説もネット上、という場合は誤記があっても割と容易に修正できるのだが。

【短期大学】
短1。香香合を無駄合と言い切るのは苦しい気がする。まあ無駄かそうでないかと感じること自体が感覚的なものだが。

【大学】
大1、大2。やっぱり炙り出しは詰上り図を載せてほしい。
限られた紙面でやむを得ずカットされた可能性が高いが、このこともまた紙媒体の弱点の1つだ。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート④ 青木裕一氏作
手順自体は予想どおりだが、意味付けは前例が無いと思われる。




  1. 2018/04/30(月) 22:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:3
次のページ

お知らせ

第15回詰将棋解答選手権、初級戦・一般戦は運営側でした。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (13)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (19)
詰将棋解答選手権 (13)
発表作 (5)
詰将棋全国大会 (7)
会合参加記 (1)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する