FC2ブログ

詰将棋考察ノート

詰将棋に関する考察あれこれ。

詰パラ2018年5月号感想

某原稿(先月とは別のもの)を執筆中……。


詰パラ2018年5月号の感想です。

■表紙
この初手はギルティ。せめて「23銀、同銀、13歩、同玉」の4手を逆算するとかしたいところ。

■詰将棋学校
各校とも作者が豪華! これは解かねば(解けるとは言ってない)
短大、選題千題おめでとうございます。

■第15回詰将棋解答選手権チャンピオン戦報告
臨場感溢れるレポート。当日はまだ藤井六段だった。
しかし改めて見返してもこの5題×2を90分ずつで解き切るのは困難。まあでも各ラウンドで4題は完答しておかないと。

■ちえのわ雑文集
詰将棋カラオケ、せっかくなので選曲も詰将棋縛りにすべし。

■将棋パズル雑談
今月も面白いので是非挑戦を。

■結果稿
2月はハイレベルだった。
【中学校】
後任は決定しているらしいが、次号で判明するか?

【短期大学】【大学】
いつもながら充実の内容。

【大学院】
そう言えば院4をイチ押しにしていたのだった。手順は合っていたようで一安心。

【彩棋会作品展】
ノーマークだったが、④が好作だった。これは不覚。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート① 太刀岡甫氏作
理屈抜きに楽しい手順。成香配置もユーモラスに思えてくるから不思議。




  1. 2018/05/29(火) 00:01:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:0

詰パラ2018年4月号感想

某原稿を執筆中……。


詰パラ2018年4月号の感想。

■表紙
表紙初登場とは意外だった。高級手筋をサラッと表現。

■詰将棋学校
ネットでも作品を発表している作家が多数。現時点では、詰パラ誌上に入選したり受賞したりすることに一定のステータスがあり、また誌上にハイレベルの作品が集まっている。
しかし、この状況がこれからもずっと続く、というのは楽観的過ぎる考えなのだろう。

■2017年下期半期賞
事実、詰パラからの撤退を考えている作家もいるわけで。

■ちえのわ雑文集
昨年、ついに1万作を越えたスマホ詰パラ。
初心者であっても詰将棋作家デビューができるというのはやはり画期的。
全体的に見ると玉石混合ではあるが、「玉」も多数ある、というのは好作選を見ればわかる。
必ずしも詰パラ本誌にこだわる必要がない状況で、紙媒体に発表することの価値が改めて問われているように思う。

■結果稿
1月は全体的に控え目だった。
【中学校】
中1の作意5手目は65飛ではなく55飛が正しい。中2の作意7手目は56飛ではなく55飛が正しい。

こういうことを書くべきではないかもしれないが、黙ったままでは改善されなそうなので書いておく。
手順の誤記は何とかしてほしい。柿木将棋に図面と手順を入力しておいてコピペするなど、誤記が生じない方法はある。
作者の立場としてもがっかりするし、紙媒体では修正できずにずっと残ってしまう。
ネット発表作で解説もネット上、という場合は誤記があっても割と容易に修正できるのだが。

【短期大学】
短1。香香合を無駄合と言い切るのは苦しい気がする。まあ無駄かそうでないかと感じること自体が感覚的なものだが。

【大学】
大1、大2。やっぱり炙り出しは詰上り図を載せてほしい。
限られた紙面でやむを得ずカットされた可能性が高いが、このこともまた紙媒体の弱点の1つだ。

■ほっとのイチ押し!
<コンセプト>詰パラのその月の出題作の中で「これは是非解くべき」と感じた作を1作選ぶというもの。
解答競争の関係もあり、原則として詰棋校の出題作は対象としない。また、放っておいても高評価になるであろう作や、難解過ぎる作も対象としない。
今月はこの作。
◇デパート④ 青木裕一氏作
手順自体は予想どおりだが、意味付けは前例が無いと思われる。




  1. 2018/04/30(月) 22:00:00|
  2. 詰パラ感想
  3. | コメント:3

第15回詰将棋解答選手権チャンピオン戦参加記(3)~番外編~

前々記事前記事の続きです。今回の参加記としてはこれで終わりになります。


■15:45~ 解説、成績発表、表彰式
優勝は予想どおり藤井六段。このセットを暗算で、しかも時間を余して解き切るとは……。
ちなみに⑤と⑩が難しすぎてどちらも0点の人が多数、となれば上位入賞を狙うには①~④と⑥~⑨は絶対に完答しておかなければいけなかった。
結局④を解けなかったのが響いて18位タイ。

■17:00~ 打ち上げ
実はあまり書くことが無い(ほとんど忘れている、という説も)のだが、覚えている範囲で書いておこう。
・初心者向けに、2手詰(フェアリーの受先…ではなく、3手詰の初手を指した状態から始まる)の本があったらいい。
 なかなか斬新ですが、果たしてどれほど需要があるんでしょうか?

・来年は初級戦・一般戦の会場がまた増えそう、とのこと。
 採点・解説に専門的な知識が必要なので、運営は苦労が多いが、参加者が増えるのは大歓迎。

・それに関連して、統一チラシをやめたい、とも。確かに初級戦・一般戦の全会場の情報を詰め込むのは無理があるし、各所への郵送の手間も相当なもの。どうですかね?

・⑩相馬作の37飛は新構想かどうか?
 打ち上げの場で、Y氏が似た構成の作を見つけて来た。こちら
 玉方の角を4段目に引っ張り出すために事前工作をしておく、という点が似ているが、冷静に見比べてみるとやはり別モノ。
 それはともかく、こういうのがスッと出てくるのはさすが。

そんなこんなでお開きの時間となりました。やはり詰将棋は良い。来年もまた参加したいです。


さて、初級戦・一般戦は4/7(土)全国各地で開催されます。
チャンピオン戦の出題作よりも易しいので、ぜひ参加を!
詳しくはこちら
なお、申込締切は3/31(土)となっていますが、現時点で定員まで余裕がある会場については引き続き申込可能です。




  1. 2018/04/02(月) 00:01:00|
  2. 詰将棋解答選手権
  3. | コメント:0

第15回詰将棋解答選手権チャンピオン戦参加記(2)~第2R~

前回の記事の続きです。
第15回詰将棋解答選手権 チャンピオン戦 第2ラウンド出題作品
第15回詰将棋解答選手権 チャンピオン戦解答

※本記事内では、第2R出題作品の手順について触れているため、自力で解こうとしている方はご注意ください。

続きを読む
  1. 2018/04/01(日) 00:01:00|
  2. 詰将棋解答選手権
  3. | コメント:0

第15回詰将棋解答選手権チャンピオン戦参加記(1)~第1R~

解答選手権チャンピオン戦の出題作と解答が掲載されました。
第15回詰将棋解答選手権 チャンピオン戦 第1ラウンド出題作品
第15回詰将棋解答選手権 チャンピオン戦 第2ラウンド出題作品
第15回詰将棋解答選手権 チャンピオン戦解答

せっかくなので忘れないうちに参加記を書きます。
※本記事内では、第1R出題作品の手順について触れているため、これから自力で解こうとしている方はご注意ください。
ちなみに戦略はこちら→詰将棋解答選手権の傾向と戦略2018

続きを読む
  1. 2018/03/31(土) 23:59:00|
  2. 詰将棋解答選手権
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

お知らせ

裏短コン計画中。

プロフィール

ほっと

Author:ほっと
詰将棋作家を名乗るには発表作が少なすぎ。
評論家を名乗るには実績が無さすぎ。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
考察 (13)
第ϻ回裏短コン (27)
詰パラ感想 (20)
詰将棋解答選手権 (13)
発表作 (5)
詰将棋全国大会 (8)
会合参加記 (1)
勝手に解説 (1)
チェックリスト (0)
その他 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する