詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2017年3月号感想

チャンピオン戦、ようやく納得の結果を出せました。



さて、詰パラ3月号の感想。

■詰棋校出題、作品展出題
解いてみて、あるいは初形・タイトルだけで「ああ、いかにも○○氏の作だ」と感じられる作が多いような気がする(と言っても作者名を伏せられたら殆ど当てられないだろうが)。

■結果稿
[短コン]
・15、形式的な美しさはNo.1。「初手と5手目の桂打ちが同じ地点」の作は私も発表しているが、行きと帰りで別の地点というパターンも考えていた(で、うまくいかず諦めて同一地点にした)。この構図は見事。
・25、一番好みだったので順位対象外となったのは残念。
 しかし「よく似た先行作がある」ということで順位対象外になるのであれば、順位対象外となる作は多数あるような…。
・好作が多かった一方で、盤面枚数や手数の条件に甘えた作(要するに、無理矢理9手にしたり無理矢理10枚に収めたりした作)もあったのは仕方ないことなのだろうか。

[同人室]
課題は初形81玉。作るだけなら簡単だが、81玉でなければならない必然性があるかどうか、を考えると途端に創作難易度が高くなる。
(判定その1) 左右反転すると意味が通らなくなる場合、プラス1点。(左右反転しても何ら変わりない場合は加点なし。むしろ右配置の方が自然な場合はマイナス1点)
(判定その2) 逆算が過不足なく、明らかに81玉からスタートさせる意味がある場合、プラス1点。(可もなし不可もなしの場合は加点なし。明らかに強引で無意味な逆算を施している場合はマイナス1点)
10作中、プラスになる作は残念ながら1作も無さそう。まあ課題が良くないということで、来期からに期待しよう。

[若島氏同人記念]
解説が読み物としても面白い。

[創棋会作品展]
いかにも「何か狙っています」と言っているような配置からの、期待以上の手順。若いっていいなあ(遠い目をしつつ)。

■第3回 ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。

第3回のイチ押し作品は、デパートの5作全部…と言いたいところだが、あえて選ぶならこれ。
◇デパート④ 岡 圭吾氏作
「1枚の攻駒に対して」「連続で」行うのは史上初。荒削りではあるが、凄いことをやっている。
作者はフェアリー界でかなり前からペンネームで活躍中の方のようだ。今後も注目したい。



スポンサーサイト
  1. 2017/03/28(火) 00:01:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2017年2月号感想

「偽りの恋人達」、好評ばかりで少々困惑。



今頃になって、詰パラ2月号の感想。
出題・結果稿とも、裏短コンの参加者の活躍が目立つようで。

■詰棋校出題
各校とも、1月号よりも明らかに難易度がアップしている……。

■ちえのわ雑文集
今月号のMVPは文句無しに金少桂さん。

■結果稿
・小学校・中学校・高校
 結果稿でのMVPは、こちらも文句無しで名無し名人さん。
・大学院
 「LCM」は名作。作者がブログで何か書く予定らしいので、期待して待ちたい。
・藤井四段昇段記念作品展1
 どれも最終3手に大駒捨てが入った綺麗な作。短期間でこれだけのものを仕上げて来る才能が羨ましい。
・藤井四段昇段記念作品展2
 看寿賞作家5名の共演。どれもいいなあ。今更ながら作家として参加しなかったことを激しく後悔。
・D級順位戦
 C級から陥落した翌年にC級に再登場、は前例なし?


■第2回 ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。

第2回のイチ押し作品は、流れに沿ってこれを選出。
◇デパート② 野曽原直之氏作 「等時性」
摩訶不思議な手順。作者の強烈な意志を感じる。



  1. 2017/02/25(土) 08:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2017年1月号感想

かなり今さらですが、詰パラ1月号の感想を。
来月からはもう少し早く記事を上げるようにします。


■詰棋校出題
1月だけあって、各校とも取っ付き易い作が多め? まあ駒数が少ないからといって易しいとは限らないわけだが。

■ちえのわ雑文集&デパート出題
ソフトによる創作については、いずれ何らかの形で書きたい。

■詰棋校結果稿
大11、大12、院8はいずれもかなりの好作。

■会合作品展結果稿
解答者総数は、香龍会29名・詰四会36名・九州G31名。
難易度の割に解答者が少ないのは、不定期出題なのと、メール解答ができないからだろうか?
(そもそも解答者数を増やしたければまず自分が解答しろよという話だが)



■第1回 ほっとのイチ押し!
唐突に始まってしまった新コーナー。コンセプトとしては、詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあるため、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。

記念すべき第1回のイチ押し作品は、迷わずこれ!
◇彩棋会作品展③ 須藤大輔氏作 「シルバークロス」
解いた後「何が狙いか分からない」という人は、「攻方の手だけを1手ずつ確認」「玉方の手だけを1手ずつ確認」してみるべし。



  1. 2017/01/28(土) 20:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (13)
詰パラ感想 (3)
その他 (3)
チェックリスト (0)
詰将棋解答選手権 (6)
勝手に解説 (1)
会合参加記 (2)
発表作 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する