fc2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2021年10月号感想

短コンは結局投稿できず。


詰パラ2021年10月号の感想。

■表紙
軽く解けて良い。

■詰将棋学校
全体に盤面枚数が少なめの作が多い。
解きやすいかどうかはまた別だが。

【大学院】
2作とも〇〇です。
ところで石本氏は現在どこにご在住なのだろう。

■2021年上半期 半期賞
受賞作は順当な選出だった。
各校とも1作ずつだったが、受賞作以外にも面白い作が多く、選考には悩まれたことだろう。

■詰将棋の眺め方
吉田健氏の作品群。今でこそ見慣れたとは言え、手の感触は何度でも味わえる。

■ちえのわ雑文集
百日紅、内容も充実で本当にお薦め。

■結果稿
好作が多くて結果稿が楽しみだった。

【小学校】
【中学校】
濃い作が複数あり面白かった。

【高等学校】
新担当者の好みが垣間見える選題だった。

【大学】
閉ざされた空間での合駒読みは作者の十八番。

【大学院】
院1の余詰はショック。

【デパート】
7月も面白かった。尖った作も発表できるのが良いところ。
④相馬作の仕組みがちゃんと理解できていない……。86Pの2段目4行目の「67馬引」は「67馬右」が正しい?

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月は迷った末にこれ。
◇詰四会作品展③ 橋本孝治氏作
こんなに簡単にできているのが不思議。暗算で解ける易しさもGOOD。



  1. 2021/10/31(日) 23:30:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0
<<詰パラ2021年11月号感想 | ホーム | 詰パラ2021年9月号感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

51手以上の作品募集中。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家/詰パラ大学院担当/看寿賞選考委員。

カレンダー

05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (25)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (60)
詰将棋解答選手権 (17)
発表作 (6)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (2)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (8)
大学院補足 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する