詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2017年6月号感想

またまたWeb Fairy Paradiseについて。
WFP108号(PDF)

第91回WFP作品展の91-9、91-10 の結果発表が掲載。
解答者全員正解で、狙いもちゃんと伝わっていると思われるため、個人的には理想的な結果。
Web Fairy Paradiseのページはこちら


さて、そろそろ看寿賞の発表もありそうだが、遅ればせながら詰パラ6月号の感想を。

■詰将棋順位戦
駒数が多くなっても手順の良さを追求するか、それとも手順の良さを少し妥協して駒数を減らすか。
詰将棋を作ったことがあれば、誰しもどちらを最終図とするかで迷った経験があるだろう。
順位戦は駒数制限が無く、前者を選ぶのが正解のようだ。
手順に全振りした作が多く、どれもなかなか手強い。

■同人室
この課題は、解き易さを追求して解答増を狙っているのかもしれないが、うーむ。
少なくとも、同人作家として発表に値する作かどうかを、作者自身がしっかりと判断してほしい。

■詰工房作品展、創棋会作品展
約1作、これは打歩詰に関係する手筋ではないだろという作があるが、どれも面白い。

■門脇芳雄賞
全国大会で表彰があるが……来てくれるのだろうか。

■七條賞
12年連続で満点、15年連続で1位とは……。
それ以外のお二方も満点おめでとうございます。

■ちえのわ雑文集
暗算だったとは。それでこの結果は流石。

■全国大会案内
多数の参加をお待ちしています。

■解答選手権初級戦・一般戦報告
やっぱり鬼門は初級戦の⑤、一般戦の③⑥か。

■短編名作選
密かに選者として参加しております。これは買う一手ですよ。
それで、お値段は?

■結果稿
学校や作品展にも興味深い作は多かったが、今月はたま研作品展とデパート。

■第6回 ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。

今月は迷ったが、これ。
◇詰工房作品展① 今村修氏作
復活は素直に嬉しい。作風も以前と変わっていないようだ。
本作に関しても、超絶技巧のはずの内容をわかりやすくユーモラスに表現。
配置に関しては、攻方33香を置いておくべきと思うが。


スポンサーサイト
  1. 2017/06/25(日) 20:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:2
<<第33回詰将棋全国大会(1) 前夜イベント | ホーム | 詰パラ2017年5月号感想>>

コメント

同人室

「同人作家として発表に値するか」云々。私もその一員であり、今回作品も発表してので、厳しく受け止めています。ですが、私は担当者の立場から「私自身もかつて憧れた同人作家」の姿を取り戻ていただけるような解説を書きたいと考えています。批判したり諦めるのではなく潜在能力を引き出すのです。と言いながら、実は、解説の下書きを書いているところですが、読み直すと、かなり厳しい表現になっている。これではまずい。(笑)全国大会までには、ちゃんとした形にしたいです。
  1. URL |
  2. 2017/06/25(日) 22:01:55 |
  3. 近藤郷 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 同人室

厳しい意見も書いてしまいましたが、同人室が他コーナーに負けないくらい充実した内容になってほしいと考えています。
同人作家全員が本気で創作に取り組めば簡単に達成できる話であり、そういう意味でも近藤さんには「同人室=ヌルい」というイメージの刷新を期待しております。
  1. URL |
  2. 2017/06/26(月) 23:20:16 |
  3. ほっと #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (13)
詰パラ感想 (7)
その他 (3)
チェックリスト (0)
詰将棋解答選手権 (9)
勝手に解説 (1)
会合参加記 (1)
発表作 (3)
詰将棋全国大会 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する