詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

打診手に関する考察(2)

前の記事から二週間空いてしまいました。
週一で更新とか書いてたのはどうした? ……考えていたネタがうまくまとまりませんでした。詰将棋でもそうですが、納得できる状態にならないと投稿できない性格なもので。


本記事は、2016/1/3の記事「打診手に関する考察」の続きである。狭義の打診手について、いくつか見つけた作を紹介させていただく。
ちなみに前回の記事を未読の方は、まずそちらを読んでおいていただきたい。

要点だけ書くと、下記のような構造を持った作品、ということになる。
逃れのパターン
打診を経由しない場合に2通り(これをXとYとする)の攻め方があり、玉方のある駒pに対して、
X →p成  …逃れ。
Y →p不成 …逃れ。
詰みのパターン
打診Zを行った場合、
Z ―→ p成  → Y …詰み。
 └→ p不成 → X …詰み。
で詰み。

①富沢岳史 氏作 (詰パラ1989.6)
20160131_01.png
13桂成、15玉、

20160131_01_t1.png
ここで、14成桂?とすると、同玉、25金、13玉、22銀引不成、12玉、となり下図。
20160131_01_f1.png
さて、ここから攻め方は2通り。
X=21銀不成、11玉、12歩、21玉、31歩成、12玉、13歩、同玉、23歩成→同角成!…逃れ。
Y=23歩成→同角不成!…逃れ。
それぞれの攻め方に対して、角の成と不成を選択されて逃れる。
ならば、こちらが攻め方を選択するより前に、成か不成か、態度をどちらかに確定させよう。
戻って、作意は途中図1から45飛!(途中図2)とする。
20160131_01_t2.png
これに対して、同角成ならば、Yの方の手順で攻める。14成桂、同玉、25金、13玉、22銀引不成、12玉、23歩成、同馬、13歩、同馬、同銀成、同玉、31角以下。

作意は同角不成の方で、Xの方の手順で攻める。
(途中図2から)同角不成、14成桂、同玉、25金、13玉、22銀引不成、12玉、21銀不成、11玉、12歩、21玉、31歩成、12玉、13歩、同玉、23歩成、同角、24銀成、22玉、23成銀、同玉、32銀不成、13玉、35角、22玉、23歩、12玉、21銀不成、(イ)11玉、22歩成、同玉、32と、11玉、44角、同香、23桂まで39手。

ちなみに、(イ)23玉でも同手数駒余らず。しかし、この後、
  (a)24金、22玉、32と、11玉、44角以下
  (b)24金、22玉、32銀成、12玉、13金以下
の2通りの詰め方があるため、(イ)11玉と逃げる方を本手順にしておく。

本作の主張は、何と言っても3手目の打診手を大駒捨てで実施している点。また、手の流れ上、3手目は14成桂と行きたくなるため、即座に打診手を見破るのは難しいだろう。
弱点は、後半のまとめが長いのと、45飛以外に派手な手が出て来ないところ。あえて地味な手順にすることにより、主眼手を明確にする演出とも言えるが、あまり現代的ではないか。

では、現代的に作るとどうなるか。

②久保紀貴 氏作 (詰パラ2014.9)
20160131_02.png
23銀、同玉、(途中図1)
20160131_02_t1.png
ここで、
X=14角、13玉、32角不成→15角成!…逃れ。
Y=14角、13玉、32角成→15角不成!…逃れ。
それぞれの攻め方に対して、角の成と不成を選択されて逃れる。余談ながら、ここで「攻方が不成だと玉方は成、攻方が成だと玉方は不成」となっているのが本作の狙いでもある。
ならば、こちらが攻め方を選択するより前に、成か不成か、態度をどちらかに確定させよう。
26飛!(途中図2)
20160131_02_t2.png
同角成ならば、Yの方の手順で攻める。14角、13玉、32角成、15馬、14歩、同馬、22馬まで。

作意は同角不成の方で、Xの方の手順で攻める。
(途中図2から)同角不成、14角、13玉、32角不成、15角、14歩、22玉、23歩、33玉、43角成、同銀、22飛成まで15手。

打診手を飛捨てで実施しているのは前作と同様だが、成と不成の攻防が面白く、不成を選択した角を捨てて短くまとめた収束も好印象。
作者のブログでも解説されていた

③坂田慎吾 氏作 (詰パラ2015.8)
20160131_03.png
初手から、
X=42馬→同飛成!、43角成、同龍、34歩、同龍…逃れ。
Y=43角成→同飛不成!、42馬、同飛、34歩、32玉…逃れ。
それぞれの攻め方に対して、飛の成と不成を選択されて逃れる。
ならば、こちらが攻め方を選択するより前に、成か不成か、態度をどちらかに確定させよう。
45桂!(途中図)
20160131_03_t1.png
同飛成ならば、Yの方の手順で攻める。43角成、同龍、34歩、同龍、42馬まで。

作意は同飛不成の方で、Xの方の手順で攻める。
(途中図から)同飛不成、42馬、同飛、43角成、同飛、34歩、32玉、31と左まで9手。
打診手の直後に大駒を2枚捨てて、最短のまとめ。評価はそれほど高くなかったが、実にうまく出来ている。絶対に埋もれさせてはいけない作。



玉方の打診中合は多くの作例があるのに対し、攻方の「狭義の打診手」はあまりにも作例が少ない(私の調査が不十分なだけかもしれないが)。逆に言うと、未開拓の魅力的な新手筋がたくさん残されている分野であり、次回創棋会の課題作としても狙い目である(笑)。
……と書いて終わりにしようと思ったら、詰パラ2月号を見て絶句。
谷口 均 氏作(詰パラ2016.2 読者サロン)
20160131_04.png
サロンはサロンでも読者サロン、というのは置いておくとして、テーマが「玉方駒に対する打診」と書いてある。
本作、強制成らせではあるが、打診と呼ぶのは適切ではない。理由は、「37飛が不成で逃れる紛れは存在するが、37飛が成って逃れる紛れが存在しないため」。
一流作家がこういう使い方をしてしまうと、初心者は「あ、こういうのも打診と呼ぶんだ」と思ってしまう。担当者もそのように解説してしまう可能性が高い。気をつけたいところだ。
それはともかく、初手の限定打が面白い。意味付け自体は良く見かけるが、36歩合の変化のときだけ57角と打つと歩以外の駒が入手できるのがあまり見たことの無い筋だった。
スポンサーサイト
  1. 2016/01/31(日) 00:01:00|
  2. 考察
  3. | コメント:5
<<詰将棋解答選手権の広報活動 | ホーム | 【勝手に解説】#01 詰パラ2015.10 中村宜幹氏作「ポルカ」>>

コメント

①の作者です。前例はいくらでもありそうなのに、紹介して頂いて恐縮です。
さいごのところは、11玉が作意で23玉は変同です。

同じロジックでもう一つ作りましたが(詰パラ1998・10)
こちらは打診とは言わないでしょうね。
  1. URL |
  2. 2016/02/01(月) 01:08:05 |
  3. ミーナ #BiOdg4xs
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ミーナさん コメントありがとうございます。

> ①の作者です。前例はいくらでもありそうなのに、紹介して頂いて恐縮です。
実は情報源はEOGさんのサイトです。
ttp://eog10.blog.fc2.com/blog-entry-99.html
作例はありそうで、案外見当たらないです。

> さいごのところは、11玉が作意で23玉は変同です。
やはり。
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown-Yoyo/9356/tsumeki/t051s.html
で示されている手順は、作意ではないということですね。

> 同じロジックでもう一つ作りましたが(詰パラ1998・10)
> こちらは打診とは言わないでしょうね。
うーむ、作品が出て来ない……。
  1. URL |
  2. 2016/02/01(月) 02:54:14 |
  3. ほっと #-
  4. [ 編集 ]

「もう一つ」は、上のコメのリンク先の51→37です。

補足すると、どうしても「途中下車」(打診のところ)が目立ってしまうので、これをやめて、攻方↔玉方の順序を入れ替える、「時間差攻撃」に狙いを絞ったものです。

誰か、もっとうまく作ってくれませんかね。
  1. URL |
  2. 2016/02/01(月) 23:07:39 |
  3. ミーナ #BiOdg4xs
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 「もう一つ」は、上のコメのリンク先の51→37です。
>
> 補足すると、どうしても「途中下車」(打診のところ)が目立ってしまうので、これをやめて、攻方↔玉方の順序を入れ替える、「時間差攻撃」に狙いを絞ったものです。
コメントありがとうございます。
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown-Yoyo/9356/tsumeki/t037s.html
拝見しました。これは打診ではなく、「態度保留」でしょうか。
態度保留に関する記事も書きたいと考えています。
  1. URL |
  2. 2016/02/02(火) 05:39:28 |
  3. ほっと #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2016/09/23(金) 10:55:46 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (13)
詰パラ感想 (3)
その他 (3)
チェックリスト (0)
詰将棋解答選手権 (6)
勝手に解説 (1)
会合参加記 (2)
発表作 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する