FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

田島秀男氏作833手について

今回は、詰パラ2018年6月号(結果稿は2018年9月号)の田島秀男氏作についての記事である。
と言っても、原図についての解説ではない。

次の仮想図は、原図の19とと52成桂を入れ替えたものである。
20180924_000.png
この図にすれば900手越えにできるのでは?という話題があった。
しかし、結論から言うと、これは成立しない。なぜなら、52をと金に変更したことにより、逃れ順が生じるからだ。
原図の作意に沿って手順を進めてみよう。
87金、同金引、66銀、同玉、68龍、55玉、
57龍、44玉、54龍、35玉、24龍、36玉、
34龍、35銀合、37馬、同玉、35龍、48玉、
38龍、57玉、
(途中図1)
20180924_001.png
58龍、66玉、67龍、55玉、56龍、44玉、
54龍、35玉、24龍、36玉、34龍、35角合、
37銀、同玉、35龍、48玉、38龍、57玉、

(途中図2)
20180924_002.png
ここから75歩を剥がす。
48角、68玉、75角、77玉、66角、同玉、
…歩→銀→角の持駒変換…38龍、57玉、

(途中図3)
20180924_003.png
次は62とを剥がす。
84角、75歩合、58龍、66玉、67龍、55玉、
56龍、44玉、62角成、
(途中図4)
20180924_004.png
これに対して62同〇で応じると、早くなってしまう。一旦33玉と躱すのが延命策。
33玉、44馬、同玉、(途中図5)
20180924_005.png
同様に歩→銀→角の持駒変換から、75歩を剥がす。さらに歩→銀→角の持駒変換をして途中図6。
20180924_006.png
93角、84歩合、同角成、75歩合、58龍、66玉、
67龍、55玉、57龍、44玉、
(途中図7)
93角で71とを狙う。ここで84歩合~75歩合が巧妙な受け方。84馬を残した状態で龍追いを続けると、38龍のときに59玉とされ、81龍の利きが二重に止まっているため91桂成ができず詰まなくなる。
また、57龍の形にしておくのが深謀遠慮の手順。
20180924_007.png
62馬、同と左寄、(途中図8)
62馬と捨てるのが妙手。84馬を消しておけば59玉と逃げ込まれても詰ますことができる。
また、62馬に対して33玉なら34歩、同玉、37龍以下。したがってここは取るしかない。
さて、ここが第1のポイント。原図と違い、同と左寄、として52を空ける手があるのだ。
20180924_008.png
同様に歩→銀→角の持駒変換から、75歩を剥がす。さらに歩→銀→角の持駒変換をして途中図9。
20180924_009.png
ここから62とを剥がす。
84角、75歩合、58龍、66玉、67龍、55玉、
56龍、44玉、62角成、33玉、44馬、同玉、…

同様に歩→銀→角の持駒変換から、75歩を剥がす。さらに歩→銀→角の持駒変換をして途中図10。
20180924_010.png
93角、75歩合、(途中図11)
ここが第2のポイント。93角に、すぐに75歩合とする手があるのだ。
20180924_011.png
58龍、66玉、67龍、55玉、56龍、44玉、
71角成、33玉、
(途中図12)
20180924_012.png
44馬、同玉、…
同様に歩→銀→角の持駒変換をして途中図13。
20180924_013.png
ここからが問題。75歩を剥がしても、もはや62にも71にも狙うべきと金は存在しない。
しかし、71とが居なくなれば66角~22角成として詰むはずだったが。
58龍、66玉、67龍、55玉、66角、65玉、
22角成、54玉、
(途中図14)
20180924_014.png
ここから64龍として、同香ならば55銀以下確かに詰んでいる。同香でも55銀、65玉以下詰まない。
しかし、64龍、同玉、55銀、53玉、(途中図15)
20180924_015.png
ここから、
①44馬は52玉、72龍、62と以下逃れ。
②54銀打は52玉、72龍、62と、63銀成、51玉以下逃れ。
どうしても詰まない。

なぜ詰まなくなってしまったかと言えば、52がと金だからだ。
これによって、まず52とを消して52に空間を作り、それから71とを消す、という逃げ方が可能になってしまう。
一方、原図ではこのような受け方は成立しない。
結論として、
 ・52は成桂でなくてはならない。すなわち、仮想図は趣向手順自体が成立していない。
 ・作者が仮想図を棄却した理由は、決して「収束がまとまらなかったから」ではない。
ということである。



スポンサーサイト
  1. 2018/09/24(月) 08:00:00|
  2. 考察
  3. | コメント:2
<<詰パラ2018年9月号感想 | ホーム | 第34回詰将棋全国大会(2)>>

コメント

 私の安易な思いつきを詳しく検証してくださってありがとうございます。自分でも検証してみましたが、52にアナが開くだけで、色々な形が詰まなくなるようです。途中図14で「64同香では詰む」と書かれていますが、実はこれも詰まないのかも・・・。さらに51とや61歩がそれぞれない形でも詰まないですね。52成桂が重要な配置であることを再認識させられました。
 とにかく、こちらとしては平身低頭するのみです。
  1. URL |
  2. 2018/09/25(火) 22:20:49 |
  3. 平井康雄 #-
  4. [ 編集 ]

返信

平井様
>  自分でも検証してみましたが、52にアナが開くだけで、色々な形が詰まなくなるようです。
再検証ありがとうございます。

> 途中図14で「64同香では詰む」と書かれていますが、実はこれも詰まないのかも・・・。
どうやら逃れていますね。失礼しました。記事に追記しました。

> さらに51とや61歩がそれぞれない形でも詰まないですね。52成桂が重要な配置であることを再認識させられました。
原図は変化・紛れが実に巧妙に切り分けられています。

>  とにかく、こちらとしては平身低頭するのみです。
いえいえ。田島氏の思考の一片を垣間見ることができただけでも意味はあったと思います。
  1. URL |
  2. 2018/09/26(水) 06:36:26 |
  3. ほっと #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

第ч回裏短コン結果発表準備中!

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (14)
第ч回裏短コン (5)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (23)
詰将棋解答選手権 (13)
発表作 (5)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (1)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する