FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2019年7月号感想

駆け込みトレードのようにブログ更新……。去年と同じことをしている。


詰パラ2019年7月号の感想。

■表紙
意外と難しい。初手の二択を間違えると大変。

■詰将棋学校
・驫飛龍君が小学校担当に就任! まあそれらしい話は聞いてたけど。
・宮田七段が3校で1番に採用されている。駒数が少ない作を置きたいのはよくわかります。
・出題作はできるだけ全国大会前に解いておくべきだった、とまたしても反省。

■平成30年度看寿賞発表
23ページのボリューム。昨年と違って該当作なしが出なかったのは良かった。
それはそうと、「バッテリーが、手前の駒→後ろの駒 の順に設置される」というパターンは、探せば前例は割と見つかる模様。
「フロント-リア型」バッテリーの形成は珍しいのか

■ちえのわ雑文集
この詰2019は良かった。どの論考もボリュームたっぷりながら読みやすく工夫されている。
ちなみに第一部で登場する看寿賞作家のうち4人を、2017年の第33回全国大会のレクリエーション「クイズ100人位に聞きましたみたいなもの」でチームリーダーに指名させていただいたのを思い出した。なかなか感慨深い。

■結果稿
【小学校】
小20、やっぱり6手目で生が無い解答は誤解扱いにすべきでしょ。

【大学】
まるで看寿賞受賞を予測していたような選題。
そして作品のレベルも高くて羨ましい……。

【デパート】
③がいろいろと濃い。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇彩棋会作品展④ 山田修司氏作
いろいろな手筋が詰まった意欲作。



スポンサーサイト



  1. 2019/07/31(水) 23:50:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2019年6月号感想

Limit 7を入手。
平成30年度看寿賞受賞の皆さまおめでとうございます。


詰パラ2019年6月号の感想です。

■表紙
個人的には、詰パラが詰将棋の入り口である必要はないと思う。
むしろ「短手数で好形の詰将棋しか解いてきていない人」をどれだけこちらの世界に引き込めるかが重要。

■第30期詰将棋順位戦
節目の30期目。
それはそうと、自陣と金が多いような気が。

■ちえのわ雑文集
肝心のkisy一族の公式アカウントが載っていない……。

■名局ライブラリー
翻弄モノ。正算式で創作した場合、絶対に作れないであろう詰将棋。

■2018年度七條賞
あたらめて竹中さんおめでとうございます。

■第8回門脇芳雄賞
浦野先生おめでとうございます。
ハンドブックシリーズは、間違いなく一番売れている詰将棋の本。

■第16回詰将棋解答選手権 初級戦・一般戦報告
改めて、主催・運営の皆さまお疲れ様でした。
作品投稿に関して提案されている方法は、各部門とも予備作を用意しておく必要があるのでやや疑問符だが。

【初級戦】
前回の反動か、かなり手強くなった。特に⑥は詰上りを知っていないと相当に難しそう。ウチの会場では賞状を多めに用意しておいたらだいぶ余った。
「平成」と印字されているので来年は使えない(笑)。

【一般戦】
④は綺麗。⑥は相当に難解。
全体的に駒数が少なくて内容が充実している、なかなかの選題。
6作を総合した難易度自体は昨年とそれほど変わっていないと思われるが、参加者が増えて全題正解者が減っている。
時間短縮の影響だろうか。

■第35回詰将棋全国大会ご案内
前日のたこ研から参加予定。
前回のたこ研(2016年)は、「手裏剣」「LCM」が披露されていたので、今回も期待。
っていうかマジで頼みますよ。

■読者サロン
第6回春霞賞の発表が。
デパートからが多かったのは興味深い。

■結果稿
【小学校】
小15の6手目は同香成かな。やはり誤植のたびに明記しておかないと駄目のようだ。
手順入力は次の手順で行うべし。
 1. 柿木将棋で作意手順を入力しておく。分岐やコメントは入れないこと。
 2. 柿木将棋のメニュー「編集」≫「棋譜のコピー」≫「詰将棋用」でコピーする。
 3. テキストエディタに貼り付ける(ほっとはサクラエディタを使用)。
 4. 適宜加工する。「不成」→「生」に置換など。


【大学院】
参考までに院6の平均点は2.82。作者にはⒷの迂回を消すことも含めて、良い修正案を模索していただきたい。

【たま研作品展】
さすがにレベルが高い。

【デパート】
⑤は6~8筋が「寿」と酷似、と思っていたが、高校生の頃の図を手直ししたもの、であれば納得。
そんな背景を見抜く解答者のI氏も凄い。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。

今月はこれ。
◇同人室③ 金子清志氏作
アレをするためにアレをしておく、驚愕の手順。



  1. 2019/06/27(木) 00:01:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2019年5月号感想

ようやく令和最初の記事。


詰パラ2019年5月号の感想。

■表紙
難易度・解後感とも表紙として理想的な出来。

■詰将棋学校
期末にして令和最初の選題。各校ともそれほど期末っぽくなさそうだが、これは解かねば(解けるとは言ってない)。

【大学院】
〇〇特集。
ところで5/25、26に岐阜県不破郡関ケ原町で『関ケ原 春の武将イベント』が開催されたらしい。
イベント前に記事をアップできなかったのは痛恨。

■第16回詰将棋解答選手権チャンピオン戦報告
臨場感溢れるレポート。今年は本当にドラマチックな結果だった。
出場選手全体のレベルも年々上がっているようで、50点だと順位は中央よりも下、60点なら半分よりは上だが上位1/3にも残れない。
その中でも上位3人は別格……そして彼らをして満点に届かない選題はやはり鬼レベル。

■ちえのわ雑文集
指将棋メインで楽しむ人の中に、詰将棋が好きではない、という人達がいるのは事実。
推察するに「詰将棋は自力で解かなければいけない」という思い込みがあるのかもしれない。
そんな人には、ぜひ以下のページを読んでほしい。
詰将棋鑑賞、超入門!
詰将棋鑑賞、超入門!(2)
鑑賞としての詰将棋短編名作選

鑑賞物としての詰将棋作品論

■第35回全国大会ご案内
握り詰は結局できず。もう少し手数上限が長いか、もう少し高い駒が多ければ。

■将棋パズル雑談
今月も面白いので是非挑戦を。

■会合案内
名前の間違いが多い…初めての参加者というわけでもないのに。

■結果稿
2月はなかなかハイレベルだった。

【小学校】
裏短コンの影響もあってか、「シフマン」という名称が定着しつつあるようだ。

【中学校】
この5作をよく揃えたもの。

【大学院】
院4のⒶの紛れはWhiteSolverで調べてもらい、どうやら逃れ。よかったよかった。

【デパート】
⑤は評価に悩む……。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート① 青木裕一氏作
不思議な応酬。もう少し捌ければというところだが。



  1. 2019/05/31(金) 23:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2019年4月号感想

平成最後の記事。


詰パラ2019年4月号の感想。

■表紙
手順はともかく、表紙に左上配置ってOKだったの? と思ったら、「15手までの好形作(初形6×6以内)」となっている。
実は入玉型でもOKだったりするのか? 誰か投稿してみてほしい。

■詰将棋学校
平成最後の出題。だからと言って特別な選題をした様子が見られないのは詰パラらしい?

■2018年下期半期賞
選出作は納得。全部門で単独授賞、というのは意外と珍しいようだ。
それはそうと、高校の上谷氏作の手順が結果稿に続いて間違っている。担当者と編集部は反省してほしい。
吉田氏はお疲れ様でした。「今後は作家として…」は本当に期待。

■ちえのわ雑文集
オセロの概念を取り入れた「オセロ詰」は、過去に何度か試みられているが、定着せずに消えていっている。
WebFairyParadise130号でも取り上げられているが、実はルール説明で不足があり「玉を取る際に二歩や行き所の無い駒が発生する場合は王手とみなすのか」という点が明記されていない。
ここで取り上げられている例題についても1993年9月号で触れられている。
そして「『玉を取る際に二歩や行き所の無い駒が発生する場合は王手とは見なさない』というルール下では、3手目が非王手となります」と担当者自身が指摘している。
これに対するルール考案者や作者の返答は無く、またオセロ詰も定着せずに消えてしまった。
今回はどうか。

■結果稿
【小学校】
5で恐ろしいことに。

【短期大学】
いつもどおりの充実した選題。

【大学】
やっぱり炙り出しは詰上り図を載せてほしい。
限られた紙面でやむを得ずカットされた可能性も高いが。

【大学院】
途中図を使いすぎ?

【大道棋教室】
大学院以上に作者不足、解答者不足のようだ。

【斎藤慎太郎王座祝賀詰】
このくらいの難易度がちょうどいい。
王座の作品にも期待。

【デパート】
⑤は条件作としての創作難易度は最大級。不動駒が多いのは仕方なしか。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート③ 清水透氏作
33と・57銀・63と をそれぞれどこに開くか。解答選手権向きの意欲作。



  1. 2019/04/30(火) 23:30:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2019年3月号感想

月末は忙しいので早めに更新、の予定だったはずが。


気を取り直して、詰パラ3月号の感想です。

■表紙
感触の良い手が続く。
駒三十九氏のからくり箱第69番(近将1987年6月号11手)との類似は気になるが、1枚減って頭2手が加わった点はプラス。

■詰将棋学校
どこも難しい、解答選手権対策としてはうってつけ?
須藤氏が入選100回を達成。おめでとうございます。

【短期大学】【大学院】
選題の言葉で「そんなわけで」以降が、前の文章とつながっていないのだが。
そんなわけで、解答をお待ちしています。

■たま研作品展
ゆるい課題から本気の作品群。これは解かねば。

■持駒のある風景
キラキラネーム……。その表現はいかんでしょ。

■ちえのわ雑文集
趣旨がわかりにくい……。ここを見てから読んでも、うーむ。
文章を書く上で一番大切なこと、それは、読み手にきちんと伝わるように書くこと。
そしてそれは詰将棋創作においても当てはまる。

■全詰連の頁
看寿賞は毎年一般投票が少ないが、さて今年は?
初級戦・一般戦は28会場! 参加者総数がどうなるか楽しみ。

■結果稿
【短コン】
中合を動かす系は少なくなったものの、やはり強かった。
本命は㉙だと思っていたが。

【同人室】
レベルの差が激しいのはまあいいとして、課題がメインになっていない作が多いのは気になる。

■デパート出題
デパ⑤、6~8筋の配置が「寿」とかなり似ている。作者のことだから単なるマイナーチェンジなんてことはなさそうだが。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート①野曽原直之氏作
成らせモノは多数あれど、たいていは持駒が減るパターン。
持駒が変化しない、というのは見たことがない気がする。



  1. 2019/03/29(金) 23:30:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2019年2月号感想

既に1週間経ってしまいましたが、祝 藤井聡太七段朝日杯連覇!
全局後手番というのがらしいというか何というか。



月末は忙しいので早めに。詰パラ2019年2月号感想です。

■表紙
冷静に考えると好手が少ない?

■詰将棋学校
コンスタントに入選を重ねる作家が多い中、久しぶりに登場する作家もちらほら。
寡作家の発表作は推敲を重ねていることが多いので、特に注目したいところ。

■第16回詰将棋解答選手権のお知らせ
チャンピオン戦、出場を申し込みました。
初級戦と一般戦は某会場で運営担当の予定。

■持駒のある風景
300回! 25年間というだけで重みを感じる。

■ちえのわ雑文集
1年前の反省を踏まえて早めに原稿を送ったので、第1稿からある程度手直しできた。
しかしニコ生でイキロンさんがゲスト出演していたことを書き洩らした(行数調整しているうちに抜けてしまった)。

■将棋パズル雑談
解答者数、第ч回裏短コンはまたも敗北。それはどうでもいいとして、結果発表の㉜~㉞はどれも解き味が良い。
ちなみに今月の出題も面白い。お薦めは㊱。

■結果稿
11月は期末だったこともあり、総じてレベルが高かったと思う。

【高校】
高評価だった作の解説は後々引用される可能性が高いので、誤記は何とかしてほしい。

【大学院】
院10、今まで作られていなかったのが不思議。

【フェアリーランド】
④の4手目は「同銀生/28飛」が正しいよね?

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート② 馬屋原剛氏作
限定打の意味付けが面白い。前例はどうなんだろう。



  1. 2019/02/24(日) 00:01:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2019年1月号感想

読者のほとんどが2月号を既に手にしているであろう状況で今さらですが、詰パラ2019年1月号の感想を。


■表紙
作者には形だけでなく手順の充実も望みたい。しかし今後に期待。

■斎藤慎太郎王座祝賀詰
結婚祝賀詰ではないので、合が無くても問題ない?

■詰将棋学校
比較的考えやすそうな作が多いかも?
解答をお待ちしております。

■全詰連の頁
柳田会長の昔の発表作に「初形『31』、31玉、31手詰」というトリプル条件作があったはず。
使い回しをしないのが作家の矜持か。

■ちえのわ雑文集
暁将棋部屋、買わないと。
5手詰コンテストは出そうとしていた作があったが、推敲の結果駒数が減って条件を満たせなくなってしまった。

■結果稿
【小学校】
小16、やっぱり両方解いてもらうべきでしょこれは。
小20は誤解者数が大変なことに。

【短期大学】
安定して高品質なのが凄い。

【たま研作品展、詰四会作品展、九州G作品展】
地味ながら良い作が多かった。

【デパート】
①と③がやはり面白い。

■デパート出題
⑤は激レアな条件作。大学院に欲しかった。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇裏表紙 藤井聡太七段作
これは今月最優先で解くべきだろう。
変化が複雑だが、一番それらしい手順が作意なので、それほど難易度は高くない……か?



  1. 2019/01/31(木) 23:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2018年12月号感想

本日は裏短コンの解説は小休止。詰パラ12月号の感想を。


■表紙
変化がやや深いが、一番それらしい応手が作意のためそれほど難しくはない。
しかし難易度はこのくらいがちょうどいいぜよ。

■短コン
裏短コンとネタが被っている作もちらほら。まあそれはいいとして、残念ながら心を揺さぶられた作はほとんど無かった。

■同人室
課題が良かったのか、まずまずな印象。三輪さんの作が無いのは残念だが。

■創棋会作品展
7作も出せるんだ。それにしても一見さんお断りの品揃え。
個性は盤面駒数の多さでなく手順自体で出してほしいものだ。

■ヤング・デ・詰将棋OB作品展
自分の記憶の中のヤン詰は「〇〇くん作」表記ではなく「〇〇さん作」表記の時代。

■ちえのわ雑文集
原図と改作図、どちらも良いがどちらも不満。

■第29回社団戦参加記~最終日編~
改めて、全勝での昇級おめでとうございます。控え組…と思わせて実は秘密兵器? 層の厚さがいろいろおかしい。

■結果稿
【小学校】
小14、7手詰で玉方銀生3回は前例なしだったのか。13手詰の後半7手で玉方銀生3回の作があるので、前例なしと言われてもピンと来ないのだが、素直に喜んでおこう。

【中学校】
中15、4手目合駒した場合の変化処理(を利用した着手)をどう呼ぶか。とりあえず「連結による変化処理」などと呼んでおけば文句は出ないだろう。

【短大】
5作とも見事な出来だった。作者名を見れば当然か。

【棋士の宴】
客寄せありとは言え、74名の解答はすごい。⑤はとりわけ好作。

【創棋会作品展】
曲詰作家が不在なためか、ややぎこちなさが感じられた。

【アマ連杯握り詰】
大学院手数3作には苦笑するしかない。まあ全国大会参加者なら解かなくても手順は判っているのだが。
④と⑤は客寄せだが、「アマ連杯握り詰」という名称で賞金も出ているので、これらを①②に置くわけにもいかないのだろうなあ。

【朗人作家倶楽部】
④は言うほど易しくなかった。機構や手順の解説もちゃんとすべきだと思うのだが……。

【デパート】
⑤が大作。単玉小駒図式で長手数を実現しようとすると、従来は飛合を発生させて龍追い、というパターンだったが、「持駒変換×と金剥がし」で更新できるとは! 寿~新扇詰→メタ新世界 の流れに似ている?

■デパート出題
この選題は、在庫難の大学院に対する宣戦布告。対抗措置として、1月号ではデパートっぽい作を選題しておいた。
冗談はさておき、今後は「学校向き」「デパート向き」などという表現はあまり使わないようにしたい。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇同人室⑨ 金子清志氏作
趣向作のような構想作のような。



  1. 2018/12/29(土) 23:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2018年11月号感想

裏短コン解答募集中です!
詳しくは出題記事を。



さて、詰パラ11月号の感想を。

■表紙
難しかった。解けてから紙面を開くことにしているのだが、ページをめくることができるまで20分くらい? 参った。

■詰将棋学校
どこも充実の選題。なお実際に解けているのは一部のみ・・・。

■ちえのわ雑文集
パスワードクイズはギリギリに解答。

■名局ライブラリー
第449局の宮原氏作、「誤解率4割を超え」「解答者124名中、誤解者35名、無解者15名」。どう考えても計算が合わない。
結果稿(通巻700号に掲載)を見直してみたが、文章も解答者数・誤解者・無解者も上記のとおり。
誤無解率4割を超え」が正しいか。

■将棋パズル雑談
今月は難しそうに見えるが、論理的に解ける作ばかりだった。ぜひ解答を。

■結果稿
【短期大学】
短10、よくある打ち捨てモノかと思いきや、相当複雑なことをしていた。

【大学】
大6、これは解いて感動した作。

【大学院】
院3はいかにも作者らしい作。名刺用?

【デパート】
イチ押しに選んだ③も面白い作だったが、④「キラークイーン」が想像以上の秀作。
本当はこちらをイチ押しで選びたかったのだが自力で解けず。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇彩棋会作品展④ 岩本 修氏作
このタイトルが理解できる人は相当な事情通。改めて合掌。



  1. 2018/11/30(金) 00:01:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2018年10月号感想

裏短コン作品募集中です!
詳細は作品募集記事をご覧ください。


さて、詰パラ10月号の感想。
ちなみにこの号からPDF版でも購入できるようになったのは大ニュース!
PDFにしおりがあるか、検索ができるのか、といったことが気になるので購入した方は教えてください(←自分で購入して調べろ)。

■表紙
見た目よりも難しい。時間がかかってしまった。

■詰将棋学校
小学校から手強い。ちなみに小16はb)も必ず解くべし。それから小20は7手としては最上級の難解さ。
各校とも駒数の割に難しかった。

■平成30年度上半期 半期賞
山路さん祭。氏の過去の半期賞2作はいずれも看寿賞を受賞しているが、さて。

■ちえのわ雑文集
根津将棋の定跡が研究されているとは。
普通の対局で「飛車を根津飛車の動きで指してしまい反則負け」などということが起こらないか心配。
そういえば最近、某棋士がそんなことをやっていた気も。

■第29回社団戦参加記~3日目編~
相変わらずの強さ。ちなみに最終日も全勝で昇級したようで、おめでとうございます。

■結果稿
詰将棋学校では有吉さんが相変わらずハイレベル。
大学院、300手超えは結構な長手数なのだが「たった300手か」と思ってしまうのは感覚が麻痺しているのだろうか。
それはともかく、過去の作例や独自性についても調査しているのが凄い。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート③ 相馬慎一氏作
おなじみのアレとアレなのだが、この組み合わせは初めて見た気がする。



  1. 2018/10/31(水) 07:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0
次のページ

お知らせ

51手以上の作品募集中。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (25)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (31)
詰将棋解答選手権 (17)
発表作 (5)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (2)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (5)
大学院補足 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する