FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2019年7月号感想

駆け込みトレードのようにブログ更新……。去年と同じことをしている。


詰パラ2019年7月号の感想。

■表紙
意外と難しい。初手の二択を間違えると大変。

■詰将棋学校
・驫飛龍君が小学校担当に就任! まあそれらしい話は聞いてたけど。
・宮田七段が3校で1番に採用されている。駒数が少ない作を置きたいのはよくわかります。
・出題作はできるだけ全国大会前に解いておくべきだった、とまたしても反省。

■平成30年度看寿賞発表
23ページのボリューム。昨年と違って該当作なしが出なかったのは良かった。
それはそうと、「バッテリーが、手前の駒→後ろの駒 の順に設置される」というパターンは、探せば前例は割と見つかる模様。
「フロント-リア型」バッテリーの形成は珍しいのか

■ちえのわ雑文集
この詰2019は良かった。どの論考もボリュームたっぷりながら読みやすく工夫されている。
ちなみに第一部で登場する看寿賞作家のうち4人を、2017年の第33回全国大会のレクリエーション「クイズ100人位に聞きましたみたいなもの」でチームリーダーに指名させていただいたのを思い出した。なかなか感慨深い。

■結果稿
【小学校】
小20、やっぱり6手目で生が無い解答は誤解扱いにすべきでしょ。

【大学】
まるで看寿賞受賞を予測していたような選題。
そして作品のレベルも高くて羨ましい……。

【デパート】
③がいろいろと濃い。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇彩棋会作品展④ 山田修司氏作
いろいろな手筋が詰まった意欲作。



  1. 2019/07/31(水) 23:50:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0
<<詰パラ2019年8月号感想 | ホーム | 詰パラ2019年7月号 院8 解説補足>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

51手以上の作品募集中。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家/詰パラ大学院担当/看寿賞選考委員。

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (25)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (40)
詰将棋解答選手権 (17)
発表作 (6)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (2)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (6)
大学院補足 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する