FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2019年12月号感想

思えば過去2年の年末年始は裏短コンの解説記事をほぼ毎日アップするという、無茶なことをやっていた。
詰パラ12月号の感想を。


■表紙
表紙作品として初形・手順・難易度ともほぼ理想的な出来。
来年は毎月このくらいのレベルだといいなあ。

■短コン
ひっそりと入選。参加することに意義がある。
相変わらず合駒を動かす作が多い。それらを含め、心を揺さぶられる作も数作。

■同人室
作者当ては意外と難しそう。

■やさしい大学院
やさ院1、やさ院2はどちらも軽趣向。
やさ院3は、初形曲詰『レイワ』。
詰将棋劇場
カタカナ3文字以上の初形曲詰(もちろん全ての配置駒が必要駒である、という条件付き)はほとんど作例が無く、なかなかインパクトがある。

■創棋会作品展
配置はかなり無理しているが、どれもなかなか。

■kisy一族オフ会作品展
面子が濃いです。

■透明駒10周年記念創作コンクール作品展
検討者によると、⑩は飛び抜けて難しい、とのこと。ノーヒントで解ける人がいるのだろうか。

■ちえのわ雑文集
図3は不成と成で全然別の詰め方になっているので、どちらを作意に設定していたとしても余詰扱いになりそう。

■名局ライブラリー
三島桂太は新人ではなく某有名作家のペンネーム。本名は現代詰将棋短編名作選などで確認できる。
ところでいつまで在庫切れなのだろうか。

■第30回社団戦参加記~最終日編~
改めて、昇級おめでとうございます。どんどん気軽に参加できないレベルになっているような。

■結果稿
【中学校】【高校】
平均点も高めで充実の選題。高⑭の余詰は残念。

【大学院】
院6「ガイア」は改めて見直すと相当凄いことをしている。高得点も納得。

【アマ連杯握り詰】
19手までという手数制限ありでもこれだけのことができる。来年はどうなるか楽しみ。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇創棋会作品展③ 大崎壮太郎氏作
虚々実々の攻防が楽しめる。

年内の更新はこれが最後。皆さま良いお年を。


  1. 2019/12/30(月) 00:01:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0
<<新年の挨拶&年賀詰 | ホーム | 詰パラ2019年11月号感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

51手以上の作品募集中。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家/詰パラ大学院担当/看寿賞選考委員。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (25)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (37)
詰将棋解答選手権 (17)
発表作 (5)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (2)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (6)
大学院補足 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する