FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2020年8月号感想

夏休み終了間際になって宿題に手を付ける学生のようにブログを更新。今年は夏休みが短かったようだが、よい子は真似しないように。
それから中編名作選Ⅱの割と重要な箇所の解説で誤記をやらかしてしまい、気が重い。宗角さん申し訳ない。


詰パラ2020年8月号の感想。

■表紙
特別なことをやっているわけではないのに、この感触の良さは一体何だろう。
――我々はその正体を探るべく、『野村量の詰将棋560』の入手を試みた―― (註: 脚色あり)

■詰将棋学校
全体的に7月号と比べて手強くなっているような。
齋藤三段が3頁連続で登場。

■詰将棋の眺め方
古典に限らず、過去の誰かの作からアイデアを得て創作、というのはあるある。
そうして完成させた作に、別の作家の前例があった、ということもあるある。
『それでも、作図を通じて見知らぬ作家とコミュニケーションができたとしたら、それは楽しいこと』
まさにそのとおり。

■春霞賞発表
どれも面白い作で納得の出来。
受賞作は、令和元年度看寿賞 の「春霞賞ノミネート作品」のコーナーで確認を。

■将棋パズル雑談
出題の(55)がまだわかっていない……。

■結果稿
全体的に期末としては控えめだったか?

【短大】
短22も巣籠りだった。
それはそうと、炙り出しは詰上り図も載せてほしい。

【大学院】
院9は詰将棋として成立しているのが信じられない。
それから、p79の「途中図1」は「途中図」が正しい。

【デパート】
⑤は凄い条件の上に手順も上々。これは驚愕。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート② 宮原 航氏作
キレキレの手順に酔いしれる。



  1. 2020/08/31(月) 23:30:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0
<<詰パラ2020年9月号感想 | ホーム | 詰パラ2020年7月号感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

51手以上の作品募集中。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家/詰パラ大学院担当/看寿賞選考委員。

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (25)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (52)
詰将棋解答選手権 (17)
発表作 (6)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (2)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (7)
大学院補足 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する