FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2021年2月号感想

記事のアップがギリギリになったのは新型コロナウイルスの影響……ではなく、まあいつものこと。


詰パラ2021年2月号感想です。

■表紙
見えにくい手があって意外と時間がかかってしまった。
詰棋校でツイン系の選題が禁止されたことについて、「新しい表現には寛容であってほしい」というのは同感。

■詰将棋学校
【大学】
これは解かねば。

■将棋妙案記念
谷川九段の双玉は珍しいかも。妙案と双玉の繋がりは不明だが。

■詰将棋の眺め方
どの作家も一人だけで記事数回分にできそう。どこかで書きたいが。

■ちえのわ雑文集
無駄合か有効合かという議論についてはなかなかスッキリとした判定ができていないのが現状。

■将棋パズル雑談
(58)が斬新で面白かった。出題の方も比較的易しいが、(61)には確信が持てず。

■結果稿
期末なだけあって、どこも充実の内容?
短編では、どんな配置になっても手順を実現させようという作が多めだった気がする。

【中学校】
中22……92とは93に置いてあればなあ。

【たま研作品展】
4作とも主張が明確でとても良かった。

【新人コンクール】
③、盤面無仕掛け七色+持駒七色は凄い条件作。
条件の前例としては詰パラ2019年1月号デパートの中村雅哉氏作があるが。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇彩棋会作品展③ 岩本修氏作
生が2回。なるほど。



  1. 2021/02/28(日) 00:01:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0
<<詰パラ2021年3月号感想 | ホーム | 詰パラ2021年2月号 大学院結果稿補足>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

51手以上の作品募集中。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家/詰パラ大学院担当/看寿賞選考委員。

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (25)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (52)
詰将棋解答選手権 (17)
発表作 (6)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (2)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (7)
大学院補足 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する