FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2019年5月号感想

ようやく令和最初の記事。


詰パラ2019年5月号の感想。

■表紙
難易度・解後感とも表紙として理想的な出来。

■詰将棋学校
期末にして令和最初の選題。各校ともそれほど期末っぽくなさそうだが、これは解かねば(解けるとは言ってない)。

【大学院】
〇〇特集。
ところで5/25、26に岐阜県不破郡関ケ原町で『関ケ原 春の武将イベント』が開催されたらしい。
イベント前に記事をアップできなかったのは痛恨。

■第16回詰将棋解答選手権チャンピオン戦報告
臨場感溢れるレポート。今年は本当にドラマチックな結果だった。
出場選手全体のレベルも年々上がっているようで、50点だと順位は中央よりも下、60点なら半分よりは上だが上位1/3にも残れない。
その中でも上位3人は別格……そして彼らをして満点に届かない選題はやはり鬼レベル。

■ちえのわ雑文集
指将棋メインで楽しむ人の中に、詰将棋が好きではない、という人達がいるのは事実。
推察するに「詰将棋は自力で解かなければいけない」という思い込みがあるのかもしれない。
そんな人には、ぜひ以下のページを読んでほしい。
詰将棋鑑賞、超入門!
詰将棋鑑賞、超入門!(2)
鑑賞としての詰将棋短編名作選

鑑賞物としての詰将棋作品論

■第35回全国大会ご案内
握り詰は結局できず。もう少し手数上限が長いか、もう少し高い駒が多ければ。

■将棋パズル雑談
今月も面白いので是非挑戦を。

■会合案内
名前の間違いが多い…初めての参加者というわけでもないのに。

■結果稿
2月はなかなかハイレベルだった。

【小学校】
裏短コンの影響もあってか、「シフマン」という名称が定着しつつあるようだ。

【中学校】
この5作をよく揃えたもの。

【大学院】
院4のⒶの紛れはWhiteSolverで調べてもらい、どうやら逃れ。よかったよかった。

【デパート】
⑤は評価に悩む……。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート① 青木裕一氏作
不思議な応酬。もう少し捌ければというところだが。



  1. 2019/05/31(金) 23:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

お知らせ

51手以上の作品募集中。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (25)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (34)
詰将棋解答選手権 (17)
発表作 (5)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (2)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (5)
大学院補足 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する