FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2020年3月号感想

月末は予定が無くなったにもかかわらず、やるべきことが進まない。


気を取り直して、詰パラ3月号の感想です。

■表紙
表紙で小駒図は久しぶり。大駒を使えばもっと色々できそうだが、これはこれで。

■詰将棋学校
どこも難しくて解答選手権対策はこれでバッチリ、のはずだったのに。
イベントや外出が自粛に→みんなが家で詰パラを解く→解答が増える、なんてことになったら嬉しいが。
それから、院5の作者は第一志望校に見事合格! お祝いの言葉を添えて解答を!

■全詰連の頁
看寿賞は毎年一般推薦が少ないが、さて今年は?
初級戦・一般戦は現時点で半数以上が中止に。

■詰将棋の眺め方
安達康二氏の7手詰5作品と、その影響を受けているであろう作品群。
特に、大駒の2通りのラインを利用した1図~4図のパターンは、今でこそよく見かける筋だが、当時は衝撃的だったに違いない。
短編における伏線や創作方法についても現代的だ。

■持駒のある風景
「岳麓」の作者の名前を間違えているのはいただけない。

■ちえのわ雑文集
第5回裏短コン、お疲れ様でした・・・と書く予定だったが、解説が全然終わっていない!
3月中には全作の解説を終わらせてほしいと伝えておいたんだけどなあ。
くぼの詰将棋 [第5回裏短コン]

■結果稿
【短コン】
優勝作は予想どおり。9手50作は解くのも解説を書くのも大変。
あ、無事シード権確保しました。

【同人室】
「作風が滲み出る作品」。全体としてはなかなか良かった。

【やさしい大学院】
まずまず好評だった。多分6月も開催します。

【創棋会作品展】 【kisy一族オフ会作品展】
どれも意欲的な内容で面白かった。

【透明駒10周年記念創作コンクール作品展】
バラエティに富んだ作が集まり、良い企画だった。
強いて難点を挙げると、解説があまりにも上級者向けなところ。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート①久保紀貴氏作
裏短コンに出品されるはずだった作、かな。



  1. 2020/03/30(月) 01:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2019.12 透明駒10周年記念創作コンクール作品展⑩

久しぶりの発表作解説。ただしフェアリー。


20200317_1.png
協力詰5手、ただし透明駒が先手2枚、後手3枚もある。
後手玉が盤上に存在しない、ということは、後手の透明駒3枚のうち1枚が玉ということになる。

【作意手順】
X、49X、18X、38龍、59飛まで5手。


まずは、これで詰んでいることを証明しよう。
(1)初手「X」
これは透明駒を動かした(もしくは駒台から透明駒を打った)着手であることしかわからない。

(2)2手目「49X」
49の銀が後手の透明駒で取られた。実はこれにより、今動いた透明駒は後手玉であることが判明する。
さらに言えば、後手玉は初形において59に居たことになる。

(3)3手目「18X」
透明駒で18飛を取りながら王手をした。先ほど後手玉が49に居ることが判明しているため、先手の透明駒は「16角(馬)&27銀」あるいは「16角(馬)&27王」の形である。
では「16角&27銀」の形だと仮定してみよう。
20200317_2.png
しかし、この形では、初手から「X、49玉」という手順を再現するのは不可能なのだ! 「16馬&27銀」でもやはり不可能。
ならば残るはもう一方の形だ。すなわち、「16角(馬)&27王」の形である。これであれば、初形37王の形から「X(=27王)」、「49X(=玉)」というやりとりが可能だ。つまり初形は次図のようになっていたことになる。
20200317_3.png

いやちょっと待て。透明駒を使った作品の前提条件の一つに「出題図は合法な局面である」というものがある。初形で37王なんて配置は不可能局面ではないのか?
確かにこのままでは香と龍で上下から同時に王手がかかっており、こんな局面は不可能だ。
しかし、「出題図は合法な局面でなければならない」のだ。逆に言うと、合法になるように透明駒が配置されている必要がある。
このことから透明駒が1枚確定する。すなわち、後手の透明駒のうち1枚が「36桂」であれば合法な局面となる。 
20200317_4.png
先手王に王手はかかっているが、初手で逃げつつ王手しているため、何も問題はない。
ここまで把握できれば、後はもう少しだ。

(4)4手目38龍、5手目59飛
1~3手目により、先手の王が18に居ることが判っている。そして38龍に対し平然と59飛と打っている。
これが合法手であることから、28には後手の透明駒が居る(28歩or28香)。
仮に28歩だとすると、次のような局面である。
20200317_5.png
これで透明駒は先後とも全て判明(厳密には先手の16角は馬の可能性もあり、後手28歩は香の可能性もあるが)。確かに詰んでいることが証明できた。

【狙い】
先手王を透明にしてみたらどうなるか、と考えてみたのがきっかけ。
王であることを証明するには、「横に動かす」「斜め後ろに動かす」「龍・馬を否定」くらいで可能。
作っていく過程で「後手玉も透明にできそうだ」「16角も透明にしよう」などとやっているうちに、気付いたらこんなことに。
難解過ぎて正解者が少なかったのは残念だが、若島氏に最優秀作に選んでいただいたので、これを最終図とした判断は正しかった、と思いたい。

【余詰の有無について】
後手の透明駒のうち1枚でも所在不明の場合、たいていは受けが効くため、詰んでいることが証明できない。
そして、先手王を使わずに後手の透明駒を確定させるのはこれまた困難であることから、余詰に関しては多分大丈夫だろう、と考えている。



  1. 2020/03/17(火) 23:55:00|
  2. 発表作
  3. | コメント:0

詰パラ2020年2月号感想

記事のアップがギリギリになったのは新型コロナウイルスの影響……ではなく、まあいつものこと。


詰パラ2019年2月号感想です。

■表紙
変化がややこしくて苦労した。

■詰将棋学校
【小学校】
田川氏が新担当に!

【中学校】
中10、37歩や47歩は必要なのかな?

【短期大学】
東京都or横浜市在住作家特集? 短9は二人とも違うけど住所が出ていないのでセーフという謎理論。
あ、原田さん初入選おめでとうございます。

【大学院】
どちらも収束がやや難解、というのは確かに正しいのだが、実は序や中盤もそれなりに難解だったりする。

■ちえのわ雑文集
「高木手筋を振り返る」。作例は増えているが定義がはっきりしないまま使われている。
良くも悪くも詰将棋界らしいというべきか。

■詰将棋の眺め方
合駒を2手後に動かす手法はいくつかあるが、ラインに沿って動かすのは「Pelle」と呼ばれるパターン。
効率的な配置を追求すると、超短編では配置が似通ってしまうのはよくあること。
用語については、せっかくなのでこちらを。
第5回裏短コン #4 「移り気eyes」

■将棋パズル雑談
今月もなかなか面白い。㊾は見た目ほど難しくはないので是非挑戦を。

■第17回詰将棋解答選手権のお知らせ
解答選手権についてはいろいろと情報が流れてきているが、公式発表を待つとしよう。

■結果稿
期末なだけあって、どこも充実の内容。
大崎、有吉、山路の各氏はどの作もレベルが高く、安心して選題できる作家。
そう思って深く考えずに選題すると変長を見落としていたりするけど。

【大学院】
・七種合還元玉煙の前例として新ヶ江氏の「彩雲」を入れるかどうか迷ったが、最終2手目の逃げ場所が限定されていないので外した。
・田島氏作、718手目の74歩合については、選題で言及したこともあり大きな混乱は無かった模様。
 なお77ページ途中図5の46成桂は太字ではなく普通の書体が正しい。

【山路氏結婚祝賀詰】
みんなガチで作りすぎ(笑)。過去最高のレベルの祝賀詰。

【中出氏入選500回記念作品展】
「ベテランらしい枯れた作風」などという評とは無縁の作品群や創作姿勢はうらやましい。
正直、造りが粗いと感じることも少なくないが。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇たま研作品展① 青木裕一氏作
前回の作品展で選んでほしかった。

  1. 2020/02/29(土) 21:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2020年1月号感想

例によってギリギリの記事に。


■表紙
2手進めると浦野八段の発表作(詰パラ1986.2)と同一に。
簡素形で勝負するのはなかなか大変になってきている。

■詰将棋学校
1月だけあって、比較的考えやすそうな作が多いかも?
解答をお待ちしております。

■詰将棋の眺め方
新連載スタート! 不勉強にしてこの作は知らなかったが、素晴らしい出来。
熱い解説もあり、これは期待大!

■ちえのわ雑文集
シフマンをテーマにした短編も増えてきた。
ところで、野曽原氏は出題コーナーでも多数登場。別に示し合わせたわけでもないのに不思議。

■結果稿
【小学校】
小12(9月号の2作目)、こんなに誤解が出るような手順には思えないが。
採点をどこまで信じていいのかなぁ。

【短期大学】
安定して高品質…なのは特定の作者の功績という気がしてきた。

【大学】
3作とも良かった。

【大学院】
こちらも誤解者が大変なことに。

【大道棋教室】
第1番、Ⓑは21手目でなく19手目に付けるのが正しいのかな?

【たま研】
①はあまり票が入っていなかったはずなのに何故か選ばれて、案の定「構図を工夫して改作しては?」と解説される。
ちなみに10手目の変同についてだが、玉方14歩を置くと2手目26玉が変長、また玉方14桂or角を置くと余詰あり。いずれにしてももう1枚追加が必要となる。
10手目の変同を消すだけのために2枚も置くなんて有りえません。
まあ構図から考え直すべきなのだろう。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇裏表紙 谷川浩司九段作
これは何としても解かねば。
逃げ方がややこしく、終わったかと思いきやまだまだ粘る。詰めてみれば納得の内容。



  1. 2020/01/31(金) 00:01:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

新年の挨拶&年賀詰

謹賀新年
本年も 詰将棋考察ノート をよろしくお願いします。


■2020年 年賀詰 (ほっと 作)
2020_0101.png

今年は20枚の駒で初形曲詰「20」にしてみました。
手数は30手台。相変わらず駒取りや駒交換ばかり。それに加えて今年は今一捌けない……。
いろいろ模索したものの、諦めてこれで出します。




  1. 2020/01/01(水) 00:01:00|
  2. その他
  3. | コメント:0
次のページ

お知らせ

51手以上の作品募集中。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家/詰パラ大学院担当/看寿賞選考委員。

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (25)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (39)
詰将棋解答選手権 (17)
発表作 (6)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (2)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (6)
大学院補足 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する