FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2021年3月号感想

年度末はなんだかんだと忙しく、気づいたらこんなことに。


気を取り直して、詰パラ3月号の感想。

■表紙
形良し手順良し。表紙にピッタリの作。

■詰将棋学校
どこも難しいという印象。中でも一番難しいのは大学院か。

■全詰連の頁
看寿賞は毎年一般推薦が少ないが、さて今年は?

■詰将棋の眺め方
「こちら側と向こう側」の比較がテーマとなる作品群。
これだけではやや地味な印象になってしまうため、見せ方がポイントになるようだ。

■持駒のある風景
・「古作物」とあるが、こんな古作物は存在しない。強いて言えば待宵8番(42金が無い図)。
・初代宗桂の象戯造物第1番は、81桂だと2手目84玉で詰まない(93角に対し同桂で85に桂が利いてくる)。このため81歩が絶対。
 また、92銀成(12銀成)が香を取る手か空捨てかは感触が相当に違う。とてもじゃないが同一とは呼べない。

■ちえのわ雑文集
第60わ、ということは、連載開始から5年。まさに継続は力なり。
そして話題は同人室について。年2回の同人室だけで100回入選を目指すとは、既に前人未踏。

■結果稿
【短コン】
全体に低調だったのは、2019年までの手数の周期が崩れたからだろうか。

【同人室】
課題は「打ち換え」。やはり課題をメインにした作品であってほしい。

【やさしい大学院】
むず院だった。解答者が少ないのは無言の抗議か。

【創棋会作品展】
やはり創意が感じられるテーマは良い。

【デパート】
短編から長編まで何でもありの5作を毎月解説するのは大変だったと思う。お疲れさまでした。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート②楢部哲美氏作
「並べて詰み」と簡単にはいかない。
幼5の作意と変化処理を見るに、正体は間違いなく有名作家のはず。



  1. 2021/03/31(水) 23:33:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0
<<詰パラ2021年4月号感想 | ホーム | 詰パラ2021年2月号感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

51手以上の作品募集中。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家/詰パラ大学院担当/看寿賞選考委員。

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (25)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (52)
詰将棋解答選手権 (17)
発表作 (6)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (2)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (7)
大学院補足 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する