詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2018年4月号感想

某原稿を執筆中……。


詰パラ2018年4月号の感想。

■表紙
表紙初登場とは意外だった。高級手筋をサラッと表現。

■詰将棋学校
ネットでも作品を発表している作家が多数。現時点では、詰パラ誌上に入選したり受賞したりすることに一定のステータスがあり、また誌上にハイレベルの作品が集まっている。
しかし、この状況がこれからもずっと続く、というのは楽観的過ぎる考えなのだろう。

■2017年下期半期賞
事実、詰パラからの撤退を考えている作家もいるわけで。

■ちえのわ雑文集
昨年、ついに1万作を越えたスマホ詰パラ。
初心者であっても詰将棋作家デビューができるというのはやはり画期的。
全体的に見ると玉石混合ではあるが、「玉」も多数ある、というのは好作選を見ればわかる。
必ずしも詰パラ本誌にこだわる必要がない状況で、紙媒体に発表することの価値が改めて問われているように思う。

■結果稿
1月は全体的に控え目だった。
【中学校】
中1の作意5手目は65飛ではなく55飛が正しい。中2の作意7手目は56飛ではなく55飛が正しい。

こういうことを書くべきではないかもしれないが、黙ったままでは改善されなそうなので書いておく。
手順の誤記は何とかしてほしい。柿木将棋に図面と手順を入力しておいてコピペするなど、誤記が生じない方法はある。
作者の立場としてもがっかりするし、紙媒体では修正できずにずっと残ってしまう。
ネット発表作で解説もネット上、という場合は誤記があっても割と容易に修正できるのだが。

【短期大学】
短1。香香合を無駄合と言い切るのは苦しい気がする。まあ無駄かそうでないかと感じること自体が感覚的なものだが。

【大学】
大1、大2。やっぱり炙り出しは詰上り図を載せてほしい。
限られた紙面でやむを得ずカットされた可能性が高いが、このこともまた紙媒体の弱点の1つだ。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート④ 青木裕一氏作
手順自体は予想どおりだが、意味付けは前例が無いと思われる。




スポンサーサイト
  1. 2018/04/30(月) 22:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:3

詰パラ2018年3月号感想

遅ればせながら、スマホ詰パラ好作選2014-2016を購入。
解答選手権チャンピオン戦の参加記はまた別途。


さて詰パラ3月号の感想です。

■表紙
かなり難しかった。

■詰将棋学校
せっかくなのでタイムトライアルに挑戦。

【小学校】
とりあえず3分で5作とも作意らしきはわかった……変化を確認し終わったときは8分経過していたが(それは解けたとは言わない)。

【短期大学】
90分で4作しか解けず。ぐぬぬ。

■小ルーム
終わりは残念。

■たま研作品展
■創棋会
■九州G作品展
どの作品展も楽しめる内容。ぜひ挑戦を! できれば解答も!

■第15回詰将棋解答選手権のお知らせ
初級戦・一般戦は26会場! 参加者総数がどうなるか楽しみ。

■持駒のある風景
加藤一二三少年の詰将棋、なぜ44桂合、同香、43金合を入れてないのだろう。あるいは新聞向けということで削られてしまった?

■ちえのわ雑文集
コンピュータ(AI)との共存は、どの業界においても向き合わねばならない課題。
詰将棋界は今のところ恵まれているような気がするが、数年後にはAIによって特定分野の作品が掘り尽くされていたりするのだろうか。

■結果稿
【短コン】
11手×50作は壮観。
手筋物が意外と上位に入っていたという印象。

【同人室】
ヤン詰では2.2未満は入選とは見なされないわけだが、一方、(以下自重)。
次回は「さすが同人作家!」と思わせる作を希望。

【デパート】
いよいよ最後の解説ですか。デパート賞が何になるかも気になる。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇たま研作品展③ 馬屋原 剛氏作
今回の作品展の中では一番解き易いはず。解答をお待ちしております。



  1. 2018/03/29(木) 00:01:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2018年2月号感想

既に10日たってしまいましたが、
祝 藤井聡太先生朝日杯優勝、六段昇段!
それにしても、前回の記事の時点ではまだ四段だったはずなのに。



今さらですが、詰パラ2018年2月号感想です。

■表紙
3手目あっちからだと詰まないのがアクセント。

■詰将棋学校
全校ともかなりハイレベルな印象。

【小学校】
◯作目は裏短コンに出品予定だった作ですか。

■第15回詰将棋解答選手権のお知らせ
チャンピオン戦、出場を申し込みました。
初級戦と一般戦は某会場で運営担当の予定。
しかし「関西プロ団体戦」なる企画をチャンピオン戦に被せた企画担当者には教育が必要ですね。

■持駒のある風景
山田氏作の手数は11手ではなく9手。解くだけでなく手数もちゃんと数えるべし。

■ちえのわ雑文集
原稿締切を過ぎてから提出したのでゲラの確認ができず、直したい箇所が多数。
・平均点の計算式は、√を寝かせて書いた方が良かった。
・作品紹介で、①と②は玉方の持駒も表示させたかった。
・先手玉を動かす手の表記は「◯◯王」でなく「◯◯玉」が正しいっぽい……。

■将棋パズル雑談
解答者40名オーバーはすごい。第ϻ回裏短コンより解答者が多いって一体……。
ちなみに今月の出題も面白いのだが、㉕は余詰ありとのこと。

■結果稿
11月は期末だったこともあり、全体にレベルが高かった。
【中学校】
中25、極上の出来。

【大学院】
院10、面白かった。特に桂→香の持駒変換部分が巧妙に出来ている。
どうしても「LCM」と比較してしまうが、「ヘミオラ」の方がわかりやすくなっている。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月は、上記の原則を破ってこの作。
◇院4 添川公司氏作「内燃機関」
数え間違いや破調の見落としが無ければ800手台。しかし機構さえわかってしまえばそれほど難しくない。
なお、もう解いたという方は、次の設問も考えてみるべし(ちゃんと解けていれば答えられるはず)。
【設問】玉方82歩が「と」ではない理由を説明せよ。



  1. 2018/02/28(水) 18:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2018年1月号感想

そう言えばいつの間にかカウンターが1万を越えていました。ありがとうございます。


今更な感じもするし、何よりM輪さんの想定どおりというのが非常に悔しいが、詰パラ2018年1月号の感想を。

■表紙
作意はひと目だが、変化の深さは作者ならでは。

■詰将棋学校
比較的考えやすい作が多かったか?
それはそうと、p6以降、盤の右側に縦に並んでいる漢数字が微妙にズレているのが気になる。
2月号では直っているが。

■結果稿
【保育園】
数字の直後に「!」を入れるのは、階乗記号と紛らわしいので避けるべき、という指摘をしたのは誰だったっけ。

【小学校】【中学校】
平均点のみで全てが決まるわけではないのは十分承知しているが、2.2点未満が2作はいただけない。
在庫が無いとも思えないので、良い作を厳選してほしい。
ちなみに双玉であること自体が評価に影響するわけではなく、双玉であることの必然性が感じられるかどうかが重要だ。

【短大】【デパート】
短20久保作とデパート③相馬作。どちらも変わった意味付けの連合。
特筆すべきは、合駒回数の最大化よりも全体的な完成度を重視している点。
もちろん両立するのが一番だが、そうでない場合にどちらを重視すべきなのか。
後世まで残るのは、完成度が高い方、のような気がする。記録よりも記憶。

■デパート出題
長谷川さんはいきなり波乱の幕開け? これは投稿で応援したいところだが……。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート④ 広瀬稔氏作「わらしべ貧者」
何度見ても不思議。
こちらと比較してみるのも面白い。




  1. 2018/01/31(水) 23:50:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:1

詰パラ2017年12月号感想

本日は裏短コンの結果稿はお休みして、詰パラ12月号の感想を。


■表紙
難易度はこのくらいがちょうどいいかも。

■短コン
駒数は少ないものの、骨のある作もいくつかあり、11手×50問はなかなか大変。

■同人室
この課題での理想は、「限定打自体がテーマになっている」さらに「限定打2回がそれぞれ単発ではなく、複合的な意味付けになっている」というパターン。
例えば上田吉一氏の17角37角や、三谷郁夫氏の67角68角。
限定打自体をテーマにした作がほとんど無く、手順中に限定打がたまたま含まれている普通の作が多数なのが残念。

■創棋会作品展
チャレンジしがいのある課題。

■ちえのわ雑文集
やはり煙詰を手掛けたことがあるかどうかで逆算の技術が雲泥の差。
それはそうと、自分の手が入った作品の行く末を他人に委ねる気にはなれない、などと考えてしまう自分はきっと古いのだろう。

■スマホ詰パラ優秀作作品展
全然最近の作ではない、というのは置いておいて、作品紹介は毎月実施してほしい。

■結果稿
【中学校】
謎の新人? 三本氏の次作にも期待。

【短大】
「ルントラウフ」についての説明が無いので、とりあえず。
初形で地点Aに存在する駒(もしくは手順中で地点Aに発生した駒)が、別の地点(最低2箇所)を経由して地点Aに戻るとき、ルントラウフと呼ぶ。経路は不問。
短11だと、初形で13にいる飛が13→23→24→14→24→23→13と移動していることがわかる。
ちなみに、13→23→13のように、1箇所しか経由せずに元の地点に戻る場合はスイッチバックと呼ぶ。

【大学院】
こっちでもルントラウフが。
院5、院6どちらも面白い趣向。

【アマ連杯握り詰】
メール解答OKだった割には解答者は増えず。
それはそうと、誌上での入選は今年も1作のみ。まあこれからもマイペースで。

【創棋会作品展】
裏短コンに出品いただいたルモさん、柳原さんがこちらでも揃って入選していた。
それにしても④は点数高っ!

【デパート】
充実の選題だった。これは解いておくんだった。
後任も決まったようだが、これは相当なプレッシャーが・・・。

■第12回 ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート② 山田康平氏作
潜在シェルターっぽい、というか発展形か?




  1. 2017/12/29(金) 00:01:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:1

詰パラ2017年11月号感想

裏短コンの詳細は出題記事をご覧ください。


さて、詰パラ11月号の感想を。

■表紙
難しかった。改めて解いたところ、変化を詰ますのに再び大苦戦。

■詰将棋学校
どこも充実の選題。なお実際に解けているのは一部のみ・・・。
武島さん同人入りおめでとうございます。

■名局ライブラリー
第430局の鈴川氏作は、駒数を減らした改作図がある。(84銀・91桂→84と、57金→57と)
それに一言も触れていないばかりか、短編名作選にも原図で収録している(そして「初形にやや不満」とか解説している)のはいただけない。

■将棋パズル雑談
今月は簡単なはず。
ちなみに裏短コンにも「局面の合法性」がテーマになっている作が1作あるため、要チェック!

■結果稿
詰パラ2017年8月号感想で、「誤解者がそれなりに出そうな作がいくつか見受けられる」と書いていたが、やはりというか何というか。
ただし、誤解者が多いことが必ずしも高評価に結びつくとは限らないようで。

【大学院】
三輪氏作は余詰ありらしい。
詰パラ2017・11月号(結果稿)大学院③そのⅡ
ソフト検討の盲信は危険だということ。
ちなみに裏短コンにも、柿木将棋Ⅸ(Ver9.22)に解かせると正解を答えないものがあるため、要注意!

■第11回 ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート① 相馬慎一氏作
例の筋、なのだが、それに付随する罠に見事に引っかかってしまった。



  1. 2017/11/24(金) 00:01:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:2

詰パラ2017年10月号感想

裏短コン作品 大大大募集中です!
詳細は作品募集記事をご覧ください。
ちなみに投稿作は10/31の時点でようやく7作。何でもいいから今すぐに創って送るべし!


そして例によってギリギリに感想を書き始める。

■詰将棋学校
解きたいと思わせる作者名が多いものの、自分の解図力の無さに絶望する日々。

■おもちゃ箱だより
『GOLD LEAF』って早詰なのかな。確認した限りでは、非限定やと金を余分に捨てることができる箇所はいくつかあるものの、早く詰む順は見当たらないのだが。
※どうやら早詰というのは誤りだったようだ。⇒河原泰之「GOLD LEAF」について(お詫びと訂正)

■結果稿
全体的に点数が伸びていない気がするのは、解答者が無意識のうちに7月で発表された看寿賞作品と比べていたからだろうか。

【詰備会作品展】
学校よりもレベルが高い?

【うまとり會作品展】
なかなか面白い作が多かった。
ところで、勝ち負けの判定方法について。
単純に「平均点が一番高い作の会合が勝ち」とすると、作品展の参加者が多い会合が有利になり、参加者が少ない会合が不利になってしまう。
「各会合の作品中、最も平均点が低い作をその会合の代表とみなす(1作のみの場合は必然的にそれが代表)。各会合の代表の中で、平均点が一番高い作の会合が勝ち」としてみてはどうだろう。
・・・あれ、やっぱりとり研の勝ちだ。
※出題時も結果稿でも触れられていないが、勝ち負けの判定は、「全作の平均評点の平均で競う」となっていたようだ。
 a~fを各作の平均評点として、
 うま: (a + b + c)/3
 とり: (d + e)/2
 會: f/1

■デパート出題
これは何としてでも解かなければ。
ところで後任は決まっているのだろうか。

■第10回 ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。

今月は迷った末にこれで。
◇九州G作品展① 広瀬 稔氏作
相変わらず独特な表現方法。



  1. 2017/10/31(火) 23:30:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2017年9月号感想

完全版看寿賞作品集、入手しました。


■詰将棋学校
解きたいと思わせる作者名が多い・・・しかし駒数が少ない割にやけに難しくない?

■全国大会レポート
17ページを割いた詳細レポート。大会の雰囲気が参加できなかった方にも伝わってくれれば。
握り詰&大会記念詰将棋の解答もお待ちしています。メール解答も可です。

■ちえのわ雑文集
致命的な誤植がいくつかある(次版で修正される?)ことを認めたうえで、短編名作選、自信を持ってオススメです。

■結果稿
【A級順位戦】
①の優勝は予想通り。⑤の作者も予想通り。

【B級順位戦】
⑤の1位は予想通り。①や③が残れないのは理不尽な気もするが。

【C級順位戦】
⑨の1位は予想通り。

全体を通じての感想。
・上位に入るレベルの作を継続して用意するのは、1年1作というペースであっても難しい。
・順位戦の傾向として形よりも手順が第一となるのは仕方がないが、やはり大模様の配置はそれに見合うだけの内容を伴っていてほしい。
・同じ大模様であっても、「横はそれほどでもなく縦に広がった配置」と「縦はそれほどでもなく横に広がった配置」では、前者の方が受け入れやすい。
 どうやら詰将棋の世界でも「背の高い痩せ型」>「背の低い肥満型」のようだ。

【同人室】
渾身の解説。
『「作品」に対しては厳しいことを申し上げても「作者」への敬愛は変わらない。』

【彩棋会作品展】
他のコーナーで目立った作があった分、何となく地味な感じに。

【詰工房作品展・創棋会作品展】
やはり不成以外のテーマを扱った作の方が注目度は高い。

【表紙】
9手目までの内容が良いだけに12手目の非限定は無茶苦茶気になる・・・。

■第9回 ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。

今月は迷った末にこれで。
◇創棋会作品展④ 柳原裕司氏作
この条件下でこれほど手順本位の作ができるとは。



  1. 2017/09/27(水) 22:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2017年8月号感想

今月は割と早目に書き始めたはずが、結局月末ギリギリに・・・。



■詰将棋学校
今月は各校とも割と易しめかも・・・と思わせておいて、誤解者がそれなりに出そうな作がいくつか見受けられる。

■内藤國雄の小ルーム
意外と難しかった。実はあぶり出し?

■ちえのわ雑文集
脊尾詰、詰む詰まないの判定だけなら柿木以上に優秀。
作意手順を入れたkifファイルを読み込ませて余詰探索のみを実行できるようになればもっと便利になるのだが。

■将棋パズル雑談
今月も面白い。

■2016年度デパート賞発表
デパートは平均点が存在しないので、どういう基準で選出するかというのはなかなか難しそうだ。

■第4回春霞賞発表
受賞作が看寿賞と被りまくったのは仕方無し?

■結果稿
【短大】
短25は回収手筋とは呼ばない気がするが……。

【デパート】
5月号は後年まで語り継がれる伝説の選題だったのかもしれない。
今さらだが解答しておくんだったか?

■第8回 ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。

今月は迷うことなくこれ。
◇デパート③ 今村修氏作
摩訶不思議な構想作。◯◯◯よりも□□□の方が価値が高いとは・・・。

  1. 2017/08/30(水) 00:01:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2017年7月号感想

例によって月末にパラ感想を書く・・・。


■表紙
有り得ないくらい解くのに時間がかかった。異色だが好作。

■詰将棋学校
下半期開幕。もしこれらの作を全国大会前に解いていたならば、全国大会のときに話のネタにできたであろう(仮定法過去完了)。

■看寿賞発表
22ページを割いた、ボリュームたっぷりの内容。紙面に載せ切れなかった議論も多数ありそう。
選考や討議に文句を付けている輩は、WFP85号の3ページ目を改めて読んでいただきたい。

■詰備会作品展、うまとり會作品展
看寿賞作家率の高さ。もしこれらの作を全国大会前に解いていたならば(以下略)

■結果稿
全体に曲詰が多かった。これはちゃんと解いておくべきだったか。

【中学校】
・中17は、ほっとのイチ押しにしたかった作。
・中20の2手目はヤケクソ中合ではない。ヤケクソ中合というのは、「どうせ後で取られてしまうので、先に移動中合することによって手数を2手伸ばす」というものだ。

【大学】
大11は解かなかったことを激しく後悔。◯◯氏だと知っていれば何としてでも解くべき作だと認識できたはずだが。

【デパート】
⑤田島作は相変わらず驚愕の内容。

■第7回 ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。

今月も迷いに迷った末に、これ。
◇詰備会作品展② 行き詰まり氏作
3~7手のトリッキーな開き王手系作品の印象が強い作者だが、そのような作を多数発表する傍ら、少し長めの手筋物も時折発表していた。
本作は後者の路線。打ち捨て物としては王道の手順が楽しめる。


  1. 2017/07/31(月) 00:01:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0
次のページ

お知らせ

第15回詰将棋解答選手権、初級戦・一般戦は運営側でした。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (13)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (16)
詰将棋解答選手権 (13)
発表作 (5)
詰将棋全国大会 (6)
会合参加記 (1)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する