詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2017年10月号感想

裏短コン作品 大大大募集中です!
詳細は作品募集記事をご覧ください。
ちなみに投稿作は10/31の時点でようやく7作。何でもいいから今すぐに創って送るべし!


そして例によってギリギリに感想を書き始める。

■詰将棋学校
解きたいと思わせる作者名が多いものの、自分の解図力の無さに絶望する日々。

■おもちゃ箱だより
『GOLD LEAF』って早詰なのかな。確認した限りでは、非限定やと金を余分に捨てることができる箇所はいくつかあるものの、早く詰む順は見当たらないのだが。
※どうやら早詰というのは誤りだったようだ。⇒河原泰之「GOLD LEAF」について(お詫びと訂正)

■結果稿
全体的に点数が伸びていない気がするのは、解答者が無意識のうちに7月で発表された看寿賞作品と比べていたからだろうか。

【詰備会作品展】
学校よりもレベルが高い?

【うまとり會作品展】
なかなか面白い作が多かった。
ところで、勝ち負けの判定方法について。
単純に「平均点が一番高い作の会合が勝ち」とすると、作品展の参加者が多い会合が有利になり、参加者が少ない会合が不利になってしまう。
「各会合の作品中、最も平均点が低い作をその会合の代表とみなす(1作のみの場合は必然的にそれが代表)。各会合の代表の中で、平均点が一番高い作の会合が勝ち」としてみてはどうだろう。
・・・あれ、やっぱりとり研の勝ちだ。
※出題時も結果稿でも触れられていないが、勝ち負けの判定は、「全作の平均評点の平均で競う」となっていたようだ。
 a~fを各作の平均評点として、
 うま: (a + b + c)/3
 とり: (d + e)/2
 會: f/1

■デパート出題
これは何としてでも解かなければ。
ところで後任は決まっているのだろうか。

■第10回 ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。

今月は迷った末にこれで。
◇九州G作品展① 広瀬 稔氏作
相変わらず独特な表現方法。



スポンサーサイト
  1. 2017/10/31(火) 23:30:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0
<<裏短コン 作者一覧 | ホーム | 第33回詰将棋全国大会 解答競争出題作について(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

裏短コン解答募集中!
解答締切:12/3(日)深夜
詳細は出題記事をご覧ください。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (13)
第ϻ回裏短コン (5)
詰パラ感想 (11)
詰将棋解答選手権 (9)
発表作 (5)
詰将棋全国大会 (6)
会合参加記 (1)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する