FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2021年4月号感想

今年も詰将棋解答選手権の初級戦・一般戦に参加。どちらも全題正解で安堵。
一般戦はかなり難しかった。


詰パラ2021年4月号の感想。

■表紙
紛れに嵌って苦戦。解けた後で手順を見返すと確かに軽快だが。

■詰将棋学校
どこもいつも以上にレベルが高い! 結果稿が楽しみ。

■2019年下期半期賞
選出作は大体納得。受賞者はおめでとうございます。
下半期の各校全題正解された方もおめでとうございます。
上半期に続き、大学院は難易度が高かった印象。しかし大学院よりも全題正解者が少ない大学って一体。

■詰将棋の眺め方
塩見一族の開き王手作品17作の紹介。
懐かしい作もあって楽しめた。
作品集を出してほしい作家の1人。

■ちえのわ雑文集
ジェイムズ・ティプトリー・Jr.の短編SF小説「たったひとつの冴えたやりかた」は有名だが、こんなところで目にするとは思わなかった。
2作とも中合のペレ+シフマンを連続で行うのは印象的。評価は夜神ココverの方が高そう。

■結果稿
1月だけあって解答者が多かった。
そしてどこも面白い作があり、充実の内容となっているのはさすが。

【小学校】
小5、何となく手順に見覚えがあったため探したところ、こんな作が。
詰パラ1992.9 松田圭市
20210430_1.png

【大学院】
わかりやすくなるかと思い、途中図に矢印を入れてみたが、反応は皆無…。

【短期段位認定特別出題】
面白い作が多かったようだ。解いておけばよかったか。

【馬屋原剛 入選100回記念】
どれもややマニアックな狙いが楽しめる。

【デパート】
どれも好作。⑤は大学院に欲しかった。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇九州G作品展① 酒井博久氏作
最近、このくらいが好み。



  1. 2021/04/30(金) 23:30:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2021年3月号感想

年度末はなんだかんだと忙しく、気づいたらこんなことに。


気を取り直して、詰パラ3月号の感想。

■表紙
形良し手順良し。表紙にピッタリの作。

■詰将棋学校
どこも難しいという印象。中でも一番難しいのは大学院か。

■全詰連の頁
看寿賞は毎年一般推薦が少ないが、さて今年は?

■詰将棋の眺め方
「こちら側と向こう側」の比較がテーマとなる作品群。
これだけではやや地味な印象になってしまうため、見せ方がポイントになるようだ。

■持駒のある風景
・「古作物」とあるが、こんな古作物は存在しない。強いて言えば待宵8番(42金が無い図)。
・初代宗桂の象戯造物第1番は、81桂だと2手目84玉で詰まない(93角に対し同桂で85に桂が利いてくる)。このため81歩が絶対。
 また、92銀成(12銀成)が香を取る手か空捨てかは感触が相当に違う。とてもじゃないが同一とは呼べない。

■ちえのわ雑文集
第60わ、ということは、連載開始から5年。まさに継続は力なり。
そして話題は同人室について。年2回の同人室だけで100回入選を目指すとは、既に前人未踏。

■結果稿
【短コン】
全体に低調だったのは、2019年までの手数の周期が崩れたからだろうか。

【同人室】
課題は「打ち換え」。やはり課題をメインにした作品であってほしい。

【やさしい大学院】
むず院だった。解答者が少ないのは無言の抗議か。

【創棋会作品展】
やはり創意が感じられるテーマは良い。

【デパート】
短編から長編まで何でもありの5作を毎月解説するのは大変だったと思う。お疲れさまでした。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート②楢部哲美氏作
「並べて詰み」と簡単にはいかない。
幼5の作意と変化処理を見るに、正体は間違いなく有名作家のはず。



  1. 2021/03/31(水) 23:33:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2021年2月号感想

記事のアップがギリギリになったのは新型コロナウイルスの影響……ではなく、まあいつものこと。


詰パラ2021年2月号感想です。

■表紙
見えにくい手があって意外と時間がかかってしまった。
詰棋校でツイン系の選題が禁止されたことについて、「新しい表現には寛容であってほしい」というのは同感。

■詰将棋学校
【大学】
これは解かねば。

■将棋妙案記念
谷川九段の双玉は珍しいかも。妙案と双玉の繋がりは不明だが。

■詰将棋の眺め方
どの作家も一人だけで記事数回分にできそう。どこかで書きたいが。

■ちえのわ雑文集
無駄合か有効合かという議論についてはなかなかスッキリとした判定ができていないのが現状。

■将棋パズル雑談
(58)が斬新で面白かった。出題の方も比較的易しいが、(61)には確信が持てず。

■結果稿
期末なだけあって、どこも充実の内容?
短編では、どんな配置になっても手順を実現させようという作が多めだった気がする。

【中学校】
中22……92とは93に置いてあればなあ。

【たま研作品展】
4作とも主張が明確でとても良かった。

【新人コンクール】
③、盤面無仕掛け七色+持駒七色は凄い条件作。
条件の前例としては詰パラ2019年1月号デパートの中村雅哉氏作があるが。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇彩棋会作品展③ 岩本修氏作
生が2回。なるほど。



  1. 2021/02/28(日) 00:01:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2021年1月号感想

例によってギリギリの記事に。


■表紙
考えやすくて良い。

■詰将棋学校
1月だけあって、比較的考えやすそうな作が多い、と思いきやそうでもないかも?
解答をお待ちしております。

■馬屋原さん入選100回記念作品展
これは解かねば。

■詰将棋の眺め方
連載1周年! 座談会だが色々な話題があって面白かった。毎月誰かゲストを呼んで座談会でもいいかも。
1点だけ。「モーメンと」は「成らせ」ではない。

■ちえのわ雑文集
「還元型無駄合」は限りなく有効合に近い大きな減点事項だと考えているので、それを打ち消すほどの内容かどうかが焦点になってくる。
出題された作は、少なくとも担当者が「出題に値する」と判断した作品のはず。

■結果稿
【短期大学】
安定した5作を選べているのが素晴らしい。

【大学】
3作ともさすがにレベルが高い。

【大学院】
小駒煙を出題する順番は迷いに迷った記憶がある。これについては来月の詰パラ感想で。

なお、初形で銀桂香の成駒なしの小駒煙で、漏れがあったため訂正します。
(1)北川明 「細雪」      近代将棋1999.11  塚田賞
(2)山路大輔 「HEAVENLY」 詰パラ2015.3
(3)ao碧 「小駒煙」      スマホ詰パラ#12416 (2019.1.24)
(4)添川公司 「千姫」     詰パラ2020.10


■デパート出題
師匠が新担当に! これは期待。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート① 久保・上谷 合作
こんな表現があったとは。裏短コンに出してほしかった。



  1. 2021/01/31(日) 18:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2020年12月号感想

年賀詰創作に苦戦中。果たして間に合うのか?


詰パラ12月号の感想を。

■表紙
表紙作品として初形・手順・難易度ともほぼ理想的な出来。

■短コン
777号ということで7手詰。
ひっそりとツインで入選。出題図を (a)として、(b)も解いてください。
心を揺さぶられる作は数作。限られた駒数ではやはり厳しいか。

■同人室
打ち換え、楽しめる作が多くてとても良かった。

■やさしい大学院
「それほど難しくない」とか書いてあるが、超難解ではないものの、どちらもややこしい。何と現時点でメール解答は僅か4名。

■おもちゃ箱だより
記録作かどうかはおもちゃ箱頼り。
記録狙いというのは創作のモチベーションにはなるが、それに拘り過ぎると、強引さが目立つ作になりがちなのが難しいところ。

■ちえのわ雑文集
作例1は、個人的には不詰と思う。
「-3-4角」は、成ることができなかったのか、それとも不成だったのかが判断できない。このため、玉位置が9段目であることも証明できていない。

■詰将棋の眺め方
4香連打の系譜。
手順として似ていても、構図の取り方、意味付け、後のまとめ方などに作風が現れる。

■結果稿
【小学校】
⑭、これは凄い。

【中学校】
平均点も高めで充実の選題。好みは⑫。

【大学院】
院6「月傾く」は、誤解無解なしの作としては異例の高得点。

【藤井聡太棋聖 戴冠後初の発表】
中合回避の伏線的桂捨て、角限定打、捨てた桂が中合で戻ってくる点、43に角を移動させたことにより生じる歩の移動合、そして貰った桂歩で退路封鎖しての詰上り。
すべての着手応手が一本に繋がった完成度の高さは惚れ惚れする。

改作図は、3・4手目がポイント。原図と比べて更に手順が充実。
変化手順中に収束が見え隠れしているのが気になる、というのは気にし過ぎか?

【藤井聡太棋聖 最年少タイトル獲得記念祝賀詰】
②「ウ」は改めて見ても力が入り過ぎ(苦笑)。もう少し何とかしたかったが。
④「1」は綺麗に出来ていて素晴らしい。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇創棋会作品展① 野曽原直之氏作
これはまさかの、1枚の駒による「移り気eyes」!

年内の更新はこれが最後。皆さま良いお年を。


  1. 2020/12/31(木) 02:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:4

詰パラ2020年11月号感想

裏短コン、今年はkisyくんのnoteで出題中。
私も参加しているので是非解答を!
詳しくは出題記事で。



さて、詰パラ11月号の感想。

■表紙
作意は明快だが、2手目の変化処理などはさすが。

■詰将棋学校
どこも充実の選題。なお実際に解けているのは一部のみ・・・。
大学院は「史上初」に反響多数?
ちなみにどちらも特定条件での最長手数を更新してもいるが、「史上初」は手数のことではないので念のため。

■詰将棋の眺め方
古典の名作とその短編化について。
単に収束を短く切り詰めるだけでは新作にはならず、付加価値をつけるべし。
言うは易く行うは難し、なのだが。

■将棋パズル雑談
前回の(55)はやられた。
今月は(58)が難しい。他の2作もやや難しめ。しかしどれも面白いのでぜひ解答を。

■結果稿
【中学校】
⑩の持駒は「香香香香」が正しい。
香が一枚足りなくて不詰、というのは某偽造色紙事件を思い出す。

【短大】
⑩には驚き。こんなことができるとは。

【大学】
構想作3作。とても良かった。

【デパート】
5作とも主張があり面白かった。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇たま研作品展④ 青木裕一氏作
ダブルをダブルで。課題にふさわしい作。




  1. 2020/11/30(月) 23:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2020年10月号感想

短コン用の7手は投函した。さて裏短コンはどうしよう。


詰パラ2020年10月号の感想。

■表紙
初形ダブル条件。5手目が見えにくくて苦労。

■詰将棋学校
【大学】
看寿賞作家で揃える、というのは意外と大変そう、と思ったら7月もそうだったようだ。
大学院では何度もやっているが、まあ2作だし。

■2020年上半期 半期賞
受賞作は意外な選出が多かった?
各校とも受賞作以外にも面白い作が多く、選考には悩まれたことだろう。

■アマ連杯握り詰 特別編
解答付き出題で入選がカウントされるのは珍しい。

■ちえのわ雑文集
青い鳥2020、内容も豊富で本当にお薦め。

■詰将棋の眺め方
作品も解説も重厚。

■結果稿
【小学校】
濃い作が複数あり面白かった。

【短期大学】
「ヤマジック」、機会があれば使わせてもらおう。

【大学】
素晴らしい3作。駒繰りの面白さが三者三様で味わえる。

【大学院】
ちなみに院1の参考図。
・趣向手順が似ている作: 詰将棋おもちゃ箱 2020.07 本間晨一 くるくる展示室 No.411
・詰上りが左右対称の作: 詰パラ 2000.05 相馬康幸 「曼荼羅」

【有吉弘敏 入選100回記念】
2作とも難しくて自力では解けず。
作品集、期待せずにはいられない。

【詰備会作品展】
4作とも明確な主張があり印象的。高得点がうらやましい。

【『新型コロナ』退散祈念】
よくぞ完成させた、と言うしかない。凄い条件。

【デパート】
7月も面白かった。尖った作も発表できるのが良いところ。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月は迷った末にこれ。
◇デパート⑤ 須藤大輔氏作
地味だがこの趣向は見たことがない気がする。暗算で解ける易しさもGOOD。



  1. 2020/10/31(土) 19:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2020年9月号感想

本来なら全国大会参加記を書いているはずだったが。


詰パラ2020年9月号の感想。

■表紙
既視感はあるが、何度見ても気持ちがいい。

■詰将棋学校
全体的に、作者の持ち味が色濃く出た作が多いという印象。
駒数が少なくても難易度は…?

■藤井聡太棋聖 最年少タイトル獲得記念祝賀詰
軽めの内容が多い中、飛び抜けて難しいのが第2問。

■詰将棋の眺め方
「長谷川哲久氏の世界」。どれも40年前の作とは思えないほど現代的な感覚。
赤羽・小林よりも前に、こんな作品群が発表されていたとは。

■ちえのわ雑文集
『中編名作選Ⅱ』、何故か ほっと の作も収録されているので探してみてください。

なお5作分の選題と解説も担当。5作とも構想作縛りで選んでしまったために、アレとかアレとかを選び損ねた。
私が選ばなくても誰かが選ぶだろうと高を括っていたら、結構漏れていてショック。

■結果稿
【詰将棋順位戦】
担当者名の字のサイズが小さいような(どうでもいい)。
A級③の余詰は残念だったが、上位作は充実した手順で流石。
変長作の扱いは事前に明記しておく方がよさそうだ。

【同人室】
できれば、解けた瞬間に「なるほど、流石!」と思わせる作をたくさん見たい。

【やさしい大学院】
やさ院3はまさかの3点満点。実は普段評価辛めの某氏が無評価だったのが大きい。
繰り返し趣向の意味付けが純粋でない(「持歩を増やすため」「49角を可能にするため」の二重の意味がある)のは気になるのだが、菅野氏はそういった理屈っぽいことよりも、スムーズな駒繰り自体を重視しているようだ。
この大らかさが氏の持ち味となっているのだろう。

【創棋会作品展】
「駒の軌跡」はやさ院とこっそりコラボ。
どれも面白い作だった。
ちなみに②の35銀の軌跡はルントラウフではなくスイッチバック。

【デパート】
どれもデパートらしい好作。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はもちろんこれ。
◇藤井聡太二冠 作
暗算だと12手目をうっかりしやすいかも。



  1. 2020/09/29(火) 23:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2020年8月号感想

夏休み終了間際になって宿題に手を付ける学生のようにブログを更新。今年は夏休みが短かったようだが、よい子は真似しないように。
それから中編名作選Ⅱの割と重要な箇所の解説で誤記をやらかしてしまい、気が重い。宗角さん申し訳ない。


詰パラ2020年8月号の感想。

■表紙
特別なことをやっているわけではないのに、この感触の良さは一体何だろう。
――我々はその正体を探るべく、『野村量の詰将棋560』の入手を試みた―― (註: 脚色あり)

■詰将棋学校
全体的に7月号と比べて手強くなっているような。
齋藤三段が3頁連続で登場。

■詰将棋の眺め方
古典に限らず、過去の誰かの作からアイデアを得て創作、というのはあるある。
そうして完成させた作に、別の作家の前例があった、ということもあるある。
『それでも、作図を通じて見知らぬ作家とコミュニケーションができたとしたら、それは楽しいこと』
まさにそのとおり。

■春霞賞発表
どれも面白い作で納得の出来。
受賞作は、令和元年度看寿賞 の「春霞賞ノミネート作品」のコーナーで確認を。

■将棋パズル雑談
出題の(55)がまだわかっていない……。

■結果稿
全体的に期末としては控えめだったか?

【短大】
短22も巣籠りだった。
それはそうと、炙り出しは詰上り図も載せてほしい。

【大学院】
院9は詰将棋として成立しているのが信じられない。
それから、p79の「途中図1」は「途中図」が正しい。

【デパート】
⑤は凄い条件の上に手順も上々。これは驚愕。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート② 宮原 航氏作
キレキレの手順に酔いしれる。



  1. 2020/08/31(月) 23:30:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2020年7月号感想

原稿が進まないままブログを更新。


詰パラ2020年7月号の感想。

■表紙
綺麗な初形に綺麗な手順。表紙として理想的。

■詰将棋学校
今月はどこも面白い。否、「今月も」か。
大学院も他校に負けないくらい楽しめるので是非。

■令和元年度看寿賞発表
23ページのボリューム。該当作なしが出なかったのは良かった。
あと一歩で受賞を逃した作が何作も出ているが、それは仕方無しかと。

■詰将棋の眺め方
時を超えた作家とのコミュニケーション。ロマンがある。
とは言え、活動中の作家に創作経緯や意図を聞くと、こちらが予想していたものと全然違ったりするのもよくあること。

■持駒のある風景
何故か一足早く院9の詰上りが。
ちなみに短評は「Stay Home/巣ごもり」に関するものがいくつか。

■ちえのわ雑文集
会合について。現状ではなかなか気軽に参加というわけにもいかなくなってきたが、その分貴重な時間になっている気もする。

■全国大会案内
今のところ参加予定だが、さてどうなるか。

■結果稿
【小学校】
小18、5手詰でこの点数はすごい。

【短大】【大学】
どの作もレベルが高くて素晴らしい。

【デパート】
5作とも良かった。4月号のイチ押しをどれにしようか迷ったのを思い出す。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート① 宮田敦史氏作
理屈抜きに楽しい作。



  1. 2020/07/30(木) 06:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0
次のページ

お知らせ

51手以上の作品募集中。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家/詰パラ大学院担当/看寿賞選考委員。

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (25)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (52)
詰将棋解答選手権 (17)
発表作 (6)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (2)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (7)
大学院補足 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する