FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

第ϻ回裏短コン「ダブルミッション」

★裏短コンの結果稿を再開します。


9位(ボーナスポイントなし順位:9位)
「ダブルミッション」
梶谷和宏
ura3_11_Double.png
57銀打、58玉、56飛、47玉、54飛まで5手。

点数012345678910
人数00203735431

正解30 誤解0 無解2 評価無効2
得点2.572
人気投票 1位:1票 2位:1票 3位:3票
ベストタイトル投票:なし

★初手は57銀もそれっぽいですが、同玉で駄目。57銀打と投資します。これには58玉の一手。
 続いて飛車の開き王手もいろいろありそうですが、57銀を取られると詰みません。77飛も67歩合で逃れます。
 したがって57銀にヒモをつけて56飛とします。馬の効きが塞がったので47玉と逃げる手が生じますが、そこで44龍の効きを閉ざす54飛がピッタリで詰みとなります。
★飛車の動きが非常に印象的な作品でした。

作者
タイトルには2通りの意味があります。
(1)飛車の役割が角筋の開通と馬筋の開通にあること。
(2)最初の飛車移動では角筋を開けると共に軸駒の銀に紐をつける。
   二回目の飛車移動は馬筋を開けると共に、相手の竜の効きを遮断する。
つまりダブルミッションが2回あるということです。でもどちらにせよ、たいしたことないかな(笑)。
今年も皆様の傑作を解いて感動させていただきます。。

★変化が無い分、やや深みに欠けるかと思いましたが、かなり好評でした。
★タイトルもベストタイトル投票こそ無かったものの、評判が良かったですね。


虹色のルモ
超絶かっこいい、ネーミングも好き

tsumegaeru
なんか格好いい手順。

有吉弘敏
飛車の動かし方に感心

竹中健一
手順は一番じゃないかと思います!

林石
純粋な捨て駒こそありませんが、開き王手元を鞍替えする詰方飛車の軌跡が面白い。詰め上がりもぴったりです。

松尾裕
分かりやすいタイトル。

あたまかな
手順は良い、見た目はセンス良し。

青木裕一
どれがミッションなんでしょう?

占魚亭
洗練された飛車の動きがいい。

近藤郷
角(馬)の利き筋が見えにくい

園川
開き王手しながらバッテリーを新たに生成するのが巧い。

kisy
「銀にヒモをつける」「馬も守る」「両方」やらなくっちゃあならないってのが「飛車」のつらいとこだな
★ジョジョ5部なんて一体どこで知ったのかな?

上谷直希
不思議な詰め上がり。不詰と錯覚してしまった。

まつきち
初手の俗手が指し難かった。

三輪勝昭
この初手ではつまらない。

まさ
初手が平凡なのがやや残念。

おかもと
初手は捨駒にしたい。

オオサキ
3手にするか、逆算するかした方がよさそう。空き王手で初手76飛とか。
★初手はもう少し工夫の余地があったかもしれません。

不透明人間
十字飛車詰

竹野龍騎
開き王手で縦横に動く飛。シンプルで意外な展開。

らうーる
飛車の直角移動。

久保紀貴
直角に動く飛が印象的でした。
初手はやや蛇足感あり

ミーナ
初手、重くて打ちにくい。飛車が見えない通路を直角に曲がる。
作者はsogaさん
★「直角」というキーワードが被った短評が多かったです。

soga
飛車の軌道が印象的です。初手銀打からの導入も良いと思いました。
作者予想:柳原夕士さん

奥鳥羽生
そこはかとない味がする。(柳原夕士)

鈴川優希
これは初手56飛でしょとか思ってたら王手じゃなかった。飛の動きは光りますが序2手がただの逆算で密度が薄いのが残念。園川さんかなあ……。

名無し名人
3手目からは良いのに、初手の付け足し感が勿体無い。初形の好手順が出てきそうな感は今回随一。作者予想=梶谷和宏氏。
★これを当てるとは恐れ入りました。

★最後に、「角の効き筋をいったん閉ざしてからすぐ開く」をテーマにした作を2作紹介します。
■飯田繁和氏作 詰パラ1981.9
ura3_11_Double_Hosoku01.png
36龍、54玉、66龍、44玉、64龍まで5手。
★初手・3手目が、角による開き王手であり、同時にもう一方の角の効きを閉ざしてしまう手にもなっています。
 根元の角が取られる変化もあり、捨駒なしですが緊張感のある手順です。
 
■中村雅哉氏作 詰パラ2015.12
ura3_11_Double_Hosoku02.png
48龍、66玉、78龍、56玉、47銀、同龍、76龍まで7手。
★頭4手は飯田氏作とほぼ同様ですが、5手目が強烈! これにより新作たりえています。
 7手詰コンクール(全50作)で3位入賞。




スポンサーサイト
  1. 2018/01/02(火) 00:01:00|
  2. 第ϻ回裏短コン
  3. | コメント:0
<<第ϻ回裏短コン「山の枯れ木」 | ホーム | 新年の挨拶&年賀詰>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

第ч回裏短コン結果発表準備中!

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (5)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (23)
詰将棋解答選手権 (13)
発表作 (5)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (1)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する