FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2018年3月号感想

遅ればせながら、スマホ詰パラ好作選2014-2016を購入。
解答選手権チャンピオン戦の参加記はまた別途。


さて詰パラ3月号の感想です。

■表紙
かなり難しかった。

■詰将棋学校
せっかくなのでタイムトライアルに挑戦。

【小学校】
とりあえず3分で5作とも作意らしきはわかった……変化を確認し終わったときは8分経過していたが(それは解けたとは言わない)。

【短期大学】
90分で4作しか解けず。ぐぬぬ。

■小ルーム
終わりは残念。

■たま研作品展
■創棋会
■九州G作品展
どの作品展も楽しめる内容。ぜひ挑戦を! できれば解答も!

■第15回詰将棋解答選手権のお知らせ
初級戦・一般戦は26会場! 参加者総数がどうなるか楽しみ。

■持駒のある風景
加藤一二三少年の詰将棋、なぜ44桂合、同香、43金合を入れてないのだろう。あるいは新聞向けということで削られてしまった?

■ちえのわ雑文集
コンピュータ(AI)との共存は、どの業界においても向き合わねばならない課題。
詰将棋界は今のところ恵まれているような気がするが、数年後にはAIによって特定分野の作品が掘り尽くされていたりするのだろうか。

■結果稿
【短コン】
11手×50作は壮観。
手筋物が意外と上位に入っていたという印象。

【同人室】
ヤン詰では2.2未満は入選とは見なされないわけだが、一方、(以下自重)。
次回は「さすが同人作家!」と思わせる作を希望。

【デパート】
いよいよ最後の解説ですか。デパート賞が何になるかも気になる。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇たま研作品展③ 馬屋原 剛氏作
今回の作品展の中では一番解き易いはず。解答をお待ちしております。



スポンサーサイト
  1. 2018/03/29(木) 00:01:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0
<<第15回詰将棋解答選手権チャンピオン戦参加記(1)~第1R~ | ホーム | 詰将棋解答選手権の傾向と戦略2018>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

裏短コン計画中。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (13)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (20)
詰将棋解答選手権 (13)
発表作 (5)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (1)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する