FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

第ϻ回裏短コン「捨駒の練習」

★ちえのわ雑文集で、第ϻ回裏短コンについて書くことになりました。


12位(ボーナスポイントなし順位:11位)
「捨駒の練習」
tsumegaeru
ura3_15_Practice.png
52龍、同香、53飛、同香、44銀不成まで5手。

点数012345678910
人数00143663420

正解31 誤解0 無解1 評価無効2
得点2.499
人気投票 1位:- 2位:- 3位:-
ベストタイトル投票:1票

作者
後方からの連捨てをしたかっただけです。満足のいく出来ではないですが、参加することに意義があると考えて投稿します。

★tsumegaeruさんの作。双玉で、いかにも何かありそうです。
★初手から54飛では同香で、同銀成とはできないので同と、65玉、62龍、74玉以下、きわどいですが詰みません。
 少しひねって初手53飛も同角で、やはり54銀成とはできず駄目です。
★そこで、初手に52龍と焦点に捨てるのが好手。同馬なら54飛までなので、同香しかありません。
 馬筋が塞がったところで、改めて焦点に捨てる53飛が好手。同角なら54銀成まで。こちらも正解ですが、作意は同香、44銀不成まで。
★焦点への連続捨て駒自体はよく見かける筋ですが、2箇所とも玉から離れている、というのは案外珍しいかも?
 双玉を利用していることもあり、ちょっと変わった雰囲気だと思います。


虹色のルモ
焦点捨て2連発のかっこいい作品

有吉弘敏
これは創作の難度が高そう。上手い。

梶谷和宏
気持ちいい捨て駒の連発。分かりやすくて思わず頷く。

竹野龍騎
趣向的構想作。43銀のピンを巡る攻防。55玉の前と横が空いているのも良い。

林石
初手、三手目と玉方の対応を問いますが、龍飛を気前よく捨てる順は爽快。飛車二枚vs角二枚。

あたまかな
手順は良い、見た目はセンス良し。

まさ
龍・飛の連続捨ては鮮やか。

松尾裕
確かに練習になる。

オオサキ
ほんとに練習だった。

kisy
練習できました!

三輪勝昭
捨駒の練習になりました。

★練習の次は実戦、ということで・・・
占魚亭
将棋教室の生徒に出題、1本取りました(笑)。
★一手◯円、とかではないですよね?

不透明人間
二段階焦点

奥鳥羽生
作意は44銀生かな。
★正解!

まつきち
龍飛の連捨ては爽快な手順。

近藤郷
分かっていても、感心する。

園川
連続「角と香の焦点への飛車捨て」。

久保紀貴
飛の連続捨て。初々しさがあって嫌いじゃないです。

らうーる
逆算作家的にはこういうのがお好き。

柳原夕士
気持ち良い。

竹中健一
初手がいいですが、普通ですね。

おかもと
なんとなく指してから初手の意味に気付く。

鈴川優希
まず解けて意味付けは後から考えるやつですね。双玉にしてあっさり図化したのは逆に好感。タイトルには課題あり。三輪さんですかね?

名無し名人
双玉だけど極めてオーソドックス。欲を言えば初手を飛打ちにしたい。作者予想=青木裕一氏。

ミーナ
焦点捨て2連発。初手を飛車打にしろと、三輪さんが検定問題に出しそう。
わたしにはできないけど。作者は中山さん
★この図のまま32龍を持駒にすると、いきなり53飛が成立してしまいますが、さて可能でしょうか?

上谷直希
ツインじゃないのにツインのような感覚。
sogaさん作なような気配がする。

soga
ロジカルに捨駒が決まるのは、分かっていても気持ちがよい。同香、同香のリズムが良いので、4手目は香にしました。
作者予想:竹野龍騎さん
★作意は同香で、解答もほとんどが同香派でした。

青木裕一
ここまでできるなら練習は必要ないのでは?柳原さん予想。
★作者当ては的中者なし。確かにもっと大胆な配置で作ってくるイメージがあります。
 前回の裏短コン出品作はこちら
 
★最後に、本作と似た構成の、後方からの龍捨てを2連続で行う作例を紹介します。
■山田康平氏作 『うるてぃめいと』第168番
ura3_15_Practice_Hosoku01.png
55龍上、(イ)同角、56龍、(ロ)同桂、44香まで5手。
★初手に45の龍で王手すると、69玉と潜られて困ります。初手は46の龍を動かしますが、55龍が面白い手。
 (イ)69玉なら46香まで。
 (イ)同桂なら同龍として、どう応じても44香までで駒余り。
 (イ)同香なら56龍として、(1)同桂は43香成まで、(2)それ以外の応手は44香まで、どちらも駒余り。
 2手目は同角が最善で、これにも56龍。(ロ)同桂以外はやはり44香までで駒余り。
 4手目は同桂と逆王手で受けるのが最善で、対する44香がさらに逆王手で詰みとなります。
★2枚の龍をたすき掛けに捨てる、凝った手順です。変化もボリュームたっぷりですね。

【追記】
★コメント欄にあった作を置いておきます。
■中筋俊裕氏作 詰パラ2012.7
ura3_15_Practice_Hosoku02.png
26銀、46玉、43飛、同香、44飛、同香、45金、同馬、37銀、同玉、47金まで11手。

★後方からの飛飛金の3連捨てを実質9手で実現。いずれも焦点捨てになっていることにも注目。
 3連捨てなら7手が最短ですが、最短にこだわらなければそれほど駒を増やさずに実現できるということですね。




スポンサーサイト
  1. 2018/01/06(土) 00:01:00|
  2. 第ϻ回裏短コン
  3. | コメント:7
<<第ϻ回裏短コン「クロスホッパーズ」 | ホーム | 第ϻ回裏短コン「積極性について」>>

コメント

飛飛金

裏短コン開催ありがとうございました。

> 欲を言えば初手を飛打ちにしたい。
> 初手を飛車打にしろと、三輪さんが検定問題に出しそう。
元々は、飛飛金の後方三連打を狙って次の図を作ったのですが、最終手余詰を修正しようと四苦八苦している間に締切が来てしまいました。
http://shogipic.jp/v/HjH
  1. URL |
  2. 2018/01/06(土) 07:57:01 |
  3. tsumegaeru #/LsHLMN.
  4. [ 編集 ]

Re: 飛飛金

> 裏短コン開催ありがとうございました。
>
> > 欲を言えば初手を飛打ちにしたい。
> > 初手を飛車打にしろと、三輪さんが検定問題に出しそう。
> 元々は、飛飛金の後方三連打を狙って次の図を作ったのですが、最終手余詰を修正しようと四苦八苦している間に締切が来てしまいました。
> http://shogipic.jp/v/HjH

コメントありがとうございました。上の図はまだ試作品という感じですね。
飛飛金の後方三連打はどこかで見た気もしますが、5手ではなかったかも。
  1. URL |
  2. 2018/01/06(土) 21:00:34 |
  3. ほっと #-
  4. [ 編集 ]

飛飛金の後方三連打は、最近ですと短編名作選357番(11手)がありますね
5手は記憶にありません
  1. URL |
  2. 2018/01/07(日) 01:22:10 |
  3. 通りすがり #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 飛飛金の後方三連打は、最近ですと短編名作選357番(11手)がありますね
> 5手は記憶にありません
これか! ありがとうございました。いい作品です。
  1. URL |
  2. 2018/01/07(日) 06:13:11 |
  3. ほっと #-
  4. [ 編集 ]

飛飛金尻からの3連打

飛飛金の尻からの3連打5手詰は可能のようなので、僕のブログに検定問題として出題しました。
ニーナさんの予想が当たってしまうのが残念です(笑)。

5手詰でなければ良い作品になるのに、5手詰にする事により酷い図にしかならないので、これは良い課題ですよ。
  1. URL |
  2. 2018/01/07(日) 12:06:25 |
  3. 三輪 勝昭 #-
  4. [ 編集 ]

試作品にあらず

僕は自分のブログに書きましたけど、tsumegaeruさんのコメントにある図を「まだ試作品という感じですね」と書いていますが、とんでもないコメントですね。
最終手余詰は唯一の方法で修正出来ますし、試作品どころかこれ以上の図は出来ない図ですよ。
  1. URL |
  2. 2018/01/14(日) 09:39:32 |
  3. 三輪 勝昭 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 試作品にあらず

> 僕は自分のブログに書きましたけど、tsumegaeruさんのコメントにある図を「まだ試作品という感じですね」と書いていますが、とんでもないコメントですね。
> 最終手余詰は唯一の方法で修正出来ますし、試作品どころかこれ以上の図は出来ない図ですよ。

tsumegaeruさんのコメントの図で、最終手余詰は許容できません。何故なら、飛飛金の後方三連打が狙いの作で、後方三連打をしなくても詰んでいる、というのは致命的欠陥だからです。
そして最終手余詰が存在する以上、完成形ではない。すなわち試作品と呼んでも間違いではないでしょう。
  1. URL |
  2. 2018/01/15(月) 06:30:28 |
  3. ほっと #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

第ч回裏短コン結果発表準備中!

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (5)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (23)
詰将棋解答選手権 (13)
発表作 (5)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (1)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する