FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

第ϻ回裏短コン「紫電一閃」

★そろそろ年賀詰も用意しなくては。


8位(ボーナスポイントなし順位:7位)
「紫電一閃」
おかもと
ura3_06_Shiden.png
19角、45玉、54龍、同玉、44金まで5手。

点数012345678910
人数00113385243

正解30 誤解0 無解0 評価無効2
得点2.620
人気投票 1位:1票 2位:1票 3位:2票
ベストタイトル投票:3票

作者
まあ、初手をやってみたかった、ってことです。

★紫電一閃[しでんいっせん]・・・刀剣などが稲妻のように一瞬きらりときらめくことから、一瞬や極めて短い時間のこと。または、そのような少し時間で急激に変化すること。
「紫電」は刀を鋭く振るとひらめく稲妻のような光のこと。「一閃」は一瞬のひらめきのこと。

★初手は64角を動かすしかありませんが、ズバッと19角!
★これに対し23玉や33玉なら24龍と回って同手数駒余りで詰みます。
★45玉と逃げますが、54龍が気持ちの良い捨て駒。36玉なら37金まで…これが初手の意味付けでした。
★遠開きを軸に、捨て駒で締める。短編らしい短編と言えるでしょう。タイトルも好評でした。
★誤無解なしの作としては順位がいちばん上でした。誰もが等しくその良さを味わえる、というのは貴重です。


tsumegaeru
うまい

虹色のルモ
限定最遠移動がかっこいい、タイトルもかっこいい

有吉弘敏
意図は、よく理解します。

梶谷和宏
この初手の限定移動は素晴らしい。54龍の味も抜群。構図の取り方も美しいですね。作者は鈴川さんではないでしょうか。

竹野龍騎
鋭い。刀を左上から右下隅へ一気に振り下ろす。

林石
55角は詰まず、46角で桂を怨み、37も駄目、28角だと香が泣く。初手最奥19へが正解とは!

松尾裕
遠開きはまさに空を引き裂く稲妻。

あたまかな
手順は非常に良い、見た目は普通。

まさ
一目ではあるが気持ちいい手順。

占魚亭
初手がかっこいい!

kisy
配置を見て分かっていても、やっぱり最遠移動は気持ちいいです!

不透明人間
遠見角好手

まつきち
角の最遠移動から龍捨てはよく見る筋ですが気持ちよい。
龍を94に置くのはダメ?
★あまり構図を広くするのも一長一短ですかね。

上谷直希
73と配置があるとちょっと露骨?

三輪勝昭
金打ちを見せた角の限定移動はよく使われる手法。
本作は、最遠地角移動を成立させる駒と収束用の駒は別の駒になっているので完成度が低い。
★2筋の駒が取り残された感じになっているのは作者も気にしている点です。

おかもと
たぶん29香に関する評があると思うけど、これがなくなるなら、パラに投稿してますから。

柳原夕士
29香の発想は見事。満点。

奥鳥羽生
33玉の変化は29香に頼らない順にしたかった。(詰方手の意味は単一の方が良いという迷信?による)
★初手28角だと23玉でも33玉でも45玉でも詰みません。意味付けがダブっているのは少し気になります。

近藤郷
ひと目だけど気持ちイイ。

hiro
角の最遠移動から龍捨て、期待通りの手順でした。

園川
シンプルながら狙いがストレートに伝わる。

オオサキ
標準的5手詰といったところか。

らうーる
もうちょっと最遠移動に意外性がほしい。

竹中健一
一閃というほどでもない手順ですね。
★解答者全員を満足させるのは大変です・・・。

soga
19角!かっこいい!
作者予想:園川さん

青木裕一
それっぽい初形。奥鳥羽生さん予想。

名無し名人
さすがに物凄い既視感があるけど好みです。初手で狙いの一手が飛び出し、3手目は大駒捨て。5手詰はかくあるべし。作者予想=柳原夕士氏。

ミーナ
袈裟懸けに切り裂く、切れ味。爽快です。作者は鈴川さん

久保紀貴
本作は本誌でもありえそうな佳作。
作者は53銀、73とあたりの配置を気にしたのでしょうか。
作者予想:鈴川優希

鈴川優希
よくあるやつをもう一つ遠くに移動にしてみたんですね。巧い。73とは惜しい。青木さんかなあ……。

★本作も作者予想は的中者なし。第φ回の作と作風がまったく異なっていては宜なるかな。
★参考図として、作者予想で名前の挙がった鈴川さんの遠開き作品を紹介。

■鈴川優希氏作 詰パラ2015.5
ura3_06_Shiden_Hosoku01.png
92角成、27玉、47龍、同と、81馬、同馬、28金まで7手。
★こちらは「変化で91馬を取るため」という意味付け。具体的には、2手目38歩合とされたときに91馬以下で詰まそうというもの。
★どちらも多用される筋なので要記憶。




スポンサーサイト
  1. 2017/12/26(火) 00:01:00|
  2. 第ϻ回裏短コン
  3. | コメント:0
<<第ϻ回裏短コン「何もかも新鮮だったあの頃には戻れない」 | ホーム | 第ϻ回裏短コン「魂を売りました」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

第ч回裏短コン出題中!
詳細は出題記事を参照。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (4)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (22)
詰将棋解答選手権 (13)
発表作 (5)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (1)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する