FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2020年11月号感想

裏短コン、今年はkisyくんのnoteで出題中。
私も参加しているので是非解答を!
詳しくは出題記事で。



さて、詰パラ11月号の感想。

■表紙
作意は明快だが、2手目の変化処理などはさすが。

■詰将棋学校
どこも充実の選題。なお実際に解けているのは一部のみ・・・。
大学院は「史上初」に反響多数?
ちなみにどちらも特定条件での最長手数を更新してもいるが、「史上初」は手数のことではないので念のため。

■詰将棋の眺め方
古典の名作とその短編化について。
単に収束を短く切り詰めるだけでは新作にはならず、付加価値をつけるべし。
言うは易く行うは難し、なのだが。

■将棋パズル雑談
前回の(55)はやられた。
今月は(58)が難しい。他の2作もやや難しめ。しかしどれも面白いのでぜひ解答を。

■結果稿
【中学校】
⑩の持駒は「香香香香」が正しい。
香が一枚足りなくて不詰、というのは某偽造色紙事件を思い出す。

【短大】
⑩には驚き。こんなことができるとは。

【大学】
構想作3作。とても良かった。

【デパート】
5作とも主張があり面白かった。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇たま研作品展④ 青木裕一氏作
ダブルをダブルで。課題にふさわしい作。




  1. 2020/11/30(月) 23:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0
<<詰パラ2020年12月号感想 | ホーム | 詰パラ2020年10月号感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

51手以上の作品募集中。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家/詰パラ大学院担当/看寿賞選考委員。

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (25)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (52)
詰将棋解答選手権 (17)
発表作 (6)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (2)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (7)
大学院補足 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する