FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2018年9月号感想

裏短コン、今年も計画中。もう少ししたら記事を出します。



詰パラ2018年9月号の感想。
通巻750号。順調に行けば次の節目は2022年11月号が800号、いやその前に2020年12月号が777号か。

■表紙
イラストの中の詰パラが左綴じになっているのが気になる(どうでもいい)。
作品の方は、作意はわかりやすいが、変化を手数以内に収めるのが難しい……。

■詰将棋学校
7月初旬に小学校の在庫がピンチと聞いて思わず投稿してしまった。
それはそうと、どの学校も面子が濃いような。

■棋士の宴
読みの入った作が多くて難しい。

■第34回詰将棋全国大会レポート
今月のメインはこれでしょう。

■短編コンクール 優秀作品コレクション2
今月の目玉企画。錚々たる名前が並んでいる。
有名な作も多く、やはり名作は記憶に残るものだと再認識。
ところで盤面10枚以下の縛りはいつからだったかな。

■ちえのわ雑文集
中編名作選、今回も解説として参加。〆切ギリギリまで文章の修正を依頼したりと、角氏にはお手数をお掛けしました。

■第29回社団戦参加記~2日目編~
反則級の強さ。せっかくなので当日の会場で詰パラを販売してはどうだろうか?

■結果稿
【詰将棋順位戦】
有力と見ていた作は軒並み上位に。
C級では点数同点で順位差による頭ハネが発生。過去にあったかどうか記憶にないが、これぞまさに順位戦である。

【同人室】
「不利」というテーマから、「不利先打」「不利合駒」「不利変換」「不利逃避」などの構想作をもっと見たかった。
次回から平均点2.2以下は非入選となるとのこと。しっかり作っていれば高いハードルではないと思われるが。

【やさしい大学院】
やさ院2は別記事でも書いたが、奇跡的なバランスの上に成立している。
今年は選ぶ立場としては大変なことになりそう。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート⑤ 添川公司氏作「小涌谷」
今月は大学院手数の作が多く発表されているのだが、これはやはり外せない。
初形小駒のみの最長手数記録と思われる。まあ合駒で大駒が出まくりな訳だが。




スポンサーサイト
  1. 2018/09/30(日) 01:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:2
<<裏短コンを打診してみる | ホーム | 田島秀男氏作833手について>>

コメント

短編コンクール優秀作品コレクション2

マサか9月号感想の記事が今月中に出るとは思いませんでした(笑)。

全国大会の項が二つありますね。
その代わり僕の良かったと思う記事には触れられていません(笑)。

同人室の「不利」課題は僕は逆に構想作ばかりだとゲンナリするなと思っていました。
このメンバーなら無いと安心していました。不利なんちゃらはあっても既に使われている手筋だろうと。
既成不利なんちゃらを見るくらいなら、解釈自由のどこが不利なんだって言う方が面白いとも思ってました。
でも2、3作くらいは珍しい構想として、或いは面白い使い方をした「不利〇〇」を見たかったのは同じです。
  1. URL |
  2. 2018/09/30(日) 09:05:53 |
  3. 三輪 勝昭 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 短編コンクール優秀作品コレクション2

> マサか9月号感想の記事が今月中に出るとは思いませんでした(笑)。
>
コメントを書くために何作か急いで解きました。

> 全国大会の項が二つありますね。
> その代わり僕の良かったと思う記事には触れられていません(笑)。
>
こっそり修正^^;

> 同人室の「不利」課題は僕は逆に構想作ばかりだとゲンナリするなと思っていました。
> このメンバーなら無いと安心していました。不利なんちゃらはあっても既に使われている手筋だろうと。
> 既成不利なんちゃらを見るくらいなら、解釈自由のどこが不利なんだって言う方が面白いとも思ってました。
> でも2、3作くらいは珍しい構想として、或いは面白い使い方をした「不利〇〇」を見たかったのは同じです。
>
まあ誰しも得手不得手があるのは仕方ないことで、次回以降に期待しましょう。
  1. URL |
  2. 2018/09/30(日) 11:24:45 |
  3. ほっと #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

裏短コン作品募集中!
 ・盤面11枚以上の7手詰
 ・タイトル必須
詳細は作品募集記事を参照。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (2)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (21)
詰将棋解答選手権 (13)
発表作 (5)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (1)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する