詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

「かえるのうたが (以下略)」について

GW中は果し合い三昧の予定。
いや、某原稿も書かないといけないのだが。

小25がほとんど話題になっていなくて寂しいので、少しだけ補足させていただく。

■作品について
命名を伏せて出題図を解いた場合、作者の意図はまったく分からないと思われる。
まずは、以下のことを頭に入れておいていただきたい。
 ・本作には命名が付いており、それは選題の言葉に書かれているとおり。ちなみに選題の言葉で「小20」は「小25」の誤り。
 ・本作は「クアドラプレット(四つ子)」作品であり、出題図はそのうちの a) の図を示す。
 ・b) c) d) は、それぞれ命名に書かれているとおりに a) を変更して得られる図である。

一応 b) c) d) の図を載せておく。a) については詰パラ5月号参照。
20160501_1_b).png
20160501_2_c).png
20160501_3_d).png

玉方の持駒は、a) b) c) d) とも「残り全部」である。実際にはその中身は図面ごとに異なるが、解図に影響はない。
ここまで把握できたら、b) c) d) を解かなくてもどんな内容かはだいたい想像がつくだろう。

■解答審査について
解答の正解・誤無解の判定は、a) の解答のみで実施される。
これは、七條賞の対象作品数が1月号の時点で決められており、途中から対象作品を増やしたりするわけにはいかないため。選題の言葉を読まない解答者もいるだろうし。
したがって、解答の際に b) c) d) の手順を書く必要はない。しかし、28手分の手順を書けば、それがそのまま作者の意図を理解したことの証明になるので、余白があれば是非書いてみてほしい。
なお、b) c) d) の手順が合っていても、a) を間違えていると誤解扱いになってしまうのでくれぐれもご注意を。

■命名について
命名は本来、作品のすぐ隣に書かれているべきである。しかし詰パラでは、レイアウト上1行に収まる文字数でないと駄目のようだ。
長過ぎる命名を付けた理由は、従来の最長命名文字数の記録更新を狙ったもの……ではなく、ちゃんとした理由がある。
理由については、またいずれ書きたいと思う。

それにしても、本作は裏短コンに出したかった。裏短コンのコンセプトにぴったりだったのだが、盤面枚数の条件を満たしていないために泣く泣く欠場……。
スポンサーサイト
  1. 2016/05/01(日) 20:00:00|
  2. 発表作
  3. | コメント:3
<<握り詰に関する考察 | ホーム | 第13回詰将棋解答選手権チャンピオン戦参加記(3)~番外編~>>

コメント

かえるのうたが以下略

小学校25の作者名は全く聞いた事7817がない人でしたが、ほっとさんでしたか(笑)。
この作品は狙いは面白いと思いましたが、作品自体は全く面白くないので、次回作を期待しています。
  1. URL |
  2. 2016/05/02(月) 07:09:13 |
  3. 三輪 勝昭 #-
  4. [ 編集 ]

認証番号

さっきのコメント認証番号を打とうとしたら、本文に入ってしまった。
メンドクサイ。
認証番号を打つのは別にどって事ないのだが、広告がついたり消えたりするんですよね。
打つ時にない状態から広告が現れるからタッチしてしまう。
誠に鬱陶しい機能。
  1. URL |
  2. 2016/05/02(月) 07:17:48 |
  3. 三輪 勝昭 #-
  4. [ 編集 ]

Re: かえるのうたが以下略

> この作品は狙いは面白いと思いましたが、作品自体は全く面白くないので、次回作を期待しています。

必ずしも 狙いが面白い=作品自体が面白い とはならないのが難しい……。
暗証番号についてはご注意を。
  1. URL |
  2. 2016/05/02(月) 12:32:56 |
  3. ほっと #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (13)
詰パラ感想 (5)
その他 (3)
チェックリスト (0)
詰将棋解答選手権 (9)
勝手に解説 (1)
会合参加記 (2)
発表作 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する