FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2019年9月号感想

裏短コンは某氏に開催を引き受けていただきました! お楽しみに。


詰パラ2019年9月号の感想です。

■表紙
これを6×6以内と呼ぶのは非常に抵抗がある。
それから、63桂と74桂は先手63歩の1枚で代用できるとか右に3路寄せれば香が省けるとかいうツッコミは野暮?

■詰将棋学校
【小学校】
小12が面白い。しかし狙いについて注記しておいてほしかった。

その他、全体的に、作者の持ち味が色濃く出た作が多いという印象。

■第35回詰将棋全国大会レポート
今月のメインはこれでしょう。写真をたくさん使用しつつ、うまく仕上げるものだと感心。
そう言えば参加記を書きそびれた。

■ちえのわ雑文集
担当のすゝめ、うまくまとまっている。人材不足なので、書き手は貴重。
ちなみに担当になると、詰パラバックナンバーを電子データで閲覧できる。

■第30回社団戦参加記~2日目編~
持ち時間が短縮、ということは終盤の強さが生きるのかな?

■透明駒10周年記念 創作コンクール
読者サロンの次のページにひっそりと作品募集記事が。
せっかくなので投稿した。

■結果稿
【詰将棋順位戦】
担当者名の字のサイズが小さいような(どうでもいい)。
有力と見ていた作は軒並み上位に。
上位作は充実した手順を実現しつつも、初形もそれほど無理を感じさせないのは流石。
B級では点数同点で順位差による頭ハネが発生。これぞまさに順位戦である。

【同人室】
何をもって構想作と呼ぶかは難しいところだが、上位作はとても良かった。

【臨時大学】
こういったコーナーで解答が少なめになるのは仕方なし? 何とかしたいところだが。

【創棋会作品展】
課題「局面の対比」にふさわしい作が揃っていた。
②の2手目同龍は15金以下、が正しいかな。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート④ 大崎壮太郎氏作
ちょっと難解すぎるが、興味深い構想。



  1. 2019/09/30(月) 00:10:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

お知らせ

51手以上の作品募集中。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (25)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (35)
詰将棋解答選手権 (17)
発表作 (5)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (2)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (5)
大学院補足 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する