詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

第13回詰将棋解答選手権チャンピオン戦参加記(1)~第1R~

戦略で書いたことが全然実行できていない件。

解答選手権チャンピオン戦の出題作と解答が掲載されました。
第13回詰将棋解答選手権 チャンピオン戦 第1ラウンド出題作品
第13回詰将棋解答選手権 チャンピオン戦 第2ラウンド出題作品
第13回詰将棋解答選手権 チャンピオン戦解答

せっかくなので忘れないうちに参加記を書きます。
※本記事内では、第1R出題作品の手順について触れているため、自力で解こうとしている方はご注意ください。



(★は解答を見た後のコメント)
■11:10 第1R開始

まずは暗算で。しかしここでいきなり躓く。
39角、同龍、49角はすぐに見えたが、24龍が見えず。これは紛れなのかと思ってしまったため、初手に戻って49角や38角を考え出して無駄に時間を消費する。
開始から15分経ってようやく5手目24龍を発見。やっぱり最初に考えた手順が正解じゃん。
[解答記入…11:25]
★正解。しかしこれは1分で解かないと。


ここも暗算で。奇跡的に43飛、同玉、36角、45合、同香まで浮かぶ。
以下54玉に、53桂成、55玉、56金、64玉、65金、53玉、43香成、同玉、54金、42玉、34桂、31玉……ってどう考えても長過ぎる。
良く考えると65金、53玉の後、63角成で詰んでいる。しかも駒が余るし。
ああ、53桂成に同玉で、54歩、同玉、65金以下が作意か。で、45合が歩以外だと、54歩のところで43香成、同玉、54金、42玉、34桂以下で詰むのね。
[解答記入…11:35]
★正解。作品としては、26桂の配置はかなり不満。


ここから盤駒を使用することに。
24と、35玉、36歩、26玉、37角……って作意の気がしない。最初に戻って84龍か94龍か。94龍として、82角不成~93角不成の筋かな。
この筋を追いかけるも、全然うまくいかない。やっぱり初手は24とだろう。
その後、7手目73角成を発見。これで47玉が詰む。そして26玉、62馬で、35桂合は37銀で詰みだから35歩合、いや53歩合の方が2手長くて17手か。
ちょっと手順が弱いが……。
[解答記入…11:55]
★手順が弱いと感じたならもっと慎重に探すべき。しかし桂の連続合は完全な読み抜け。
 そしてこの③を17手で解答してしまったことが更なる負の連鎖を生むことに。

――――――――――――――――――
ちなみにここまでで残り45分。時間配分としてはこの時点で戦略4 c) の状態。この場合は④と⑤のどちらか1作に集中する戦略だった。
どちらが解き易いか……ってどう見ても④だな。
――――――――――――――――――


いろいろ動かしているうちに45桂、22玉、24飛、23歩合、同飛成、同玉、34銀という順を発見。で、22玉に13馬?
11玉で詰まないか。
いや、初手で25桂、同金を入れておけば、45桂、22玉、23飛、同玉、34銀、22玉に13馬で綺麗に詰む。これが作意か。
同香、33桂成以下の17手を、やけに手数が短いなと思いながらも記入。
[解答記入…12:20]
★手数が短いと思ったのなら、もう少し応手をきちんと調べるべき。
 そもそも、③より盤面配置面積が小さくて使用駒も少ないこちらが④に置かれていることから、③と同手数というのは有り得ない。
 あと、32~41に逃げ込む変化が17手に収まっていないこともきちんと確認すればわかるはず。何を読んでいたんだか。


時間が微妙に余っているため、手を付けてみることに。
何となく53歩成としたい。応手は……ええい、同桂に決め打ちだ。で、61馬、52香合、同馬、同歩、23飛?……駄目だ分からん。
ゴチャゴチャやっているうちに、偶然44玉の形から46飛と打ったときは45香の不利合があることに気付く。
つまり、香合の余地があると45香合で打歩詰に誘導されて詰まない。ということは、香を渡さないようにすれば良いわけだ。
だから61馬には52飛合で、同馬、同歩。その後23飛、33香打、同飛成、同香。ここで44飛とすれば香を渡さずに済む。
同玉に35金を入れておいてから46香、45歩合、56桂……もうこれが作意ってことでいいや。
[解答記入…12:37]
★何故か正解。なお、収束7手に見覚えがあったため調べたところ、これだった。
 玉方香先香歩を含みにした手順を構築する場合に、使い勝手の良い舞台装置ということか。

この後残り3分間で見直しをしたつもりだったが、結局不備を見つけられず。一度解答を記入してしまうと、多分正しいだろうという願望が先行してしまい良くないようだ。

■12:40 第1R終了
一応5作とも最終手まで埋められて喜んでいたら、③と④が誤解。
どちらも記入した手順を疑う余地は充分にあっただけに、何とも言えない敗北感を感じつつ休憩中を過ごす。
(続く)
スポンサーサイト
  1. 2016/04/03(日) 23:00:00|
  2. 詰将棋解答選手権
  3. | コメント:2
<<第13回詰将棋解答選手権チャンピオン戦参加記(2)~第2R~ | ホーム | 詰将棋解答選手権の傾向と戦略>>

コメント

1分以内

1番は何分で解けるかで、成績が分りそうな問題ですね。
優勝を狙うなら1分以内に解かないと。
ほっとさんは優勝を狙っていたようですが、この作品が1分以内に解けてない時点でアウトです。
ところで、ほっとって誰だ(笑)。
  1. URL |
  2. 2016/04/05(火) 06:47:07 |
  3. 三輪 勝昭 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 1分以内

> 1番は何分で解けるかで、成績が分りそうな問題ですね。
> 優勝を狙うなら1分以内に解かないと。
> ほっとさんは優勝を狙っていたようですが、この作品が1分以内に解けてない時点でアウトです。

いやー手厳しい。しかしどこをどう読んだら優勝を狙っていると読めるのでしょうか(笑)。
始まる前の現実的な予想としては、60点+αで20位くらいかなと思っていました。我ながら現実的過ぎる……。
来年は①を1分以内に解けるように今から鍛え直します。
  1. URL |
  2. 2016/04/06(水) 23:46:09 |
  3. ほっと #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (13)
詰パラ感想 (8)
その他 (3)
チェックリスト (0)
詰将棋解答選手権 (9)
勝手に解説 (1)
会合参加記 (1)
発表作 (3)
詰将棋全国大会 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する