FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2020年1月号感想

例によってギリギリの記事に。


■表紙
2手進めると浦野八段の発表作(詰パラ1986.2)と同一に。
簡素形で勝負するのはなかなか大変になってきている。

■詰将棋学校
1月だけあって、比較的考えやすそうな作が多いかも?
解答をお待ちしております。

■詰将棋の眺め方
新連載スタート! 不勉強にしてこの作は知らなかったが、素晴らしい出来。
熱い解説もあり、これは期待大!

■ちえのわ雑文集
シフマンをテーマにした短編も増えてきた。
ところで、野曽原氏は出題コーナーでも多数登場。別に示し合わせたわけでもないのに不思議。

■結果稿
【小学校】
小12(9月号の2作目)、こんなに誤解が出るような手順には思えないが。
採点をどこまで信じていいのかなぁ。

【短期大学】
安定して高品質…なのは特定の作者の功績という気がしてきた。

【大学】
3作とも良かった。

【大学院】
こちらも誤解者が大変なことに。

【大道棋教室】
第1番、Ⓑは21手目でなく19手目に付けるのが正しいのかな?

【たま研】
①はあまり票が入っていなかったはずなのに何故か選ばれて、案の定「構図を工夫して改作しては?」と解説される。
ちなみに10手目の変同についてだが、玉方14歩を置くと2手目26玉が変長、また玉方14桂or角を置くと余詰あり。いずれにしてももう1枚追加が必要となる。
10手目の変同を消すだけのために2枚も置くなんて有りえません。
まあ構図から考え直すべきなのだろう。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇裏表紙 谷川浩司九段作
これは何としても解かねば。
逃げ方がややこしく、終わったかと思いきやまだまだ粘る。詰めてみれば納得の内容。



  1. 2020/01/31(金) 00:01:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

新年の挨拶&年賀詰

謹賀新年
本年も 詰将棋考察ノート をよろしくお願いします。


■2020年 年賀詰 (ほっと 作)
2020_0101.png

今年は20枚の駒で初形曲詰「20」にしてみました。
手数は30手台。相変わらず駒取りや駒交換ばかり。それに加えて今年は今一捌けない……。
いろいろ模索したものの、諦めてこれで出します。




  1. 2020/01/01(水) 00:01:00|
  2. その他
  3. | コメント:0

お知らせ

51手以上の作品募集中。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家/詰パラ大学院担当/看寿賞選考委員。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (25)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (40)
詰将棋解答選手権 (17)
発表作 (6)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (2)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (6)
大学院補足 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する