FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2019年3月号感想

月末は忙しいので早めに更新、の予定だったはずが。


気を取り直して、詰パラ3月号の感想です。

■表紙
感触の良い手が続く。
駒三十九氏のからくり箱第69番(近将1987年6月号11手)との類似は気になるが、1枚減って頭2手が加わった点はプラス。

■詰将棋学校
どこも難しい、解答選手権対策としてはうってつけ?
須藤氏が入選100回を達成。おめでとうございます。

【短期大学】【大学院】
選題の言葉で「そんなわけで」以降が、前の文章とつながっていないのだが。
そんなわけで、解答をお待ちしています。

■たま研作品展
ゆるい課題から本気の作品群。これは解かねば。

■持駒のある風景
キラキラネーム……。その表現はいかんでしょ。

■ちえのわ雑文集
趣旨がわかりにくい……。ここを見てから読んでも、うーむ。
文章を書く上で一番大切なこと、それは、読み手にきちんと伝わるように書くこと。
そしてそれは詰将棋創作においても当てはまる。

■全詰連の頁
看寿賞は毎年一般投票が少ないが、さて今年は?
初級戦・一般戦は28会場! 参加者総数がどうなるか楽しみ。

■結果稿
【短コン】
中合を動かす系は少なくなったものの、やはり強かった。
本命は㉙だと思っていたが。

【同人室】
レベルの差が激しいのはまあいいとして、課題がメインになっていない作が多いのは気になる。

■デパート出題
デパ⑤、6~8筋の配置が「寿」とかなり似ている。作者のことだから単なるマイナーチェンジなんてことはなさそうだが。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート①野曽原直之氏作
成らせモノは多数あれど、たいていは持駒が減るパターン。
持駒が変化しない、というのは見たことがない気がする。



スポンサーサイト
  1. 2019/03/29(金) 23:30:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0
<<詰将棋解答選手権の傾向と戦略2019 | ホーム | 詰パラ2019年2月号感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

第16回詰将棋解答選手権、初級戦・一般戦は運営側でした。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (25)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (28)
詰将棋解答選手権 (17)
発表作 (5)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (1)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する