詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

かえるのうたが 改良図

『ある作品について、その作者が語れば語るほど、作品の価値は落ちる』と言ったのは誰だったか。
しかし、今回ばかりは書かないわけにはいかない。


かえるのうたが で、改めて配置について調べていたところ、明らかに発表図よりも良い図が得られてしまった。
(原図は前記事を参照)

「かえるのうたが b)44桂→56金 c)53銀→56金 d)77龍→56金」 改良図

20160919_1_a).png

56香、同桂、44銀、同銀、73角、同龍、67桂迄7手。
20160919_2_b).png
44銀、同銀、73角、同龍、67桂、同金、56香迄7手。
20160919_3_c).png
73角、同龍、67桂、同金、56香、同桂、44銀迄7手。
20160919_4_d).png
67桂、同金、56香、同桂、44銀、同銀、73角迄7手。


作意および命名が不変なのがせめてもの救いか。

なお、改良図の4つの図のいずれも不要駒は一切無い。
配置については、原図では配置に重複感があったが、改良図ではほぼ解消されている。そして原図で今一つ働きが悪かった93角も、改良図では1枚で複数の筋の余詰防止に役立っており、それほど気にならないだろう。
紛れについても、原図では紛れがほとんど無かったのに対し、改良図では53龍と取ったり香を離して打つ紛れ、b)で56銀と取ったりする紛れが結構手が続くため、多少は考えどころが増えていると思う。

最初からこちらで発表できていれば……と思うと残念でならない。
それにしても、ちえのわ雑文集で偉そうに語っているのが間抜けである。

ともかく、中途半端な状態で発表してしまったことをお詫びします。申し訳ありませんでした。

■おまけ
別展開作品。 d) を2回繰り返すというものだが、どうにも今一なのでここで出すことに。
20160919_5.png
15手。御笑覧ください。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/19(月) 22:00:00|
  2. 発表作
  3. | コメント:2
<<9手がベストな9手詰作品 | ホーム | かえるのうたが 命名について>>

コメント

選者としても

これぐらいの配置は必要だろうし、このテーマを作ったことがない担当がとやかくやるのはいけないと思って、配置までの深い検討はしていなかったので、こちらとしても申し訳ないです。
  1. URL |
  2. 2016/09/20(火) 22:23:04 |
  3. 通りすがりの担当 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 選者としても

> これぐらいの配置は必要だろうし、このテーマを作ったことがない担当がとやかくやるのはいけないと思って、配置までの深い検討はしていなかったので、こちらとしても申し訳ないです。

さすがにこれは選者に責任は無いです。盤面10枚でも十分少なめなので。しかし更に2枚も減らせるとはショックでした・・・。
  1. URL |
  2. 2016/09/21(水) 07:35:26 |
  3. ほっと #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (13)
詰パラ感想 (8)
その他 (3)
チェックリスト (0)
詰将棋解答選手権 (9)
勝手に解説 (1)
会合参加記 (1)
発表作 (3)
詰将棋全国大会 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する