詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

第14回詰将棋解答選手権チャンピオン戦参加記(2)~第2R~

前回の記事の続きです。
第14回詰将棋解答選手権 チャンピオン戦 第2ラウンド出題作品
第14回詰将棋解答選手権 チャンピオン戦解答

※本記事内では、第2R出題作品の手順について触れているため、自力で解こうとしている方はご注意ください。



■14:00 第2R開始
⑥ここは暗算。何となく香短打が浮かぶ。13香、同玉に31馬と行き、22桂合に24金としてみると、34馬・13金と捨てる手順に。
 こりゃ間違いなく作意だわ。一応変化が詰むことを確認してから解答を記入。
【解答記入時点で14:05】
★正解。しかし紛れにハマると大変だったようだ。

⑦引き続き暗算。初手は45飛しか無さそう。捨合は香か? で、47飛と捨ててから49香。37玉なら15角で、飛合をするしかなく詰み。
 しかしこれが作意とは思えないので49香に対する受けを考えていると、48桂成で2手延びることを発見。多分作意でしょう。
【解答記入時点で14:17】
★正解。不利変換だが、あまり不利感は無い。

⑧しばらく暗算で考えるも、筋が見えないため一旦保留して⑨へ。

⑨とりあえず暗算で考える。駒数が多いが、意外と手は狭い。53香成で、同金なら同桂成、同玉に65桂で詰みだろう。34玉。
 ここで84龍と引く。普通に受けると74歩合ぐらいだが、同龍として、
 1)74同金なら35歩、同玉、36金、34玉に33桂成!が好手で、以下同桂でも同香でも35歩、同龍、同金以下。
  簡単に詰んでしまった。こういう場合、74同金でなく74同龍で龍を逃げておくのが秘策だ。しかし…
 2)74同龍なら35歩、同玉、36金、34玉、25角、同歩、35歩、24玉、25金左、13玉、14歩、同龍、同金以下。
  やっぱり簡単に詰んでしまった。
 しかし、実は第3の受けがある。84龍に対して、54龍!とする。
 同龍、同金、35飛、同玉、36金、34玉と進むが、このときに龍が5段目にも4段目にも居ないため、
 先ほどの1)の攻め方も2)の攻め方も打歩詰になってしまうというわけだ。
 25角で詰まないとすれば25金右かなあ、同歩、35歩、24玉、25金、13玉、23角成、同玉、24香、32玉・・・と、
 この辺りまで暗算で考えていたがよくわからなくなってしまい、結局盤に並べて考えることに。
 並べてみると、あれ? 33で精算してから34金と入って詰みじゃん。って言うか5手目以降のまとめが長過ぎだろ。
【解答記入時点で14:50】
★正解。正直、5手目以降にも目立つ手を入れてほしかったが。

この時点で残り40分。さてどうしよう。初手が1種類しかない⑩に行くか。
さて、⑩をしばらく暗算で考えるも、58銀、68玉の次が決まらない。5分ほど考えたところでやっぱり⑧を解くことに変更。
 【この時点で14:55】

⑧盤に並べて何となく12香成、32玉、33銀を調べるが、詰みそうで詰まない。第1Rの反省を活かし、別の手を模索。
 普通は44角か。まあ13玉だろう。そして22角打を調べるが、どうしても打歩詰になってしまう。
 36桂が抑えとして効いているようで効いていない、むしろ邪魔でしかない。
 待てよ、一流の詰将棋作家なら11のと金をこのまま残すなんて有り得ない。12と、同玉、24桂でどうだ?
 同歩が34角以下詰むことを確認し、13玉、22角打、14玉に15金、同玉、26銀、24玉と進んだところで35角~13角上成を発見。
 いかにもそれっぽい。これが作意か、いや待て待て、22角打に24玉だと? 35銀、25玉、26金、14玉、15金以下でさっきの手順に合流。もうこれが作意ってことでいいや。
【解答記入時点で15:25】
★勘が冴えまくって正解。改めて見ると飛躍した手は無いが、妙に解きにくかった。

残り5分で⑩を改めて考えるも、3手目57銀を読んでしまったため筋に入らず。残り2分になったところで部分点狙いで16手ほど記入して終了。
★3手目から違うため0点。3手目69銀は全然読んでいなかったのでどうしようもなし。

★第2Rは40点。実は第1R・第2Rで40点ずつ揃えられたのは今回が初めてだったため、まずまず達成感があった。
 改めて見てみると、変化紛れを読み飛ばしまくっているし、苦手な合駒問題が全然解けてないし、今年も戦略が守れていないような・・・。
(次回に続く)

スポンサーサイト
  1. 2017/04/01(土) 23:01:00|
  2. 詰将棋解答選手権
  3. | コメント:2
<<第14回詰将棋解答選手権チャンピオン戦参加記(3)~番外編~ | ホーム | 第14回詰将棋解答選手権チャンピオン戦参加記(1)~第1R~>>

コメント

基本読み

⑥感は香短打ですけど、僕は34馬から読みますね。
有力手は詰まない事を読んでおいた方が後々読みが冴えるからね。
⑦48桂成は見落とす分けない手。
ちょっと底浅い作品。
⑧僕ならこの初手は入れない。
紛れだけの手を極端に嫌うのでね。
⑨僕はブログにお粗末作品と書きましたが、同じようですね。
⑩僕は3手目69銀しか見えませんでした。
以下金を消去して17飛、38玉、39銀、29玉、19飛は見えたのですが、57の合駒が余り変化になるので、全変化確認でそれでほぼ終りですね。
⑨の下らない後始末手順に時間を使ってますからね。

僕もそこそこ行けますね。
まあ、僕は早解きに興味ないので出ませんが。
詰将棋作家は早解き能力は役に立たないんで。
詰将棋作家に必要なのは、些細な違いを感じる能力が一番大事。
複雑な変化を早く読むより、違いを早く感じるのが詰将棋作家に必要な能力と言う事です。
  1. URL |
  2. 2017/04/02(日) 00:55:00 |
  3. 三輪 勝昭 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 基本読み

> 僕もそこそこ行けますね。
> まあ、僕は早解きに興味ないので出ませんが。
1回くらい出てみては? 普通に優勝狙えるじゃないですか~。

> 詰将棋作家は早解き能力は役に立たないんで。
> 詰将棋作家に必要なのは、些細な違いを感じる能力が一番大事。
> 複雑な変化を早く読むより、違いを早く感じるのが詰将棋作家に必要な能力と言う事です。
あ、それ私に欠けてる能力です。。。
  1. URL |
  2. 2017/04/02(日) 11:01:35 |
  3. ほっと #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (13)
詰パラ感想 (6)
その他 (3)
チェックリスト (0)
詰将棋解答選手権 (9)
勝手に解説 (1)
会合参加記 (2)
発表作 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する