FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

第ч回裏短コン「突進」

★裏短コンの結果稿を再開します。


9位
「突進」
馬屋原剛
ura4_08_Tosshin.png
58桂、同と、45金、56玉、67龍、同玉、46金まで7手。

点数012345678910
人数00031646521

正解29 誤解0 無解1 評価無効1
得点2.590
人気投票 1位:1票 2位:1票 3位:1票
ベストタイトル投票:なし

★3年前の第n回裏短コンの優勝者、馬屋原さん。今年は正統派の手筋物で登場です。
★持駒の金を手放した状態で35玉と逃げられると詰みません。45金が有力ですが、その前に58桂と捨てておくのが大事な一手。
 同とと取らせてから45金と打ちます。
 56玉に、67龍が強烈な一手。同玉に46金と引けばこれで詰み! 初手は58の退路を塞ぐ捨駒でした。
★ちなみに6手目同龍なら55角成まで。変同ですが、全解答者が同玉の解答でした。まあどちらが作意かは一目瞭然でしょう。
★なお、11角や97龍は、それぞれ一つでも近づけると余詰が生じます。

作者
昨年はいろいろと大変で参加できなかったので、今年は参加できてよかったです。何年か前の解答選手権没作です。
タイトルは龍が突進するので。安直ですみません。
★そのまんまですが、来年の干支の亥を思わせるタイトルではないでしょうか。

嵐田保夫
白眉の6七龍の豪快さは分かっていても気持ちいい。

まつきち
突進は67龍か。金の動きも味がある。

おかもと
猪龍。

NZ
5手目が最高に気持ちいい手

林石
5手目の龍の投げ出され方が衝撃的。

有吉弘敏
あまり見ない詰めあがり。

竹中健一
最終手で視界がぐっと開けるこの感じが好きですね!

みつひさ
最終手のとぼけた味が堪らない。

山下誠
打った金を最後に引く。この感触がよい。

大瀬戸
金の動きに味がある

野々村禎彦
開き王手系では最難問。45金の不利感と、67への龍の効きによる67龍の指しにくさが秀逸。

梶谷和宏
なかなか詰まずに焦った。67竜は今回のコンクール中最高の妙手。最後の金引きも味がいい。

占魚亭
初手の効果が活きている。

soga
最後に効いてくる初手の桂捨てが入り好感触
★桂捨ての意味は最終手で判明します。この点をプラスに感じた解答者がいる一方で。

くじら
67竜が強烈。58桂,同と以外の逆算は難しかったですか

シナトラ
最後の変同はともかく初手が必然なのは辛い
★初手が何となく指してしまう類の手なのをマイナスに感じた解答者もいます。万人を納得させるのは難しい……。

園川
2枚の角がレーザー光線のように玉を仕留める。

高縄山ろく
サーチライトの角が良い。

★中心手は5手目ですが、すべての着手が満遍なく短評で触れられているのが面白いところです。
★さて作者予想です。

奥鳥羽生
最後で纏める短篇の一つの形。(有吉さん)

太刀岡甫
初手の効果が詰上りで現れる構成と、決め手の龍捨てが焦点である点が良い。ただ、あくまで普通作という感じで印象には残りにくい。
作者は竹中健一さん。

あたまかな
見た目は普通。
手順はまあまあ。
作者予想は竹中氏

絶対優勝するマン
67龍がカッコいい。この収束が焦点捨てに出来るとは目から鱗。作者予想は園川さん。

三輪勝昭
初手が甘い。他にする事もなさそうですが。
好い作品だけど、どこにも突進って感じがしないので0.5点減点しました。
作者予想b+=園川作。
(a=自信あり、b=もしかしたら当り、c=当てずっぽう、d=参考にする作品がない作家)

青木裕一
「ダイビングブロック」と似た狙いだけど、こちらは駒を捨てている。
作者予想はくじらさん。ここも作風知らないのでテキトーです。

ルモ
6手目非限定は痛いけどレベル高いしカッコいい
作者予想:くじら氏

イキロン
最後の変同は気になります。ここは同玉に限定したいですね。
作者予想:馬屋原剛
★イキロンさんが唯一人的中。
 5手目、焦点捨てにしていることでインパクトは増していますが、変同は気にする人は気にするところです。同玉が作意なのは明らかですが。

馬屋原剛
自作。他の作品と比べると名前が平凡過ぎた。
★過去の裏短コン発表作とは作風もタイトルの付け方も違うため、作者予想者泣かせな作でした。

★最後に、焦点への龍捨てが印象的な作を紹介。
■駒三十九氏作 詰パラ1965.9
「からくり箱」第24番

ura4_08_Tosshin_Hosoku1.png
26龍、45玉、56金、同桂、37桂まで5手。

★若島正氏が中学1年生の頃、一ヶ月かけて解けなかったという5手詰。確かに初手は見えにくいです。
 酒井克彦詰将棋作品集「からくり箱」は必読です。



スポンサーサイト
  1. 2018/12/30(日) 23:00:00|
  2. 第ч回裏短コン
  3. | コメント:0
<<第ч回裏短コン「キューティーC」 | ホーム | 詰パラ2018年12月号感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

第16回詰将棋解答選手権、初級戦・一般戦は運営側でした。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (25)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (27)
詰将棋解答選手権 (17)
発表作 (5)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (1)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する