詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

第33回詰将棋全国大会(5)【完】 懇親会

今回は懇親会について、運営視点から書きます。第33回全国大会の記事としてはこれで完結です。


懇親会は、ウインクあいちの近くのスペイン料理店『エルホールダイニング』にて。
懇親会会場としてここを設定したのは自分なのだが、予想よりもかなり人数が増えてしまい、手狭で料理の量も控え目となってしまった。

そして中盤で大会記念作品2作の正解&作者を発表。手順の正解者は多かったものの、作者当ては難しかったようだ。
作者を2作とも的中させたのが3名だけ! S川さんはさすがとしか言いようがありません。
そして握り詰の投票結果は、何と2作が最多票数で並んだ。結局懇親会での拍手の大きさでT氏が1位、Y氏が2位となった。
3位は常連のU氏。これら3作や惜しくも入賞ならなかった作も含め、いとも簡単に合駒を出してくる作が多数あり、その手腕に感心。
未参加の方は、詰パラ9月号を楽しみにしていただきたい。

それから名前だけ知っていて今回初めてお会いできた方々も数名。もっと多くの方と話したり話を聞いたりしたかったが、こういうのはこちらから話し掛けるようにしなければ。

そんなこんなで気付けば終了の時間に。何故かM君が締めの音頭。

この後は運営スタッフ数人と、運営ではないのに何となく着いて来てしまったT氏を交えて、喫茶店で反省会。
大会準備で購入したものやコピー代の一部を軽く精算、大会アンケートも一箇所に集めたりしたが、いろいろあって疲れているので何かあればまた後日ということに。

反省点も数え切れないほど多かったが、多数の方々に支えられて何とか終えることができました。
『現代詰将棋 短編名作選』の刊行、前夜イベント、藤井四段の参加など、例年にも増して濃い出来事が多く、忘れられない全国大会となりました。

他のスタッフ、そして参加いただいたすべての方に、改めて心から感謝いたします。
ありがとうございました!


スポンサーサイト
  1. 2017/07/28(金) 00:01:00|
  2. 詰将棋全国大会
  3. | コメント:0

第33回詰将棋全国大会(4) クイズ100人に聞きました・・・みたいなもの

今回は第二部のレクリエーション「クイズ100人に聞きました・・・みたいなもの」について、運営視点から書きます。


チーム分けはこちらを参照。
事前に集計したアンケートの質問の回答者数が獲得点数になるが、回答が1名だったものを答えることができたら10点獲得、というのがポイント。
しかしAチームとBチームの6名に壇上に登ってもらって、ルールを説明後、さてクイズを開始しようとしたところでトラブルが発生。
全部の答えや人数(見せてはいけない項目)をスタッフのパソコンに表示し、今まで出た回答や両チームの得点(見せたい項目)をスクリーンに表示させるはずだったが、表示がうまくいかない! 

10分以上粘った挙句、結局1台で実施することは諦め、パソコン2台のうち1台に集計結果を表示させ、もう1台(こちらをスクリーンに表示)に得点など、見せたい項目をリアルタイムで手入力していく、という方法に切り替え。
この時点で白けた雰囲気となってしまい、申し訳ありませんでした。

それでも決勝は2問ともなかなか白熱した展開となって良かった。
「正解したらパネルが開き、獲得した得点が加算されていく」という様子を見せることができていればもっと盛り上がったはずで、そこは非常に残念。
司会の石黒氏にはどれだけ感謝してもし切れません。

そしてこの企画が押してしまったため、一人一言が超縮小版になってしまった点もいただけなかった。
アンケートの集計にやたらと手間がかかっていた割には、使われずに終わった質問も多数あり、企画段階でかなり無理があったようだ。
次回以降のスタッフは、こんなことにならないよう、失敗しにくい企画を選定し、現地でのリハーサルもちゃんと実施した上で本番に臨んでいただきたい。
(続く)

  1. 2017/07/26(水) 00:01:00|
  2. 詰将棋全国大会
  3. | コメント:0

第33回詰将棋全国大会(3) 解答競争

今回は解答競争について、運営視点から書かせていただきます。



実は6月中旬の段階では数作しか用意できておらず、香龍会メンバー数人で用意することに。
自分も6月の終わり頃にかけて10作ほどでっちあげる。
最終的に40作くらい集まった中から、7/2に臨時香龍会を開いて選題、順番も決定。
ちなみに3手詰の10番はゴリ押しして入れてもらった。

1問あたり正解は3点、誤解はマイナス1点、無解は0点。時間は15分間で30問、最後の10問中には不詰あり、という鬼畜な条件。

さて本番開始。開始してすぐに藤井四段の周囲に群がるカメラマン。対局ではもはやお馴染みとなった光景(今回はむしろ少ない方)だがやはり凄い。
やはり全体的に難しかったようで、脱落者多数。ちなみに司会の石黒氏も途中でギブアップして司会に専念。
後で気付いたが、15分タイマーのアプリを用意してスクリーンに映しておいた方が良かった。今回はこんなことばかりですみません。

10番と20番で多数の誤解が出たのは予想どおり。これらを含め、自作はいずれも解答競争向けに特化した作で、投稿しても絶対に入選しない類のもの。
図を示しておくので、初見の方はぜひ挑戦を。





解説は気が向いたら書きます。
(続く)

  1. 2017/07/24(月) 00:01:00|
  2. 詰将棋全国大会
  3. | コメント:2

第33回詰将棋全国大会(2) 第一部

今回は全国大会の第一部について、運営視点から書きます。


全国大会のメインイベントは、何と言っても看寿賞の表彰。今年は受賞者5名全員が出席! やはり本人からコメントが聞けるのは嬉しいところ。
自分は看寿賞受賞作品の解説資料作成と、当日の解説を担当。
当初は、詰パラ7月号に掲載されている内容をそのまま資料にすればいいか、と考えていた。
しかし、短編はともかく中長編については、初めて読む人が理解できそうにないので、変化紛れ図や途中図を入れて加筆。
ついでに1作は見開きで収まっていた方が見やすいか、などと考えているうちに結構なボリュームになってしまった。
図面があまり綺麗でなかった点は反省・・・というか、そもそも前日の講義で図面作成ツールについて話しているのに、印刷が綺麗になるやり方を把握してないのかという話だが。

当日の解説については、KIFファイルを事前に沢山用意しておいて、手順を順番に進めれば良いだけにしておいたので、割とスムーズに行った……はず。指摘されてから気付いたが、柿木の画面はもっと大きくするべきだったと反省。
ともあれ、自分のメインの仕事はひとまず終了。

あ、もう一つ重要なものがあった。懇親会会場に人数の連絡をしなくては。懇親会参加人数の集計は? (この時点で99名だったため店には100名で連絡。後から懇親会のみの飛び入り参加が1名いたためちょうどになった)

そして、ついでに第二部のレクリエーション「百人位に聞きました(仮)」のチーム分けを考える。
実は出場希望者が30名以上! 出場希望者が少ない場合、頼んで出てもらおうとしていたのだが、杞憂だった。
というか逆に困った。さすがに全員を出場させるわけにはいかない。
12名選んでチーム分けをすることにしたが、無作為に選ぶと偏りそうなので、他のスタッフと相談して次のような方針で選んだ。
(1)出場希望者の中で、今年の看寿賞受賞者3名はそのまま選出。そして彼らとほぼ同世代の若手看寿賞作家1名を選出。この4名はチームリーダーとする。
(2)愛知県内からの参加者の出場希望者がちょうど4名だったので、地元枠として各チームに1名ずつ振り分け。
(3)せっかく出場希望していただいた谷川九段、竹中さんを選出。後はできるだけ参加の少ない方を選出。

というわけで、かなり作為的な選出であった。
出場希望されたのに漏れた方は申し訳ありません。このような企画に確実に出場したい場合は、看寿賞を取るか、全国大会開催地に引っ越しましょう。
なお、チーム分けが完了したのは第一部の終了直前。休憩前に発表しておくべきだっただろうか。

そんなこんなで、看寿賞の作品紹介の後は主にホールの外にいたので、門脇芳雄賞や握り詰の解説についてはあまりコメントが聞けず。まあ仕方なし。

(続く)

  1. 2017/07/23(日) 09:00:00|
  2. 詰将棋全国大会
  3. | コメント:2

第33回詰将棋全国大会(1) 前夜イベント

第33回詰将棋全国大会、今年は運営側でいろいろやってました。
前夜イベント・当日とも大盛況。参加された皆様、ありがとうございました。

今回は前夜イベントについて。


前夜イベントで講師を担当させていただいた。
自分の講義の順番は元々3番目の予定だったが、他の2名の講師の会場到着がどちらもギリギリになってしまったため、順番を入れ替えてトップバッターに。
どうせ発表するのであれば、順番が早く終わっている方が、気楽に他の講義を聴講できて良い。

ちなみに、PowerPointのスライドを当日の香龍会のPM中に手直ししていた。
そして配布資料の印刷が終わったのが15:30頃。もっと早く作っとけという話だが。
このときは40部あれば足りるかと思っていたが、前夜イベントから66名の参加があり、他の雑用スタッフが資料を追加でコピーしていた。

タイトルは「詰将棋の主な創作・解説支援ソフトの紹介と提案」。
予告でのタイトルは「詰将棋解説、解答支援ソフトの紹介と提案(仮)」となっていたが、解答にソフトを使用することを推奨するようなタイトルはダメだろうということで、ちょっと変更。
内容としては、現存する創作支援ソフト・解説支援ソフトの紹介、今後こんなことができれば便利だと思う機能について。

講義としての予定時間は50分だったが、質疑応答を含めて40分弱で終了。
まあ他の2名がもっと時間がほしいと言っていたので、このぐらいでいいかと。
なお、質疑応答で、下記のような指摘も。
 ・iPhone版のWhite Solverは、実は存在しない。
 ・投稿用紙作成ツールで、略記機能は試みている。
 ・指将棋についてAIで自動的に解説を行う、という研究は現在行われている。

リサーチ不足を露呈する結果となってしまった。
それから、アンケートでは実演が欲しかったという指摘が多かった。確かに実際にやってみせた方が良かった・・・。
いろいろと準備不足だったが、そもそも準備不足の原因は看寿賞作品の解説を用意するのに時間がかかっていたため。
(これについては次の記事で書かせていただく)

また、講義2(鈴川さん)は、「美学・藝術学の視点から現代詰将棋を俯瞰する」というテーマ。
実は配布資料が想定していたものと異なっていた(レイアウトが崩れていたり、数式が消えてしまっていたり)。
そして講義内容はかなり難解な話題が盛り込まれており、
 1.美学とは何か
 2.藝術の定義
 3.センスと感性
 4.カタカナ語による美学
 5.現代詰将棋の今後(議論のポイント)
こんな感じ。聴講者は着いて行けたのだろうか。
質疑応答では講義の論旨とズレた指摘が多かったのが残念。

講義3(久保さん)は、「れんあい(恋愛、ではなく連合)の研究」
冒頭や途中で挟まれるネタが面白く、そしてメインの部分もわかりやすくて面白かった。
質疑応答で、「過去の発表作の分類だけでなく、(まだ作例は無いが)分類上はこんな意味付けも考えられる、という形にすべき」
という指摘があり、それに対する回答は、「作例の無いパターンは自分で作りたいので、今回は既発表作の分類に留めました」とのこと。

そんな感じで21:40頃終了。初めての企画にしてはまずまずだったか。
欲を言えば、講義の時間を14:00~17:00ぐらいにして、その後懇親会という流れが良かった。
(本番は翌日なので、運営スタッフは飲むわけにいかないかもしれないが)

(次の記事に続きます)

  1. 2017/07/20(木) 00:01:00|
  2. 詰将棋全国大会
  3. | コメント:0

第32回全国大会参加記

1週間経ってしまいました。既にあちこちでレポートが書かれているので、個人的な行動を中心に書きます。


7/17(日)全国大会当日!

夜あまり寝られず、5:00頃目が覚めてしまう。ここで寝るとまずそうなので、詰パラを解いていると、いつの間にか朝食の時間に。
6:50 ホテルの朝食を取る。なかなか美味しかった。
7:20 迷いそうなので少し早目にホテルをチェックアウト。
7:30 10分であっさりと大阪駅に到着。昨日のは何だったのか。
7:40 新大阪着。予約した新幹線は8:24発なので、ちょっと早すぎたか。
9:10 岡山着。
9:30 倉敷着。
飲み物を買ったり、今晩泊まる予定の倉敷ステーションホテルに立ち寄ったりした後、会場を目指す。

10:15 受付にはまだ早いようなので、隣の大山名人記念館へ。展示物を見ていると、浦野八段・北浜八段が来館。
たこ研の話をしていると、広島のK山さん、佐賀のO田さんも来館。
さらに、関係者だと思われたのか、世話人の方から飲み物を出していただく。
ただの一般人なんですが、せっかくなのでいただきます。ごちそうさまでした。

11:00になり、受付開始。参加費を払い、早速「しろかわ」「星河」「解答選手権2016」を購入。
参加賞の「中四国詰将棋作家一局集」も読み応えあり。
その後は看寿賞作家のK山(倫)さんにご挨拶。最近はまったく作っていないとのこと。短編の数々をリアルタイムで体感した者としては是非新作を見たいところ。
その後、看寿賞作家のO村さんに挨拶したり、看寿賞作家のK林さんから小冊子をもらったり。
そうこうしているうちに時間となり、いよいよ開始。

■第一部
<詳細な内容については、既に詳細なレポートが出ているので割愛します>
握り詰解説は、H井さんがヒントを出しつつ、H谷川さんがその場で解くという形式。
しかし後半は合駒がぞろぞろ出てくる作品が多数あり、あれをすぐに解けというのは厳しい。
最後の方は時間が押してきて、面白いコメントもあまりなく、時間少しオーバーで終了。いろいろと改善の余地はありそう。

作品については、以前記事にしたことがあるが、使用駒に必然性がある作はほとんど無かった。
使用駒が今一だった感じもするので、来年の握り役の方は頑張って握るように。

休憩時間中に、看寿賞作家のK坂さんに小冊子をおねだり……ってさっきから物をもらってばかりじゃないか。
S川さんからは、ちえのわ雑文集の原稿を依頼される。近いうちに書かせていただきます。

■第二部
<詳細な内容については、既に詳細なレポートが出ているので割愛します>
・ミニ解答選手権について
 K山さんの作品群は30~20年ほど前に発表されたものだったが、予選、決勝とも見覚えのある作が多かった。
 というのも、ほっとが熱心に解答をしていた時期と被っているから。
 かなりのアドバンテージを有していながら、予選通過、決勝とも結構ギリギリの勝負になってしまった。
 まあ、勝てて良かった。

・懸賞詰将棋
 やっぱり暗算で解けるこのくらいのレベルが丁度良い。来年もこれを目標にしよう。

そしてキッチリ時間どおりに第二部終了。素晴らしい。
このあと朝日新聞の村瀬記者にインタビューを受ける。そして新聞にフルネームで本名が載ってしまった。
喋ったことの大半はカットされてしまったようだが、まあいいか。

■懇親会
・大山名人クイズの(7)初形「大山」の作が仲々詰められず。何とか〆切直前で詰めて応募箱へ。
 全題正解だったようで、景品をいただく。

懇親会でもいろいろな方と喋ったが、1点だけ紹介。
・おもちゃ箱の推理将棋コーナー担当のNAOさんに、投稿したい作があることを伝えると、「8月分はどうするかまだ決めていない。内容によっては即採用」とのこと。
 全国大会の翌々日に投稿したら本当に即採用されてしまった(笑)。
 推理将棋第104回出題(8月20日まで)
 着手するマス目はおろか、筋や段も一切明かされていないため、難解だとは思いますが是非挑戦を!

そんなこんなで懇親会は終了。素晴らしい大会でした。

この後一旦ホテルの部屋に戻り、少し横になったのがいけなかった。気付いたら23時。
どこかで行われているであろう二次会に合流しようかと思ったが、気付いたらまた眠りに落ちていた。
お酒はセーブしていたつもりなのに駄目駄目すぎでした。

■翌日
泊まった詰キストが多かったようで、朝食を取りに地下の料亭に行くと、詰キストが多数登場。みんな元気すぎます。
K坂さんにステイルメイトの作図問題を出されるも、盤駒がないと無理。

9:00過ぎにホテルをチェックアウトし、倉敷の美観地区の観光に出発。大原美術館に行き、U田さん御一行になし崩し的に合流する。
美術に関しては素人なので、解説が無いとわからない。いや、解説されてもわからないかも。
少なくともT島H男さんの作品の方がずっと理解しやすい、多分。

レストランで少し早目の昼食を食べたあと、U田さん御一行は車で帰られるとのことで、1人で引き続き観光。
星野仙一記念館やら倉紡記念館やらなんやかんやと行ってきました。
倉敷、とても良かったです。また来たいですね。

しかし歩き回り過ぎて足が疲れた。あと帰りの新幹線を遅い時間にしすぎて時間が余りまくってしまった。
予定なしの旅も良いが、しっかりと観光を楽しむには、事前に綿密な計画を立てておかねば。
  1. 2016/07/24(日) 22:00:00|
  2. 詰将棋全国大会
  3. | コメント:2

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (13)
詰パラ感想 (8)
その他 (3)
チェックリスト (0)
詰将棋解答選手権 (9)
勝手に解説 (1)
会合参加記 (1)
発表作 (3)
詰将棋全国大会 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する