FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

第ч回裏短コン「scissors」

★お待たせしました、優勝作品の登場です!


優勝
「scissors」
有吉弘敏
ura4_14_scissors.png
87角、63玉、76龍、64玉、54馬、同玉、74龍まで7手。

点数012345678910
人数00000033489

正解28 誤解0 無解2 評価無効1
得点2.858
人気投票 1位:11票 2位:9票 3位:2票
ベストタイトル投票:1票

★詰パラでの出題作がほぼ例外なく高得点の有吉さん登場。
★18馬、36龍のバッテリーが気になりますが、初手いきなり34龍では65玉で全然ダメ。また、初手56龍は18龍、36角、45香合くらいで逃れ。初手に龍を動かすのは詰みません。
★初手は角を打ちますが、87角が意味深な好手。2手目の応手もいろいろありますが、
  ・同龍なら56龍以下。
  ・65歩合なら34龍まで。
  ・76歩合なら同龍、18龍、74龍まで。
 ということで、63玉が最善です。
★ここで、74に利かせる76龍が継続手。18龍なら73龍まで。また62玉なら73桂成以下。64玉が最善です。
★以下は54馬と捨てて74龍で詰み。初形と逆側にバッテリーができて両王手というストーリーでした。

★ちなみに、最初の投稿図はこちらでした。
ura4_14_scissors_Hosoku1.png
98角、74玉、87龍、75玉、65馬、同飛、76龍まで7手。
★6手目同玉、85龍まで、を作意にしたいところですが、85龍のところ84龍以下でも詰んでしまいます。
 そんなわけで6手目同飛が作意になっていますが、バッテリーの組み直しがテーマと考えると、6手目は是非とも同玉にしておきたいところです。
★また、4手目56飛!とされると、どうしても9手駒余りとなってしまいます。有効合とみなすかどうかは微妙なところですが、できればこのような受けは解消しておきたい。
★改善の余地あり、ということで手直しを依頼し、再投稿いただいたのが出題図です。

作者
手順の絶対性や、変化・紛れの設定や全ての駒配置の意味付けなどが明確になると共に、初手の限定打が捨駒にできた事で改善できました。選者の方には深謝しかありません。
85桂配置は83とにするか最後まで迷いましたが、左に追う不利感が多少なりともあればという感覚で本図にしています。
★最初の投稿図と比較すると、指摘した2点が解消されただけでなく、初手・3手目の味も格段に良くなっていることがわかります。
 この形で出題することができて本当に良かったです。優勝おめでとうございます。

まつきち
87角と18馬がハサミの両刃という意味でしょうか。あるいは変化の34龍との二つの両王手も?

野々村禎彦
右バッテリーで仕留めるはずが、左にもバッテリーを後から作りそちらで仕留めるマジック。
さらに右バッテリーの馬を捨ててトドメにする完璧な構成。
しかもこれだけの舞台を12枚で実現。手順にぴったりのタイトルも素晴らしい。
★タイトルは54でクロスする18馬と87角のラインをハサミに見立てたイメージでしょうね。

くじら
バッテリーの入れ替えですか。玉を5筋に配置したのも相まって,左右反転したように見えるのが面白い。

竹中健一
87角と76竜のセット技がうまいですね!

みつひさ
超絶技巧。夢のような手順。

おかもと
鋭鋏。

山下誠
これは凄い手順。大駒を動かす手が全て妙手。

馬屋原剛
限定打から龍を逆サイドに持ってきての両王手とうまくできている(既視感がなくもないが)

嵐田保夫
8七角~7六龍は絶妙の含蓄手順。

soga
逆サイドに出現したバッテリーで決める

大瀬戸
夢のような手順

園川
夢の手順が現実の盤上に出現した。

高縄山ろく
7手の構成として申し分ない。

NZ
87角~76龍がなかなか見えませんでした

占魚亭
バッテリーを組み換え、両王手で仕留める。動けぬ受方竜が泣いている。

★絶賛の嵐でした。
★さて作者予想です。

イキロン
中村雅哉作(確か)と比較したとき、本作は87角の強度が素晴らしいですね。無駄のない美しい作りで、〇〇氏と予想します。
作者予想:絶対優勝するマン
★中村氏作がよくわかっていないのですが、ちょっと違うような。

あたまかな
見た目は綺麗な仕上げの見本。
手順はセンス有るまとめは誉めるしかない。
作者予想は園川氏

青木裕一
限定打、利きを止める限定移動と密度の濃い作品。
作者予想は有吉さんと迷ったけど、園川さん。
★またしても二択を外してしまいました。

奥鳥羽生
右側のバッテリーが知らない間に左側のバッテリーに変わっているという妙。(馬屋原さん・有吉さん)
★複数予想は反則です(笑)。

三輪勝昭
バッテリーの入れ替えが巧妙な変化で創られているのが素晴らしい。
タイトルはピンと来ない。
僕なら組み替えを意味する言葉にするかな。
作者予想a=有吉弘敏作。
順位予想=優勝。
(a=自信あり、b=もしかしたら当り、c=当てずっぽう、d=参考にする作品がない作家)
★順位も含めて見事に的中。個人的には、タイトルは説明的なものよりもイメージ・雰囲気を重視したいです。

ルモ
右にバッテリーがあったはずなのに、左から両王手!?凄すぎ!かっこよすぎ!
作者予想:有吉弘敏氏

梶谷和宏
バッテリーを組みなおして、右側からではなく左側から仕留めるのか。これは高度な演出ですね。有吉さんですかね。

絶対優勝するマン
バッテリーを右から左に転換して両王手。初手は龍の利きに限定打。こうであってほしいという手順が見事に実現されている。作者予想は有吉(弘)さん。

太刀岡甫
捨駒として打った角のラインにピタッと着地する龍。馬を能動的に捨てて両王手と濃い内容で、創作難度はかなり高いと思う。
作者は有吉弘敏さん。

シナトラ
右にあるバッテリーが消えて左に。この狙いを7手で表現しようとした意欲と、実現した確かな手腕に賞賛の拍手を!
作者予想:最近絶好調の有吉氏
★奥鳥羽生さんを除くと9名中6名的中。わかるものなんですね。

★最後に、作者が似ていることを気にしていた作を紹介します。

■武島広秋氏作 詰パラ2017.7
ura4_14_scissors_Hosoku2.png
14馬、38玉、25龍、37玉、47角成、同玉、28龍まで7手。
★180°回転させればかなり似ていますが、こちらは最終手が開き王手となっており、そのため初手が捨駒にできません。
 一方、「scissors」は最終手が両王手のため、初手が龍の利きへの捨駒にすることができています。
 そういった観点から比較してみるのも面白いと思います。



スポンサーサイト
  1. 2019/01/06(日) 00:01:00|
  2. 第ч回裏短コン
  3. | コメント:5

お知らせ

第ч回裏短コン解説記事を順次発表中!

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (24)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (24)
詰将棋解答選手権 (13)
発表作 (5)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (1)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する